犬が自分の毛を食べてしまう理由5選【健康の害なのでやめさせる】

犬が自分の毛を食べてしまう理由って、気になりますよね。

 

犬はどうして毛を食べようとするのか ?

犬は毛を食べて健康に害はないの?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬が自分の毛を食べる理由」を、解説していきます。

 

この記事の内容

犬の習性について解説

犬が自分の毛を食べる理由

犬が毛を食べるの時の対処法

 

以上の内容になっています。

 

まず、初めに伝えたい事は、犬が自分の毛を食べていたらすぐにやめさせて下さい。

 

犬は毛などを食べると、消化不良を起こしたり胃腸の調子を悪くするため、犬の健康を考えたらやめさせるべきです。

 

他にも、毛と一緒にゴミや埃なども一緒に食べますから、健康に悪影響しかないでしょう。

 

なので、愛犬が毛を食べたり加えたりしたら取ってあげるか、注意したほうが良いですね。

 

犬は食べ物の良し悪しを判断できませんから、飼い主が止めてあげるしかないのです。

 

今回の記事では、「犬が毛を食べていた時の対処法」も紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

犬の健康は、飼い主であるあなたが守りましょう。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬は毛以外のゴミや埃も平然と食べる

 

犬 毛 食べる

 

冒頭でも説明しましたが、犬は毛以外にも「ゴミ・埃」なども平然と食べます。

 

なぜなら、犬には「なんでも口に入れてしまう習性」があるからです。

 

犬には「気になった物はなんでも口に入れる」という習性があるため、髪の毛やゴミなどが目の前にあると、無意識に食べてしまいます。

 

ちなみに、床に落ちている物を汚いと思うのは、人間だけです。

 

犬には「汚い」とか「食べたら病気になる」という感覚はないため、落ちている物でも平気で食べてしまうでしょう。

 

その結果、犬は本能的に目の前の物を口に入れて、確認をしたり食べたりするのです。

 

毛やゴミなどを食べるのは、犬にとっては普通のことなのです。

 

ココに注意

犬は毛やゴミを汚いとは思わないので、平然と食べてしまう

 

私の愛犬も自分の毛を食べてました

 

私はポメラニアンを飼っていますが、毛が抜ける時期は頻繁に床の毛を食べていました。

 

食べ物を与えていないの、なぜか口をクチャクチャしていたのです。

 

気になって口の中を調べたら、毛とゴミを一緒に食べていましたね。

 

現在では、床を掃除したり毛を食べたら注意しているので、頻度は劇的に減らすことが出来ました。

 

しかし、気を抜くとすぐに食べようとするので、やはり犬にとって毛やゴミは気になる物なのでしょう。

 

でも、普通に考えたら毛やゴミを食べたら不衛生なので、絶対にやめさせるべきですよね。

 

もし、あなたの愛犬も変な物を食べていたら、すぐに止めて下さい。

 

ココに注意

犬は知らない所で毛やゴミを食べるので、気を抜いてはいけない

 

犬が自分の毛を食べてしまう理由5選

 

犬 毛 食べる

 

それでは「犬が毛を食べてしまう理由」を解説していきます。

 

犬が毛を食べても良いことは一つもないので、ぜひ理由を知り今後の役立てて下さい。

 

犬が自分の毛を食べてしまう理由

1. 誤飲・誤食

2. 吐きたい

3. お腹が空いている、栄養不足

4. 消化不良

5. ストレス

 

犬が毛を食べる理由1.「誤飲・誤食」

 

犬が毛を食べてしまう理由には「誤飲・誤食」があります。

 

なぜなら、先ほども説明したように「犬は物を口に入れる習性」があるからです。

 

犬には「物を口に入れる」という習性があるため、髪の毛やゴミなども食べ物と間違って食べてしまうことがあります。

 

床に自分の毛が落ちていたり、ゴミや埃の固まりがあると、無意識にパクッと食べるんですね。

 

犬は人間のように「これを食べたらダメ」という判断はできないので、誤飲誤食はしやすいと言えるでしょう。

 

間違って毛を食べるのは、少し仕方のない部分もありますね。

 

ココに注意

犬は毛やゴミなどを食べ物と勘違いして、誤飲・誤食をしてしまう

 

飼い主に愛情表現をしたくて食べることもある

 

犬と接していると、飼い主の毛を噛んだり食べることがあります。

 

これは、飼い主への愛情表現をしているからです。

 

どの犬も飼い主のことが大好きなため、戯れているうちに気持ちが高まり、飼い主の髪の毛を噛んだり食べることがあります。

 

また、床に落ちている髪の毛にも飼い主の匂いが付いてますから、犬は無意識に食べてしまうのです。

 

きっと犬的には「なんだこれ、ご主人様の匂いがする、パク」となっているのでしょうね。

 

それに、人の髪の毛はサラサラと揺れ奇妙な動きをするの、犬も気になるのでしょう。

 

もし愛犬が、飼い主の髪の毛も食べていたら、愛情表現の可能性があります。

 

ココに注意

犬は飼い主の匂いが付いている髪の毛も食べることがある

 

飼い主の毛を食べるのは構って欲しいからかも

 

犬が飼い主の毛を食べていたら、少し注意です。

 

理由としては、もっと構って欲しいと思っているからです。

 

犬が飼い主の髪の毛を食べるのは、寂しさを感じて飼い主の匂いを求めている可能性があります。

 

普段あまり構っていなかったり、スキンシップを取っていなと、犬は寂しさを感じます。

 

その結果、犬は寂しさを紛らわすために、飼い主の匂いが付いた髪の毛を食べるのです。

 

愛犬が普段よりも髪の毛を噛んできたり食べていた場合は、少し注意した方が良いでしょう。

 

ココに注意

犬が飼い主の髪の毛を食べるのは、寂しさを感じているからかも

 

犬が毛を食べる理由2.「吐きたい」

 

犬が自分の毛を食べてしまう理由に「吐きたい」があります。

 

というのも、犬は胃に違和感を感じると、それを吐き出そうとするからです。

 

犬は胃に違和感があると、食べ物をあえて食べて異物を吐き出そうとしたり、紛らわせようとするそうです。

 

人間でも胃に違和感、もしくは吐き気がするときは、何か食べたり飲んだりしますよね。

 

犬も同じで、胃の違和感があると、何かを食べて解消しようとするのです。

 

そして、目の前に毛があったりゴミがあると、パクリと食べてしまうのです。

 

あまり頻繁に食べるようなら、すぐに病院へ連れて行った方がいいでしょう。

 

ココに注意

犬は胃に違和感があると何かを食べて解消しようとする

 

犬は誤飲・誤食をしたとき胃に違和感を感じる

 

犬にはも「物を口に入れる習性」があるため、よく誤飲・誤食をしやすいです。

 

そして、誤飲誤食をすると胃の違和感を解消しようとして、さらに毛やゴミを食べてしまいます。

 

犬がよく誤食・誤食をしてしまう物

  • ゴム製品
  • 小さなおもちゃ
  • 人間の薬
  • 電池
  • ペットボトルのキャップ
  • ティッシュ

 

上記は例ですが、犬は誤飲・誤食をしやすく、食べると胃に違和感を感じます。

 

犬は消化できない物を食べると、胃の違和感を紛らわそうとして、毛やゴミなどの床に落ちている物を食べようとします。

 

胃に異物が入っていると、絶対気持ち悪いですからね。

 

何かを食べることで違和感は薄れますから、無意識に毛などを食べてしまうのでしょう。

 

犬は誤飲誤食をしやすいので、異物などは床に置かないよう工夫する必要がありますね。

 

ココに注意

犬は誤飲・誤食をすると、胃の違和感を紛らわそうとして毛やゴミを食べる

 

犬が毛を食べる理由3.「お腹が空いている」

 

犬が毛を食べる理由に「お腹が空いている」があげられます。

 

なぜなら、空腹を紛らわすためです。

 

犬はお腹が空いていると空腹を紛らわすために、目の前に落ちている物でも構わず食べてしまいます。

 

目の前のモノが「食べていいのかダメなのか」を、犬は判断できません。

 

つまり、毛やゴミなどの汚い物でも、犬はお腹が空いていれば食べてしまうのです。

 

他にも、犬はお腹が空いていると、自分の排出したものを食べることもあります。

 

動物にとって空腹は命の危険を感じますから、極力無くした方がいいでしょう。

 

ココに注意

犬は空腹になると、目の前の毛やゴミを構わず食べてしまう

 

フードが少ない・食事の間隔が空くは場合は要注意

 

犬にごはんを与えるとき、フード量が少なかったり食事の間隔が空く場合は、要注意です。

 

理由は、犬が空腹になりやすいからです。

 

犬のフード量を適当に与えたり時間をバラバラにすると、フード量が足りなくなり、犬が空腹になりやすくなります。

 

例えば「フード量が必要量の7割しか与えていない」「朝と夜遅くにごはんを与える」などです。

 

上記になると、犬は日中を空腹で過ごす事になるため、毛やゴミを食べる確率が上がってしまいます。

 

私は愛犬に朝と夕方にごはんを与えていますが、午後になると床に落ちている物を食べたりしますね。

 

愛犬が空腹になるのは可哀想なので、一度はフードの与え方を見直すべきでしょう。

 

ココに注意

食事を適当に与えると犬は空腹になるため、毛やゴミを食べる頻度が上がる

 

犬が毛を食べる理由4.「ストレス」

 

犬が毛を食べてしまう理由として「ストレス」が考えられます。

 

理由として、犬はストレスを感じると、気持ちを安定させる行動を取るからです。

 

犬はストレスを感じて心が不安定になると、自分を守るため無意識に気持ちを安定させる行動をとります。

 

犬がストレスを感じている時に取る行動例

  1. 噛む
  2. 吠える
  3. 手足を舐める
  4. しっぽを追いかけて回る
  5. 口にモノを入れる(食べる)

 

人間でもストレスを感じると、爪を噛んだり歯ぎしりする場合がありますよね。

 

犬も同じで心に負荷がかかると、何かしらの癖のようは行動を取るのです。

 

心の安定は健康に不可欠ですから、犬もストレスを発散してくて、毛などを食べてしまうのでしょう。

 

愛犬が頻繁に毛やゴミなどを食べるときは、ストレスを疑ってみて下さい。

 

ココに注意

犬はストレスを感じると、無意識に気持ちを安定させる行動を取る

 

ストレスは誤飲・誤食を招く恐れがある

 

犬はストレスを感じると、誤飲・誤食を招く恐れが出てきます。

 

なぜなら、溜まったストレスを発散しようとするからです。

 

犬はストレスを発散させるために、物を口に入れたり食べたりするので、異物などでも無意識に反応して食べてしまいます。

 

通常なら気にしない物でも、ストレスが溜まっている場合は別です。

 

犬はストレスを発散したくてウズウズしてますから、異物などでもとっさにパクッと食べしまうでしょう。

 

誤飲誤食は体に害ですし、胃に違和感を感じて「毛やゴミを食べる」いう悪循環にもなりますね。

 

ストレスは誤飲・誤食を招く原因なので、十分に注意して下さい。

 

ココに注意

ストレスは誤飲誤食を招くため、犬の心のケアは怠ってはいけない

 

犬が毛を食べる理由5.主従関係が崩れている

 

犬が飼い主の髪の毛を噛んだり食べようとするのは、主従関係が崩れている可能性があります。

 

というのも、主従関係が崩れると犬との立場が曖昧になるからです。

 

飼い主と犬の立場が曖昧になると、犬は様々な問題行動を起こすようになります。

 

例えば「遊んで欲しいから噛んでアピールする」「何かを要求して無駄に吠える」などですね。

 

飼い主の髪の毛を頻繁に噛むのは、まさに「主従関係が崩れて犬が問題行動を起こしている」に当てはまります。

 

簡単に言うと「犬に舐められている」のです。

 

犬的には「遊べよ遊べよ、遊ばないなら髪の毛を噛んでやる」と思っているのでしょう。

 

髪の毛を噛むようなら飼い主はきちんと注意をして、威厳を示す必要がありますね。

 

ココに注意

犬が飼い主の髪の毛を噛むのは、犬に舐められている可能性がある

 

犬が毛やゴミを食べる場合は病院へ

 

犬 毛 食べる

 

愛犬が毛やゴミなどを頻繁に食べる場合は、動物病院へ連れていきましょう。

 

なぜなら、犬の体が心配だからです。

 

毛やゴミを食べると犬の健康へ悪影響になるため、病院で健康状態を一度見てもらった方が安心です。

 

もしかしたら消化不良を起こしていたり、胃や腸に異変があったら大変です。

 

早期に発見できれば治りも早いと思うので、念のため病院へ行った方がいいですね。

 

動物病院では色々なアドバイスも頂けるので、行って損はないでしょう。

 

ココがポイント

犬が毛やゴミを食べるときは、一度病院で健康状態をチェックしてもらおう

 

犬の毛を食べてしまう時の対処法

 

犬 毛 食べる

 

記事の後半では「犬が毛やゴミなどを食べてしまう時の対処法」を紹介します。

 

犬が食べ物以外のモノを食べても害なだけなので、早急に対処をしてやめさせて下さい。

 

犬が毛を食べてしまう時の対処法

1. 遊び始めたら止める

2. 部屋を掃除する

3. ドッグフードを適量にする

4. ストレスを発散させる

 

以上の対処法があります。

 

対処法1.「髪の毛で遊び始めたら止める」

 

もし愛犬が飼い主の髪の毛で遊び始めたら、すぐに止めるようにしましょう。

 

理由は、髪の毛で遊んだらダメだとしつけるためです。

 

犬が飼い主の毛で遊んだ時点で止めてあげれば、犬は次第に「髪の毛で遊んではいけない」と覚えるようになります。

 

飼い主が注意しないと、犬は悪いことだと知らずに、いつまで経っても髪の毛で遊び続けてしまいます。

 

そうなると、エスカレートして徐々に噛み始めたり、落ちてる毛でも食べてしまうのです。

 

まずは、犬に毛自体がはダメなんだと教え、しつけを行いましょう。

 

ココがポイント

犬が髪の毛に触れた時点で注意をし、毛はダメだとしつけを行おう

 

犬が毛で戯れ始めたら遊びを中断しよう

 

犬が毛で戯れ始めたら、飼い主は犬との遊びを中断しましょう。

 

上記を行うと、犬は「毛に触れたら飼い主と遊んでもらえなくなる」と認識するようになるからです。

 

犬は飼い主と遊ぶことが大好きなため、遊びを途中で中断されることを非常に嫌がります。

 

犬からしたら、「どうして遊ぶのをやめたんだろう」と不思議に思うはずです。

 

中断するだけで効かない場合は、更にケージに戻して、しばらく無視をするのも効果的ですよ。

 

毛に触れた時点で何かしらのアクションを取れば、犬は「毛に触れてはダメなんだな」と認識するようになるのです。

 

そして、毛自体に触れることがダメなので、食べることも少なくなっていきます。

 

とにかく、毛で遊ぶことをダメなんだと、徹底的に教えることですね。

 

ココがポイント

犬が毛で戯れ始めたら遊びを中断し、行動で毛はダメだと教えよう

 

しつけは犬との主従関係も築けます

 

犬をしつけることは、良好は主従関係にもつながります。

 

なぜなら、飼い主と犬との立場がハッキリしてくるからです。

 

しつけを行うと犬は飼い主のことをリーダーと認識するため、主従関係を徐々に気付けていけます。

 

犬を好き放題で野放しにすると、飼い主と犬の立場は曖昧になります。

 

なので、犬のしつけは絶対に行うべきなのです。

 

主従関係が良好になれば、犬は飼い主の指示に従うので、毛を食べるのも止める可能性がありますね。

 

犬のことは甘やかさずに、ダメなことはきちんとしつけをして下さい。

 

ココがポイント

犬にしつけを行うと主従関係を築けて、毛を食べるのをやめさせられる

 

対処法2.「部屋の中はピカピカに掃除をする」

 

犬が毛を食べる時は、部屋の中を隅々までピカピカに掃除をしましょう。

 

そうすると、食べる毛自体を無くすことができます。

 

部屋の掃除をして犬が食べる毛自体を除去することで、犬は毛を食べれなくなります。

 

犬が毛を食べるのがダメなら、毛自体を無くしてしまえばいいのです。

 

最適でも1日一回は掃除機をかけ、部屋を清潔な状態にした方がいいですね。

 

仕事などで時間がないとは思いますが、犬を飼っているなら掃除は毎日行いましょう。

 

ココがポイント

部屋の掃除をして、犬が食べてしまう毛を徹底的に除去しよう

 

部屋の掃除にはロボット掃除機が大変便利

 

「毎日忙しくて掃除の時間がない」と言う方は、ぜひロボット掃除機を使ってみて下さい。

 

ロボット掃除機は高性能なので、使わない理由はないでしょう。

 

ロボット掃除機は外出中に自動で掃除をしてくれるため、自分で掃除機をかける必要がなくなります。

 

また、最近のロボット掃除機は安い商品でも、しっかり部屋をキレイにしてくれます。

 

昔よりも購入するハードルが低くなっているので、導入していない方は是非使ってみて欲しいですね。

 

掃除機をかけなくても部屋がキレイになり、毎日にゆとりが生まれますよ。

 

ココがポイント

忙しくて掃除をする時間がない方は、ロボット掃除機を導入してみよう

 

対処法3.「ドッグフードを適量で与える」

 

犬が毛を食べてしまう時は、ドッグフードをしっかり適量で与えるようにしましょう。

 

上記を行うと、犬が空腹になる時間を減らせるからです。

 

犬が毛を食べるのはお腹が空いている可能性があるため、フードを適量にして空腹になる時間を少なくしていきます。

 

ドッグフードを適当に与え不足している状態になると、犬はお腹を空かせて毛やゴミを食べるのです。

 

ちなみに、犬はお腹が空いていなければ、基本的には毛を食べたりしません。

 

フード量をきちんと適量にするだけでも、犬が毛を食べる確率をかなり減らせるでしょう。

 

ココがポイント

ドッグフードは計量をして、きちんと適量で与えよう

 

対処法4.「ストレスを発散させる」

 

犬が毛を食べるときは、ストレスを発散させてあげましょう。

 

なぜなら、ストレスがなくなれば犬の気持ちが安定するからです。

 

犬のストレスを発散させ気持ちを安定することにより、毛を食べるのをやめる可能性があります。

 

気持ちが不安定だと、犬は無意識に毛やゴミを食べてしまいますから、ストレスの発散はとても重要なことです。

 

「寂しい」「嫌なことがある」など、犬がストレスを感じる原因を、解消する必要がありますね。

 

犬との接し方を見直し、愛犬が毎日気持ちよく過ごせるようにして下さい。

 

ココがポイント

犬の気持ちを安定させて、毛やゴミに気を向かせないようにする

 

毎日のちょっとした事で犬のストレスは減らせる

 

犬のストレスは、飼い主のちょっとした行動一つで、減らすことができます。

 

犬のストレス減らす方法

  • 少しでも散歩に連れて行く
  • おもちゃなどで遊んであげる
  • 撫でたり抱っこをする
  • 声をかける

 

犬というのは、大好きな飼い主と接するだけでもストレスを発散でき、気持ちを落ち着かせる事ができます。

 

ちなみに、犬にとって一番辛いことは、飼い主に構ってもらえないことです。

 

仕事やプライベートが忙しくて犬を放っておくと、次第にストレスが溜まっていきます。

 

なので、飼い主の方は忙しくても、毎日少しは犬と接してあげて下さい。

 

きっと、大好きなあなたに構ってもらえた犬は、心の底から喜ぶことでしょう。

 

ココがポイント

毎日構ってあげるだけでも、犬のストレスは大きく減る

 

まとめ:犬が毛を食べるのを目撃したら絶対にやめさせよう

 

愛犬を自分の毛を食べていたら、すぐにやめさせましょう。

 

冒頭でも説明した通り、毛を食べるのは犬の健康を害する恐れがあります。

 

毛を食べるのは消化にも悪いですし、胃にも負担がかかるため、目撃したらすぐに止めてあげましょう。

 

もし食べているのを見つけたら、口に手を入れて取り出すくらいした方がいいですね。

 

そして、その後は注意をして、毛を食べたらダメだとしつけも行いましょう。

 

犬は毛が「食べていい物なのか」判断できないので、飼い主がきちんと教えてあげて下さい。

 

食事を正しく取り、愛犬と共にいつまでも健康で暮らせるといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA