犬が甘噛みする理由7選!【放置するのは後々危険が伴います】

犬の甘噛みについて、色々と疑問がありますよね。

 

犬はどうして甘噛みするの?

犬が甘噛みをする理由を知りたい?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬が甘噛みする理由7選」を、紹介していきます。

 

この記事の内容

・ 犬の甘噛みを簡単に解説

・ 犬が甘噛みする理由7選

・ 甘噛みのしつけ方

 

以上の内容になっています。

 

まず結論から、犬が甘噛みするのは、飼い主にメッセージを伝えているからです。

 

犬は言葉を話せないため、甘噛みをすることで自分の思いや要求を伝え、コミュニケーションを取ろうとします。

 

なので、愛犬が甘噛みをしてきたら「なぜ甘噛みするのか」を、考えてあげましょう。

 

甘噛みには必ず理由があるので、「犬とのコミュニケーションを取るチャンス」ですからね。

 

とはいえ、甘噛みは放置すると、色々と危険が伴ってきます。

 

甘噛みは放置すると、次第にエスカレートして噛む力が強くなるので、大変危険な行動です。

 

なので、今回の記事では、「甘噛みのしつけ方」も紹介します。

 

もし愛犬が頻繁に甘噛みするようなら、危機感を持って対応して下さい。

 

それでは早速、本文へ行っちゃいましょう。

 

犬の甘噛みについて簡単に解説

 

犬 甘噛み 気持ち

 

犬の甘噛みについて、簡単に説明します。

 

甘噛みを軽視する方は多いですが、思ったよりも危険な行為ですよ。

 

犬の甘噛みとは?

 

犬の甘噛みとは、一体何なのか説明します。

 

犬の甘噛みとは・・・

  • 犬がじゃれたり遊んだりして、噛みつく行為のこと(力を加減して噛みつく)

 

犬の甘噛みは、力を加減して噛んでくるので、噛まれてもあまり痛くはありません。

 

甘噛みはコミュニケーションの一つなので、犬も優しく噛むんですね。

 

とはいえ、甘噛みでも牙が刺さると痛いですけどね。

 

反対に、犬が怒ったときや警戒時に噛むのは「本気噛み」と言い、大変危険な噛み方があります。

 

甘噛みは酷くなると、本気噛みに発展する恐れがあるため、注意しましょう。

 

ココがポイント

犬の甘噛みはコミュニケーションの一つで、力を加減して噛んでくる

 

「甘噛み=遊んでほしい」と決め付けてはいけない

 

「甘噛み=遊んでほしい」と思っている方も多いようですが、それは間違いになります。

 

なぜなら、甘噛みをするのは、様々な理由が想定されるからです。

 

犬が甘噛みをする理由

・好奇心

・習性

・ストレス

・寂しい

 

犬が甘噛みには複数の理由があるため、「遊んで欲しい」と決め付けてしまうのは、早すぎる判断です。

 

上記のような理由が考えられますから、もっと犬の気持ちに寄り添うことが大切ですね。

 

甘噛みする理由を一つに決め付けてしまうと、犬と飼い主にすれ違いが生じる可能性があります。

 

なので、犬が甘噛みするときは、「何の理由で噛んでいるのか」を、知る努力をしましょう。

 

むやみやたらに遊んでしまうと、犬がワガママになっていきますよ。

 

ココがポイント

犬が甘噛みする理由は複数あるので、飼い主も犬の気持ちを知る努力が必要である

 

甘噛みはいつまで続くのか?

 

甘噛みとは一体いつまで続くと思いますか?

 

結論は、しつけをしないと一生続きます。

 

犬は成犬になれば、甘噛みは無くなると思われがちですが、それは大きな誤解です。甘噛みは、しつけをして治さないと、一生続いてしまいます。

 

なので、甘噛みを放置するのはやめましょう。

 

次第にエスカレートしてしまい、危険になりますから。

 

甘噛みは、必ずしつけをして治すことです。

 

ココに注意

犬の甘噛みは自然に治ることはなく、しつけをしないと一生続く

 

甘噛みを放置するのは危険です

 

甘噛みを放置するのは、とても危険です。

 

理由は、甘噛みを放置すると「本気噛み」に発展する恐れがあるからです。

 

甘噛みを放置すると、犬は「噛めば何でもしてくれる」と間違った認識をしてしまい、噛みつき方が酷くなる場合があります。

 

最悪の場合、本気噛をするようになり、とても危険です。

 

本気噛みをして、他人に怪我をさせてしまったら、それこそ大変なことになりますからね。

 

さらに、噛み癖が酷くなるとワガママな犬に育ってしまい、後から治すのに苦労するでしょう。

 

甘噛みは軽視せずに、子犬の時期からしつけをすることが大切ですね。

 

ココに注意

甘噛みを放置すると「本気噛み」に発展するので、しつけで直す必要がある

 

犬が甘噛みするときの気持ち7選

 

犬 甘噛み 気持ち

 

それでは「犬が甘噛みする理由」を、解説していきます。

 

甘噛みするときには、主に7つの理由があります。

 

犬が甘噛みをする理由

1. 歯が痒い

2. 習性によるもの

4. 気になっている

5. 留守番中に暇すぎる

6. 興奮している

7. 構ってもらいたい

8. ストレス

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

甘噛みする理由1.「歯が痒い」

 

犬が甘噛みする理由には、「歯が痒い」があります。

 

犬は歯が痒いとき、人や物を甘噛みして、痒さを紛らわすからです。

 

特に子犬のころは、歯の入れ替わりで痒くなることが多く、頻繁に甘噛みをします。口内に異常があるときでも、痒みが発生します。

 

なので、子犬の時期に甘噛みが多い場合は、あまり心配はいりません。

 

歯の入れ替わりが原因で、痒くなっているだけですからね。

 

私の飼っているポメラニアンも、子犬の頃は手や足を頻繁に甘噛みしていましたね。

 

とはいえ、子犬といえど甘噛みを放置するのは危険なので、しっかりとしつけを行いましょう。

 

ココがポイント

犬が甘噛みする理由は、歯の痒みを紛らわせるためである

 

甘噛みする理由2.「習性によるもの」

 

犬が甘噛みする理由には、「習性」も大きく関係してきます。

 

なぜなら、犬には「噛む」という習性が元々備わっているからです。

 

犬には本能として「噛む習性」が備わっているため、犬が噛むことは自然なことであり、甘噛みも習性によって起きる行動です。

 

つまり、しつけをしていない状態で犬が甘噛みするのは、当然なのです。

 

甘噛みは犬が生まれ持った習性ですから、「赤ちゃんが泣く」と同じことですからね。

 

犬が甘噛みするのは、「習性」によるものだと覚えておきましょう。

 

ココがポイント

犬には噛む習性が備わっており、甘噛みをするのは当然の行動である

 

甘噛みする理由3.「気になっている」

 

犬が甘噛みする気持ちには、「気になっている」があります。

 

なぜなら、犬は気になっている物を甘噛みして、確認をするからです。

 

犬は対象物が気になっている状態だと、甘噛みして確認を行います。好奇心旺盛な犬ほど、甘噛みは多い傾向があります。

 

また、犬は手を使えないため、噛むことが唯一の確認手段になります。

 

気になる物があれば、「これ何だろう、噛んでみよう」と思っているんでしょうね。

 

特に、子犬などは知能が低いため、何でも取りあえす噛み付いて、好奇心を満たします。

 

甘噛みは、愛犬が興味を示している証拠なのです。

 

ココがポイント

犬は気になっている物があると、甘噛みをして確認をする

 

甘噛みする理由4.「留守番中に暇すぎる」

 

犬が甘噛みする理由には、「留守番中に暇すぎる」があります。

 

というのも、犬は甘噛みをして暇つぶしをするからです。

 

犬は長時間の留守番になると暇になるので、甘噛みをして暇つぶし行い、飼い主の帰りを待っています。

 

ケージではなく室内で留守番をさせると、犬は自由になるため、甘噛みが多くなります。

 

留守番中は注意する人がいませんから、犬は自由に噛み放題ですからね。

 

留守番中は犬が暇にならないように、オモチャを用意するなどの工夫が必要でしょう。

 

ココがポイント

犬は飼い主の帰りが遅いと、モノを甘噛みをして暇つぶしをする

 

甘噛みする理由5.「興奮している」

 

犬が甘噛みする理由には、「興奮している」があります。

 

なぜなら、犬は興奮すると、甘噛みをしてスキンシップを取るからです。

 

犬は興奮して気持ちが高まると、スキンシップを取りたくなり、飼い主の手や服などを甘噛みして、引っ張るようになります。

 

少し気持ちが昂り興奮すると、犬は無意識にカプっと噛んでしまうんですよね。

 

また、習性も相待って、物も甘噛みします。

 

豆知識ですが、犬は子犬の時期に遊びで噛み合いっこをして、痛みを学ぶと言われています。

 

犬が興奮して甘噛みするときは、「楽しい」「嬉しい」などの気持ちになっているのでしょう。

 

ココがポイント

犬は興奮すると嬉しくなって、飼い主を甘噛みすることがある

 

甘噛みする理由6.「構ってもらいたい」

 

犬が甘噛みする気持ちには、「構ってほしい」があります。

 

というのも、犬は甘噛みをして、飼い主にアピールをするからです。

 

犬は構って欲しいときは、甘噛みしてアピールをします。大好きな飼い主がそばに居ることが嬉しくて、ついつい甘えてしまうのです。

 

犬が構って欲しい時に思っていること

・ 遊んでほしい

・ 撫でてほしい

・ 抱っこしてほしい

 

特に、「飼い主が大好きな犬」や「甘えん坊な犬」などは、頻繁に甘噛みをして構ってアピールをしますね。

 

私の実家にいる柴犬ですが、遊んでほしいときは、よく足首を甘噛みしてきます。

 

とはいえ、甘噛みするたびに遊んでいては、犬が調子に乗るので、構うのは程々にしましょう。

 

ココがポイント

犬は飼い主に構って欲しいときは、甘噛みをしてアピールをしてくる

 

甘噛みする理由7.「ストレス」

 

犬が甘噛みする気持ちには、「ストレス」があります。

 

理由は、甘噛みをしてストレスを発散させるからです。

 

犬はストレスが溜まると、甘噛みをしてストレスを発散させます。犬にとって甘噛みは、ストレス発散方法なのです。

 

ここで犬のストレスの原因を紹介します。

 

犬のストレスの原因

・ 散歩が足りていない

・ 長時間の留守番を毎日させる

・ スキンシップが足りない

・ 生活環境が悪い(室温など)

 

以上の原因で、犬はストレスを溜めてしまいます。

 

犬はストレスが溜まると、頻繁に甘噛みをするようになり、酷いと本気で噛んでくるようになります。

 

なので、ストレスが原因の場合は、犬との接し方を見直した方がいいでしょう。

 

犬は不満があることを甘噛みを通じて、飼い主に伝えているのです。

 

ココがポイント

犬はストレスが溜まった状態だと、気持ちが不安定になり甘噛みすることがある

 

犬の甘噛みのしつけ方

 

犬 甘噛み 気持ち

 

記事の後半では「甘噛みのしつけ方」を紹介します。

 

甘噛みのしつけ方を、下記にまとめました。

 

甘噛みのしつけ方

STEP1.噛んだら叱る

STEP2.しばらく無視する(ケージに戻す)

STEP3.遊んであげる

 

以上が甘噛みをしつける手順になります。

 

しつけは叩いたり怒ったりしてはいけません

 

犬の甘噛みをしつけようとして、叩いたり怒ったりしてしてはいけません。

 

なぜなら、犬が恐怖を感じて怯えてしまうからです。

 

さらに、叩くのは虐待になるため、絶対にしてはいけません。

 

叩いたり怒ったりすると、犬は恐怖を感じるため、覚えが逆に悪くなります。また、叩くと怒るは虐待になり、しつけではありません。

 

なので、甘噛みを治すときは、犬が怖がらないように優しくしつけましょう。

 

「甘噛みはダメ」ということを、優しく教えてあげると、犬も安心しますよ。

 

ココに注意

甘噛みをしつけるときに叩いたり怒ったりすると、犬は萎縮して覚えが悪くなる

 

しつけるポイントは怒るはなく「叱る」こと

 

犬のしつけるときのポイントは、怒るのではなく「叱る」ことです。

 

「怒る」と「叱る」の違いを説明します。

 

「怒る」と「叱る」の違い

  • 怒る→怒りの感情を外に爆発させること(大声て怒鳴る、言葉が悪い)
  • 叱る→相手により良い方法を教示すること(優しく、穏やかに)

 

「怒る」と「叱る」は同じように思えますが、実際は全く異なる性質を持っています。

 

つまり、犬をしつけるときは、正しい方法を優しく教えてあげるだけでいいのです。

 

間違っても大声で怒鳴ったり、ビックリさせるような声を出してはいけません。

 

犬をしつけるポイントは、「叱る」を意識することです。

 

ココがポイント

犬の甘噛みをしつけるときは「叱る」を意識し、清く正しく教えてあげよう

 

STEP1.噛んだら叱る

 

それでは「犬の甘噛みのしつけ方」を解説していきます。

 

はじめに、犬が甘噛みをしてきたら「叱る」を行って下さい。

 

叱ることで、「甘噛みはダメなこと」だと、教えることができます。

 

甘噛みをしつけるときは「叱る」を意識して、優しい口調で犬が安心するように教えてあげましょう。

 

ここで、犬を叱るときの「フレーズ」を紹介します。

 

犬を叱るときのフレーズ例

・ 噛んだらダメだよ

・ 痛いよ

・ もう遊ばないよ

 

上記はあくまでも例ですが、以上の言葉で叱るといいでしょう。

 

コツとしては、口調は優しくですが、表情は真剣に真面目な顔で叱ってください。

 

笑いながら叱っても、意味がないですからね。

 

犬が甘噛みしてきたら、まずは「分かりやすいフレーズ」で、叱るようにしましょう。

 

ココがポイント

STEP1.では犬を叱り、「甘噛みはダメなこと」だと犬に教えてあげよう

 

STEP2.しばらく無視する

 

犬を叱ったあとは、しばらく無視をしましょう。

 

無視をすることで、甘噛みがダメだと、より深く分からせることができます。

 

犬は飼い主に構ってもらえないことが一番辛いため、叱った後に無視をするとダメ押し的な効果が得られ、より深く分からせることができます。

 

また、無視をするときは、叱った後にケージに戻すのも効果的です。

 

そして、叱ると無視を繰り返すと、犬は「甘噛みをしたら遊んでもらえなくなる」と、認識するようになります。

 

犬は飼い主と遊ぶことが大好きなので、無視をされたらかなりこたえるはずです。

 

少し可哀想ですが、他人に怪我をさせる危険性があるため、心を鬼にしてしつけましょう。

 

ココがポイント

犬が甘噛みをしてきたら「無視をする」「ケージに戻す」などして、少し罰を与えよう

 

STEP3.遊んであげる

 

犬と叱って無視をした後は、ちゃんと遊んであげましょう。

 

遊んであげることで、犬は安心して楽しい気持ちになるからです。

 

甘噛みをした後に「叱る」「無視」をすると、犬はショックを受けて落ち込みます。必ず遊んでアフターケアーをしてあげましょう。

 

落ち込んでいる犬をそのまま放置するのは、とても可哀想ですからね。

 

飼い主がしっかりと遊んであげると、犬はとても嬉しくなり、大きな安心感を抱きます。

 

さらに、飼い主のタイミングで遊ぶことで、主導権を握れるようになります。

 

しつけをした後はちゃんと遊んあげて、犬を楽しい気持ちにさせてあげて下さい。

 

ココがポイント

甘噛みのしつけをした後は、犬と遊んで気持ちのアフターケアをしよう

 

甘噛みのしつけポイントまとめ

  • 叱るときは口調は優しく表情は真剣に
  • 無視をするときは一切構わない(ケージに戻すのもあり)
  • しつけの後は遊びアフターケアーをしよう

 

甘噛みをしてきたら、STEP1〜3を繰り返し行ってください。

 

犬の甘噛みは予防しよう

 

犬 甘噛み 気持ち

 

犬の甘噛みは酷くならないように、あらかじめ予防をしましょう

 

好き勝手に甘噛みさせると次第に悪化していくので、予防はとても大切なことです。

 

予防とは言っても簡単なので、だれでも気軽にできますよ。

 

犬の甘噛みの予防方法

予防方法 効果
犬が噛めるものは置かない 噛むこと自体を抑止する
留守番中はケージに入れる 犬の行動を制限できる、安心する
噛めるオモチャを与える 噛みたい欲求を満たしてあげる
散歩を十分にする エレルギーを消費しストレスを発散できる
積極的に遊んであげる スキンシップをとりストレスを発散できる
興奮するまえに遊びをやめる 興奮による甘噛みを防ぐ
人の手で遊ばせない 人の手の甘噛みを防止する
家族が一貫して甘噛みをしつける 甘噛みがダメだと徹底的に教え込ませる

 

以上の予防方法があります。

 

もし愛犬が多少の甘噛みをしている時や、すでに酷くなっている場合は、必ず予防をしましょう。

 

予防をするだけでも、甘噛みが悪化するリスクを減らせますからね。

 

犬の甘噛みは放置するのではなく、早期の段階から予防を行いましょう。

 

ココがポイント

犬の甘噛みは予防をすることで、後に悪化するのを防ぐことができる

 

まとめ:犬の甘噛みを放置するのはやめよう

 

今回の記事で一番伝えたいことは、「犬の甘噛みを放置するのは絶対にやめて下さい」ということです。

 

甘噛みは放置しても治りませんし、酷いと本気噛みするようになるからです。

 

甘噛みをするような犬は、人に危害を加える恐れがあるため、飼い主は責任を持って対処をする必要があります。

 

噛み癖がついて他人を怪我させてしまったら、大変ですからね。

 

なので、犬の甘噛みは放置せずに、しつけと予防をしっかりと行いましょう。

 

甘噛みをしない犬は、どんな人とも楽しく仲良くなれる犬となるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA