犬がおもちゃを持ってくる理由3選!【あなたを好いている証です】

犬がおもちゃを持ってくる理由って、気になりますよね。

 

犬がおもちゃを持ってくるのはどうして?

犬がおもちゃを持ってくる時の気持ちは?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬がおもちゃを持ってくる理由」を、解説します。

 

この記事の内容

犬がおもちゃを持ってくる理由

おもちゃを持ってきた時の注意点

 

以上の内容になっています。

 

まず、結論から話すと、犬がおもちゃを持ってくるのは「飼い主への愛情表現」をしているからです。

 

犬は飼い主と一緒の時間を共有するために、さまざまな愛情表現をし、飼い主の気を引こうとします。

 

つまり、犬は大好きな飼い主と触れ合いてたくて、おもちゃを持ってくるのです。

 

おもちゃを使えば飼い主は遊んでくれると、犬は知っているんですね。

 

なので、犬が上記の行動をしたら、たくさんスキンシップを取ってあげましょう。

 

犬との絆を深める絶好のチャンスですよ。

 

とはいえ、犬が来たからと言って、何でも応えればいいって訳でもありません。

 

犬の要求に応えすぎると、飼い主との立場が逆転して、主従関係が崩れる原因となります。

 

なので、今回は「犬がおもちゃを持ってきたときの注意点」も紹介しますね。

 

愛犬との主従関係をきちんと築くために、正しく犬と接して下さい。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬がおもちゃを持ってくる理由3選

 

それでは「犬がおもちゃを持ってくる理由」を紹介します。

 

犬の気持ちを理解して、今よりもさらに絆を深めて下さい。

 

犬がおもちゃを持ってくる理由

1. 遊びたがっている

2. 何かを与えたがっている

3. 構ってほしい

 

大きく分けると、上記の三つの理由が挙げられます。

 

どれも犬の愛情表現になりますから、普段の生活で見逃さないようにしましょう。

 

おもちゃを持ってくる理由1.「遊びたがっている」

 

犬、おもちゃ、持ってくる

 

犬がおもちゃを持ってくるのは、飼い主と遊びたがっているからです。

 

なぜなら、犬はおもちゃを「飼い主と遊ぶための物」と認識しているからです。

 

犬にとっておもちゃは「飼い主と遊ぶ為の物」ですから、遊びたいときはおもちゃを使って「遊んでアピール」をしてきます。

 

きっと「このおもちゃで遊んで!!」と、あなたに訴えかけているのでしょう。

 

いつも遊んでいるときの記憶を、そのまま表しているんですね。

 

おもちゃを使うので、とても分かりやすい表現方法になります。

 

ココがポイント

犬は飼い主と遊びたいとき、いつも遊んでいるおもちゃを使ってアピールをする

 

犬にとって飼い主と遊ぶことは至福の時間です

 

犬にとって飼い主と遊ぶことは、何よりも至福な時間です。

 

動物の中でも、犬は特に人間との時間を大切にしますからね。

 

犬と人間は、他の動物よりも関係が深く歴史も長いことから、人間との時間を何よりも大切にします。

 

つまり、犬はあなたと遊ぶことが「至福の時間」となるのです。

 

その証拠に、犬は人と遊ぶときって、想像以上に喜びますからね。

 

あなたにおもちゃを持って来たら、全力で遊んであげましょう。

 

ココがポイント

犬にとって飼い主と遊ぶことは何よりも至福の時間となる

  

おもちゃを持って来たらスキンシップをとるチャンスです

 

犬がおもちゃを持ってきたら、「スキンシップ」を取る最大のチャンスです。

 

遊びたがっている犬に対して全力で応えてあげれば、更に絆が深まるでしょう。

 

犬とのスキンシップは、ストレス発散や絆を深める効果もあるため、積極的に取ることが大切です。

 

何でも応えていい訳ではないですが、ある程度の要求を受け入れることは必要です。

 

適度なバランスを取りながら、程よく愛犬と接するといいでしょう。

 

ココがポイント

犬がおもちゃを持ってきたらスキンシップをとるチャンスで絆を深められる

 

 「遊んで欲しい」に全て応えるのは良くない

 

犬の遊んで欲しいに全て応えるのは、あまりよろしくありません。

 

なぜなら、主従関係が崩れるからです。

 

飼い主が犬の要求にすべて応えてしまうと、犬に主導権が移ってしまい、主従関係が崩れる原因になります。

 

主従関係が崩れると、犬がワガママになって「吠え」や「噛み癖」などが悪化しますからね。

 

なので、犬の要求は適度に受け入れるようにしましょう。

 

例えば、家事をしていて忙しいときは、バシッと断るべきですね。

 

そして、時間に余裕ができたら、全力で遊んであげればいいのです。

 

犬を甘やかさず、主導権は常に飼い主が握って下さい。

 

ココに注意

犬の要求にすべて応えてしまうと主従関係を崩す原因となる

 

無視は絶対にしてはいけません

 

犬がおもちゃを持ってきたときは、絶対に無視をしてはいけません。

 

というのも、犬が寂しい思いをするからです。

 

犬の要求を無視してしまうと、愛犬に寂しい思いをさせてしまい可哀想です。

 

せっかくあなたと遊びたがっているのに、無視をするのは酷いことですよ。

 

最悪、無視を続けるとおもちゃを持って来なくなります。

 

なので、犬の要求を断るときは「後でね」など、一言伝えた方がいいですね。

 

飼い主に反応があるだけで、犬はとても安心するのです。

 

ココに注意

犬の要求を断るときに無視を使ってはいけない(可哀想な思いをさせてしまう)

 

おもちゃを持ってくる理由2.「何かを与えたいから」

 

犬、おもちゃ、持ってくる

 

犬がおもちゃを持ってくるのは、「飼い主に何かを与えたいから」です。

 

というの、犬は自分のお気に入りの物を、与える傾向があるからです。

 

これは、信頼している相手に対してのみ、起こす行動になります。

 

犬が物を与えるのは共有したいから

 

犬は信頼しいる相手に対して、自分の物を与える傾向があります。

 

それはつまり、「信頼している相手と物事を共有したい」ということです。

 

犬は信頼している相手と物事を共有し、信頼関係を深めたり愛情を表現したりします。

 

人間の場合でも、同じ場所に行ったり見たりすることで、関係が深まりますよね。

 

一緒にご飯を食べたり、同じ物を身につけた場合も同様です。

 

犬も同じで、飼い主と物事を共有して関係を深めようとしているのです。

 

犬は敵に対しては何も与えませんから、おもちゃを持って来られたら信頼されている証でしょう。

 

飼い主にとっては、非常に嬉しい出来事になりますね。

 

ココがポイント

犬は自分のモノを相手に与え物事を共有し、関係性を深めようとする

 

犬がおもちゃを持ってきたら信頼の証です

 

先ほども説明しましたが、犬がおもちゃを持ってきたら、信頼されている証です。

 

犬に信頼されることは、飼い主にとっては誇らしいことでしょう。

 

犬に信頼されることは光栄なことであり、とても誇らしい気持ちになります。

 

犬というのはとても正直です。

 

嫌いな相手には何も与えませんが、信頼している相手には全てを捧げます。

 

人間は嫌いな相手でも、ウソを偽って愛想を振りまきますが、犬は違うのです。

 

愛犬との良好な関係を築けているあなたは、素晴らしいと思いますよ。

 

ココがポイント

犬は心から信頼している相手にしかモノを与えない(信頼の証)

 

おもちゃを持ってくる理由3.「構ってほしいから」

 

犬、おもちゃ、持ってくる

 

犬がおもちゃを持ってくる最後の理由は、「構ってほしい」です。

 

「構ってほしい」は、先ほど紹介した「遊んで欲しい」とは少し異なるので注意して下さい。

 

犬はもしかして寂しい?

 

犬が構って欲しいときは、もしかしたら「寂しさ」を感じている可能性があります。

 

この寂しいという感情が、「構って欲しい」と「遊んで欲しい」の最大の違いです。

 

犬は寂しさを感じると、飼い主に振り向いてもらいたいが為に、おもちゃを持って気を引こうとします。

 

つまり、構って欲しいは別の言い方をすると「飼い主に反応して貰いたい」です。

 

犬は心の中で「構ってよ、振り向いてよ」と、訴えかけているのでしょう。

 

遊んで欲しいは純粋な気持ちで行動しますが、構って欲しいには別の意味があるんですね。

 

スキンシップを取らないと、犬はすぐに寂しさを感じてしまいます。

 

ココに注意

犬がおもちゃを持ってくるのは「寂しくて構って欲しいから」の場合もある

 

「構ってほしい」と「遊んで欲しい」は違う

 

犬の「構って欲しい」と「遊んで欲しい」には、明確な違いがあります。

 

上記の行動は、一見同じように思われますが、全く異なる行動です。

 

そして、明確な違いというのは「行動するときの感情」に秘密が隠されています。

 

「構ってほしい」と「遊んでほしい時」の感情の違い

  • 構って欲しい時・・・飼い主から愛情をもらいたく「寂しい感情」で行動する。
  • 遊んで欲しい時・・・飼い主のことが大好きで「嬉しさや喜びの感情」で行動する。

 

このように感情が違うだけで、行動する意味が違ってくるのです。

 

なので、犬が構って欲しくて行動している場合は、十分に注意しましょう。

 

きっと、楽しく遊んでいた頃の記憶を思い出して、必死でアピールしていますから。

 

犬が寂しそうにおもちゃを持ってきたら、より親密に接してあげて下さい。

 

飼い主に構ってもらえた犬は、心の中でとても喜ぶことでしょう。

 

ココがポイント

「構って欲しい」と「遊んで欲しい」は異なるため、両者の違いを理解しよう

 

スキンシップ不足は犬が寂しさを感じる最大の原因です

 

犬が寂しさを感じるのは、犬とのスキンシップ不足が原因です。

 

一概に決め付けることは出来ませんが、犬が寂しさを感じるのは、飼い主の愛情が足りいなからです。

 

スキンシップ不足になる原因を紹介しますね。

 

犬と飼い主がスキンシップ不足になる原因

散歩に行っていない

毎日遊んでいない

触ったり撫でたりしていない

声を掛けてあげていない

など

 

以上の原因で、スキンシップ不足がおきます。

 

また、スキンシップが不足すると、犬にストレスが溜まり健康などに悪影響がでます。

 

なので、この記事を読んで「最近犬と接していない」と感じた場合は、自分の行動を今一度見つめ直してみましょう。

 

「最近遊んでないなぁ」「散歩に行ってないなぁ」など、思い当たる節があったら改善して下さい。

 

犬は飼い主が全てですから、お互いの時間を大切にしましょう。

 

ココに注意

犬はスキンシップ不足が起こるとすぐに寂しさを感じる

 

犬がおもちゃを持って来たときの注意点

 

犬、おもちゃ、持ってくる

 

記事の最後に、「犬がおもちゃを持って来たときの注意点」を紹介します。

 

おもちゃを持って来たからといって、何でもかんでも応えるのは、かえって逆効果になります。

 

犬がおもちゃを持ってきた時の注意点

1. おもちゃを加えて歩き回る

2. おもちゃをなかなか手放さない

3. 持ってきたと思ったらすぐ逃げる

 

上記の行動をするときは、注意して下さい。

 

注意点1.「おもちゃを加えて歩き回る」

 

犬がおもちゃを加えて歩き回っていたら、少し要注意です。

 

なぜらなら、上記の行動は「構ってほしいときに取る行動」だからです。

 

犬がおもちゃを加えて歩き回るのは、飼い主に気づいてほしく「構ってほしい」という気持ちの現れになります。

 

例としては、「犬がおもちゃを加えてウロウロ動き回っている」などですね。

 

寂しさを感じて、構ってアピールをしている可能性がありますよ。

 

犬がおもちゃを持ってきたら「持ってき方」も、よく観察するといいでしょう。

 

ココに注意

おもちゃを加えて歩き回るのは飼い主に気づいて欲しいから

 

注意点2.「おもちゃを手放さない」

 

犬がおもちゃを持ってきたとき「なかなか手放さない」なら注意です。

 

これは、犬との主従関係をうまく築けていない可能性があるからです。

 

主従関係をうまく築けず、犬の立場が上になっている場合、犬は飼い主を信用しておらず、おもちゃを手放さないことがあります。

 

犬は信頼している相手にしか、物を与えません。

 

なので、信頼関係を築くには、常日頃からの接し方が重要になるでしょう。

 

甘やかしたり要求ばかりを聞き入れてしまうと、犬に見下される場合がありますよ。

 

飼い主の威厳を保つためにも、時には厳しく接してあげて下さい。

 

ココに注意

主従関係が崩れていると犬は相手におもちゃを与えない

 

注意点3.「持って来たと思ったらすぐ逃げる」

 

犬がおもちゃを持ってきて受け取ろうとしたら、すぐ逃げてしまうことがあります。

 

上記の行動は「追いかけっこをして遊んでよ」と、伝えている時にする行動です。

 

なので、この時は犬と追いかけっこをして、遊んであげるいいでしょう。

 

追いかけられる割合を多くしよう

 

犬と追いかけっこをするときに、一つ注意することがあります。

 

それは「飼い主側の追いかけられる割合を多くすること」です。

 

理由としては、主従関係を守るためです。

 

「追いかける」と「追いかけられる」は、犬の上下関係に大きく関係しています。

 

犬社会の上下関係について

  • 追いかけられるもの・・・先導者でリーダーになる
  • 追いかけるもの・・・下位の立場(下っ端)

 

 

上記のように、犬の社会には「追いかける者・追われる者」によって、上下関係が変わります。

 

犬と追いかけっこをする時、飼い主の追いかける割合を多くすると、立場が下になってしまい犬に舐めらる可能性があります。

 

ちなみに、遊びを終えるタイミングも、飼い主が決めて下さい。

 

犬のタイミングで遊びを終えてしまうと、これもまた主従関係が崩れる原因になります。

 

つまり、「飼い主が常に主導権を握ること」が重要なのです。

 

犬の言いなりにならず、遊ぶときも常に飼い主が主導権を握るようにしましょう。

 

ココに注意

犬と追いかけっこをして遊ぶときは「追う・追いかけるの割合」に注意しよう

 

まとめ:おもちゃを持ってきたら犬との時間を大切にしよう

 

犬がおもちゃを持ってきらた、今よりも犬との時間を大切にして下さい。

 

理由は、飼い主であるあなたのことを、大好きでいてくれるからです。

 

犬は信頼する大好きな人にしか、「おもちゃを持ってくる」という行動は起こしません。

 

自分にことを好きでいてくれるなら、こちらもそれなりの対応をするのが筋ってもんですよ。

 

犬との時間を大切にして、いつまでも素敵なペットライフを送って下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA