犬の舐める場所で分かることを8選!【気持ちを素直に表している】

犬の舐める場所について、疑問に思いますよね。

 

犬はどうして色々な場所を舐めるの?

舐める場所によって何が違うの?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬の舐める場所で分かること」を、解説していきます。

 

この記事の内容

・犬の舐める場所で分かること

・犬の舐める場所:人間編

・犬の舐める場所:対物編

 

以上の内容になっています。

 

まず結論から、犬の舐める場所で分かることは「犬の気持ち」です。

 

犬というのは、心境によって舐める場所が変わるため、舐める場所によって犬の気持ちを知ることができます。

 

例えば、「嬉しい時はここを舐める」「何か欲しい時はここを舐める」など、場所によって気持ちが違うのです。

 

犬は言葉が話せませんから、舐める場所を変えて気持ちを伝えているのでしょう。

 

なので、愛犬とより良いコミュニケーションを取るには、欠かせないポイントになります。

 

今回の記事では「人間を舐める場合」「物を舐める場合」の2パターンを紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

犬の舐める場所に疑問をお持ちの方には、役に立つはずです。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬の舐める場所によって何がわかる?

 

woman in black jacket holding white and blue plastic bag

 

それでは、「犬の舐める場所でかる事」を説明していきます。

 

愛犬の舐める場所に合わせて、読み進めて下さい。

 

舐める場所で「犬の気持ち」を知ることができる

 

早速ですが、犬の舐める場所では、下記の部分を知ることができます。

 

犬の舐める場所でわかること

・愛情

・敬意

・興味

・要求

・異変

・ストレス

 

冒頭でも説明しましたが、犬の舐める場所では、上記のような気持ちを知ることができます。

 

特に、犬は人間に対して様々な感情を抱きますから、舐める場所に気持ちが表れやすいです。

 

大好きな飼い主を舐めることで、気持ちを伝えているんでしょうね。

 

そもそも、犬は信頼している相手にしか「舐める」という行為をとりません。

 

信頼しているからこそ、安心して舐めることができるのでしょう。

 

また、犬は「物」にも舐める行為を取りますが、ここにも情報が隠されています。

 

犬の舐める場所には、たくさんの情報が詰まっているのです。

 

ココがポイント

犬の舐める場所には「愛情・敬意」など、様々な犬の気持ちが表れている

 

犬には「舐める」という習性がある

 

犬には元から「舐める」という習性が備わっています。

 

これは、犬が相手の情報を読み取るためです。

 

犬の舐める習性について・・・

  • 犬は対象物を舐めることで相手の情報を読み取ろうとする

 

犬は疑問を持ったとき「対象物」を舐めることで、そのモノが何なのかを調べようとします。

 

例えば、家に知らない物があったら「これ何だろう、ペロ」と、無意識に舐めるんですね。

 

犬は好奇心が旺盛ですから、物を舐めては相手の情報を読み取るのです。

 

たしかに自分の犬も、いつもと違うものが家にあると、よく舐めて確かめていますからね。

 

「犬の舐める」には味を知る以外にも、重要な役割があるのです。

 

ココがポイント

犬は興味のあるものを舐めて、相手の情報を調べようとする

 

犬の舐めるはコミュニケーションの一つである

 

犬が人を舐めるのは、物を舐めるときと少々意味が違ってきます。

 

というのも、犬は舐めるはコミュニケーションの一つだからです。

 

犬は「舐める」という行為を通じて、飼い主に気持ちを伝えコミュニケーションを取ろうとします。

 

犬は言葉を話せませんから、他の方法を使うしか、気持ちを伝える術がありませんから。

 

つまり、犬が人間を舐めるのは、何か特別な意味が込められているのです。

 

舐める場所にメッセージが込められているので、飼い主も見逃さないことが大切ですね。

 

犬の舐める意味を理解すると、今よりもさらに深いコミュニケーションを取れると思いますよ。

 

ココがポイント

犬の舐めるはコミュニケーションの一つで、飼い主に何かしらのメッセージを伝えている

 

犬の舐める場所・「人間編」

 

person putting finger on dogs tongue

 

犬が人間を舐めるについて、解説します。

 

犬の舐める場所・人間編

1.耳・鼻

2.口

3.手

4.足

 

舐めてくる部位ごとに、解説していきますね。

 

犬の舐める場所1.「耳・鼻」

 

まずは、犬が人間の「耳・鼻」を舐めるについてです。

 

「耳・鼻」を舐めるのは愛情を表現している

 

犬が「耳・鼻」などの顔を舐めのは「愛情の表現」だといわれています。

 

なぜなら、顔というのは感情が伝わってくる部分だからです。

 

顔というのは「言葉・表情」などがあり、感情が伝わる部分なため、犬も愛情を表現するときは人間の顔を舐めます。

 

「笑う」「悲しむ」「怒る」という感情は、すべてが顔に出ます。

 

なので、犬が愛情を飼い主に伝えるには、顔を舐めるのが一番効率がいいのです。

 

犬が「耳・鼻」などの顔を舐めてきたら、「大好きだよ〜」と愛情と伝えていますよ。

 

ココがポイント

犬が「耳・鼻」などの顔を舐めるのは、愛情を飼い主に効率よく伝えるため

 

顔にある「塩味」を舐めている

 

犬が人間の顔を舐めるもう一つの理由は、「塩味」があるからです。

 

人間の顔には塩味があるため、犬はそれを味わいたくて舐めています。

 

犬はしょっぱい味が好きなため、人間の顔にある「塩味」を求めて、舐めている場合があります。

 

人間の顔には、たくさんの皮脂が付いています。

 

また、鼻からは鼻水が出ますし、耳からは耳垢が出ます。

 

つまり、人間の顔には塩味が豊富に揃っているのです。

 

少し汚い話ですが、犬はそこを全く気にしないので、頻繁に舐めてくるのでしょう。

 

犬が人間の顔を舐めるのは、「しょっぱさ」を味わいたいからですね。

 

ココがポイント

犬が人間の顔を舐めるのは、皮脂や垢などにある「塩味」を味わいたいから

 

犬の舐める場所2.「口」

 

犬の舐める場所として、「人間の口」があります。

 

よく犬を抱っこしたり、寝ているときなんかに、舐められたりしますよね。

 

犬が人間の口を舐めるのには、とても深い意味が込められています。

 

飼い主の口を舐めるのは「敬意」を表している

 

犬が人間の口を舐めるのは、飼い主に「敬意」を表しているからです。

 

これは、犬の祖先である狼の習性が大きく関係しています。

 

犬の祖先である狼には上下関係があり、「下っ端が上位者の口元を舐めてあいさつをする」という習性があります。

 

口元を舐めることで、敬意や好意などを示しているんですね。

 

現在の犬にも、そのときの習性が残っており、敬意を表すために人間の口を舐めるのです。

 

きっと、「尊敬してるよ〜」「大好きだよ〜」と思って、舐めているのでしょう。

 

犬に口を舐めらるのは、とても光栄なことなのです。

 

ココがポイント

犬が人間の口を舐めるのは敬意の表れであり、光栄なことである

 

リーダーと認められている証拠です

 

犬があなたの口を舐めてきたら、それはリーダーと認められている証拠です。

 

なぜなら、上記はリーダーと認めた相手にのみ、取る行動だからです。

 

犬の上下関係はハッキリしており、リーダーに対しては敬意を示しますが、同等又は下の相手には同様の感情を抱きません。

 

むしろ、同等の相手にはライバル心を燃やして、ケンカをしますからね。

 

なので、犬が口を舐めてきたら、リーダーと認められている可能性が高いのです。

 

主従関係がきちんと気付けている訳ですから、あなたのしつけ方は正しいのでしょう。

 

犬に口を舐められたら、誇りに思うべきですね。

 

ココがポイント

口を舐めるのはリーダーと認められている証拠であり、主従関係をきちんと築けている

 

口を舐めるのはエサを要求している

 

犬が人間の口を舐めるのは、単純にエサを要求しているからです。

 

こちらは、犬の赤ちゃんの頃の習性が関係しています。

 

昔の犬は赤ちゃんは、母親が食べ物を噛み砕き、それを母親の口から子へ移すことで、食事を取っていました。

 

生まれたての子犬は噛む力が弱いので、母親が「噛み役割」をしていたんですね。

 

そのため、子犬はお腹を空かせると、母親の口を舐めてエサを要求するのです。

 

現在の犬にもその名残があるため、飼い主の口を舐めるのでしょう。

 

犬が口を舐めるのは、飼い主を母親のように尊敬しているときですね。。

 

ココがポイント

犬が口を舐めるのはエサを要求しており、飼い主を母親のように思っている

 

犬の要求に応えるときは要注意

 

犬が口を舐めるのは、エサを要求している可能性がありますが、その応え方には要注意です。

 

なぜなら、犬の要求に全て答えてしまうと、主従関係が崩れるからです。

 

犬の要求に全て答えてしまうと、犬へ主導権が移ってしまい、主従関係が崩れる恐れがあります。

 

よい主従関係とは、「飼い主が上の立場で指示を出し、犬は下の立場で指示に従う」という関係です。

 

つまり、犬の要求に応えてばかりいると、立場が逆転してしまい主従関係が崩れるのです。

 

主従関係の崩壊は、犬が問題行動を起こす引き金となるでしょう。

 

なので、犬が口を舐めてきたら、対応の仕方には注意して下さい。

 

ココに注意

犬の要求に応えすぎると主従関係が崩れるため、対応には慎重になろう

 

犬の舐める場所3.「手」

 

犬がよく舐める場所として、「人間の手」があります。

 

人間の手も、犬にとっては特別な場所になりますね。

 

手を舐めるのは「遊んで欲しい」から

 

犬が飼い主の手を舐めるときは、「遊んで欲しい」と思っています。

 

というのも、人間の手というのは、犬と直接触れ合う場所だからです。

 

手というのは「撫でる」「抱っこする」「遊ぶ」など、さまざまな場面で犬と直に触れ合う場所です。

 

犬が飼い主と触れ合うときは、いつも必ず手を使いますよね。

 

つまり、犬にとって飼い主の手というのは、印象がとても強く残っている場所なのです。

 

遊ぶときも撫でるときも、犬は常に人の手と触れ合いますからね。

 

犬の心境としては「遊んでよペロペロ」「構ってよペロペロ」と思っているのでしょう。

 

飼い主の手には、犬との思い出がたくさん詰まっているのです。

 

ココがポイント

飼い主の手は犬の印象に強く残っているため、犬は遊んで欲しいとき手を舐める

 

人間の手を舐めて「安心感」を得ている

 

犬が人間の手を舐めるのは、「安心感」を得たいからです。

 

なぜなら、人間の手には、犬が安心できる要素がたくさんあるからです。

 

人間の手は、犬にとって撫でられたり抱っこをされるもので、犬には安心するできる要素がたくさん詰まっています。

 

大好きな飼い主に触れられるだけで、犬はとても安心します。

 

飼い主の手のぬくもりを、犬は覚えているんですね。

 

なので、犬が飼い主の手をペロペロと舐めてきたら、安心感を得てホッとしたいのでしょう。

 

心の拠り所であるあなた手は、犬にとって特別な場所になっているのです。

 

ココがポイント

人間の手には犬が安心できる要素がたくさん詰まっており、舐めることで安心感を得ている

 

手を舐めて「情報」を得ようとしている

 

犬が手を舐めるのは、対象物の情報を得ようとしいるからです。

 

これは、飼い主にではなく、初めて会った人に対して起こす行動になります。

 

犬には舐めることで相手の情報を読み取る習性があるため、初めて会った人には手を舐めて情報を得ようとします。

 

相手の情報を掴みどんな人なのかを、犬なりに調べているんでしょうね。

 

なので、犬と仲良くなりたい時は、手を舐めることを拒まない方がいいかも知れません。

 

気が済むまで手を舐めらせることで、犬と仲良くなれる可能性があります。

 

手がベトベトに臭くはなりますが、洗いさえすればいいだけの話ですから。

 

犬が手を舐めてくるのは、初めて会った人に興味を示しているからです。

 

ココがポイント

犬が手を舐めるのは、初めて会った人の情報を調べているから

 

犬にとって人間の手は特別です

 

ここまで「手を舐める」ついて紹介しましたが、一つだけ共通することがあります。

 

それは、人間の手は犬とって特別だということです。

 

人間の手は犬と直に触れる場所なため、楽しいことや嬉しいことなどの思い出が、たくさん詰まっている場所です。

 

犬の思い出の中には必ずと言っていいほど、人間の手と触れ合う場面がありますからね。

 

ちなみに、私の犬は撫でられたくて、よく私の手を舐めたり頭を擦り付けてきます。

 

犬の思い出に強烈に残るほど、人間の手は特別だということでしょう。

 

逆に、犬に恐怖心を与えるのも、人間の手です。

 

犬が手を舐めてきた時は、無下にせずたくさんの思い出を作ってあげて下さい。

 

ココがポイント

犬にとって人間の手は特別で、たくさんの思い出が詰まっている(たくさん触ってあげよう)

 

犬の舐める場所4.「足」

 

犬が舐める場所として、「人間の足」があります.

 

顔や手より舐める頻度は少ないですが、一応説明しますね。

 

足を舐めるのは「遊んでほしい」から

 

犬が人間の足を舐めるのは、遊んでほしいからです。

 

手と同様、足を舐めて遊んでほしいアピールをしているのでしょう。

 

しかし、犬にとって人間の足というのは、あまり頻繁に触れ合う部分ではありません。

 

足しか舐めるところがなく、仕方なく舐めている可能性もあると思います。

 

ココがポイント

犬が足を舐めるのは遊んで欲しいアピールで、低い位置だから舐めている

 

足の「匂い」に惹きつけられて舐めている

 

犬が人間の足を舐めるのは、「足の匂い」に惹きつけられているからです。

 

人間の足には汗や皮脂があり、すっぱい匂いがあるため、犬を惹きつけのでしょう。

 

なので、お風呂で洗った後よりも、仕事などで帰ってきた後の方が、舐める確率は高いかも知れませんね。

 

ココがポイント

足のすっぱい匂いに引きつけられて犬は舐めている

 

足を舐めさせるのはNG

 

犬に人間の足を舐めさせるのはNGです。

 

なぜなら、人間の足には雑菌が付着しているからです。

 

また、足を頻繁に舐めえるようになると外に出たときに癖になり、周りに恥ずかしい思いをします。

 

なので、犬が足を舐めてきたら、注意をしてやめさせて下さい。

 

犬のためを思い、飼い主であるあなたが注意するのです。

 

ココに注意

人間の足には雑菌があり不衛生なので、舐めさせてはいけない

 

犬に舐められたら感染症に要注意

 

犬に舐められるのは愛情の表現で嬉しいことですが、感染症だけには注意して下さい。

 

感染症は危険なため、犬の衛生面には気を付けた方がいいでしょう。

 

犬の口内には、感染症の原因となる細菌を持っている個体もいるため、衛生面に不安のある犬には注意して下さい。

 

例えば、犬の舐めた箇所が粘膜だったり傷口だったりすると、そこから感染していきます。

 

自分の愛犬なら予防や衛生面をしっかりしているので、大丈夫だとは思います。

 

しかし、他の犬と接触するときは、よく注意した方がいいですね。

 

不衛生な犬に関しては、極力舐められるのを避けた方がいいでしょう。

 

ココに注意

犬の口内には高確率で感染症となる細菌がいるため、衛生面の不安のある犬には注意しよう

 

犬の舐める場所・対物編

 

white and brown short coated dog on blue and white bench

 

記事の後半からは、「犬が物を舐める」について、解説していきます。

 

犬の舐める場所・対物編

1.床

2.おしっこ

3.自分の体

4.他の犬

 

ここからは簡潔にさらっと説明していきますね。

 

犬の舐める場所1.「床」

 

犬の舐める場所として、「床」があります。

 

家の床をペロペロと舐める犬を、よく見かけますよね。

 

結論として、犬が床を舐める理由は謎と言われています。

 

犬が床を舐めるのは今のところハッキリしておらず、様々な理由が考えられます。

 

犬が床を舐める理由(想定)

・食べ物を探している

・物を探している

・ヒマで舐めている

・運動不足

・ストレスで舐めている

 

上記のように、様々な理由が想定されます。

 

なので、犬が床を舐め出したら、何を求めているのかを考えてあげましょう。

 

犬の気持ちになって考え、問題点を見つけてあげて下さい。

 

ココがポイント

犬が床を舐める理由に明確な答えはないので、犬の気持ちになって問題を見つけよう

 

犬の舐める場所2.「おしっこ」

 

犬が舐める物には「おしっこ」があります。

 

ワンちゃんの中には、自分のおしっこを舐める犬がいるんですよね。

 

犬がおしっこを舐める理由は、水分を補給しているからです。

 

おしっこには栄養が豊富に含まれているため、犬は水分を補給するために舐めています。

 

また、ストレスを感じている犬も、頻繁におしっこを舐めたりしますね。

 

とはいえ、おしっこを舐めるのは衛生的にも悪いので、やめさせた方がいいでしょう。

 

きちんとフードや水を与えて、犬がおしっこを舐める必要のない環境にして下さい。

 

ココがポイント

犬がおしっこを舐めるのは水分を補給しているため(やめさせよう)

 

犬の舐める場所3.「自分の体」

 

犬は「自分の体」を、舐めることがあります。

 

この理由は、体に違和感を感じているからです。

 

犬は猫のように「毛づくろい」は行わないため、自分の体を舐めるのは違和感を感じているからです。

 

犬が感じている違和感の正体

・痛い

・痒い

・うずい

・怪我

・ストレス

 

犬が体を舐めるのは、体に違和感を感じている可能性があるため、見逃してはいけません。

 

クセで舐めるワンちゃんもいるとは思いますが、違和感を感じている可能性が高いのです。

 

愛犬がいつもよりも体を頻繁に舐めるときは、原因を突き止めてあげましょう。

 

ココがポイント

犬が自分の体を舐めるときは違和感を感じているので、原因を調べてあげよう。

 

犬の舐める場所4.「他の犬」

 

犬は他の犬に会ったとき、相手を舐めることがあります。

 

これは、「あいさつ」をしているからです。

 

犬は相手との友好を示すために、仲の良い犬には「舐めること」であいさつをします。

 

友達の犬に会えたときに、「会えて嬉しいよ」「元気にしてた」などの会話をしているのでしょう。

 

犬が犬を舐めるのは、コミュニケーションの一つなのです。

 

ココがポイント

犬が他の犬を舐めるのは「あいさつ」をしているからである

 

犬が物を頻繁に舐めるときは要注意

 

犬が物を頻繁に舐めるときは、注意して下さい。

 

なぜなら、ストレスを感じている可能性があるからです。

 

犬が物を舐めるのは、「寂しい」「辛い」などのストレスを紛らわすために、舐めている可能性があります。

 

飼い主に構ってもらえなかったり、住んでいる環境が悪いと、犬はストレス感じます。

 

その溜まったストレスを発散させるために、物を舐めているのです。

 

なので、犬が物を頻繁に舐めるときは、もっと犬を向きあって下さい。

 

物に舐めさせるのではなく、飼い主とコミュニケーションを取るべきですね。

 

ココがポイント

犬が物を舐めるのはストレスのため、コミュニケーションをたくさん取りストレスを緩和させてあげよう

 

まとめ:犬の舐める場所を理解して正しくコミュニケーションを取ろう

 

犬の舐める場所には、犬の気持ちが表れます。

 

つまり、犬とコミュニケーションを取る、絶好のチャンスなのです。

 

犬が人を舐めるときは、犬の気持ちが顕著に現れるため、コミュニケーションを取るいい機会です。

 

また、物を頻繁に舐めるのも、犬がストレスを感じているサインです。

 

舐める場所で犬の気持ちを理解して、適切な対応ができるといいですね。

 

愛犬とよりよいコミュニケーションをとり、絆を深めて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA