犬の散歩がめんどくさい時の対処法6選【無理をせず休んで下さい】

犬の散歩が面倒くさいときは、どうしたら良いか疑問ですよね。

 

犬の散歩が面倒だけどどうしたらいい?

他の人は毎日ちゃんと散歩をしてるの?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬の散歩が面倒くさいときの対処法」を、解説します。

 

この記事の内容

犬の散歩が面倒くさい理由

犬の散歩が面倒くさいときの対処法6選

犬の散歩に行けないときは?

 

以上の内容になっています。

 

結論から話すと、犬の散歩が面倒くさいときは「無理をしないで休むこと」です。

 

犬を飼っていると、散歩を面倒くさいと思う瞬間が、誰しも必ずあります。そんな時は、飼い主も無理をせず、休みを取りましょう。

 

私たち人間は生活していると、大変な時期というのが、どうしてもありますよね。

 

仕事でミスをしたり、家族のことでトラブルがあると、心や体が弱るものです。

 

そういった時期は、愛犬の散歩を面倒と感じるのは、仕方のないことだと思います。

 

つまり、散歩が面倒なときは、気持ちが回復するまで休むことが必要なのです。

 

重く考えて、犬のことが嫌いになったら、元も子もありませんから。

 

とはいえ、愛犬はあなたとの散歩を楽しみしているのも事実です。

 

犬は散歩を通じて、運動をしたりストレスを発散させるので、基本的には毎日必要です。

 

なので、飼い主はしっかりと休んで、早く気持ちを回復させましょう。

 

愛犬はきっとあなたとの散歩を、心待ちにしていますよ。

 

今回の記事は散歩が面倒くさいときに、参考にしてみて下さい。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬の散歩がめんどくさい理由

 

犬、散歩、めんどくさい

 

まず初めに、「犬の散歩が面倒くさい理由」を紹介します。

 

理由が分かると、解決への糸口が掴めるかも知れません。

 

散歩が面倒くさいと感じる理由

1. 仕事が忙しい

2. プライベートで予定がある

3. 体調が悪い

4. 天候が悪い

5. 時間帯が悪い

6. 運動が嫌い

 

人によって理由は異なるため、自分は当てはまるものを、確かめてみて下さい。

 

犬の散歩がめんどくさい理由1.「仕事が忙しい」

 

散歩が面倒くさいのは、「あなたの仕事が忙しいから」かも知れません。

 

なぜなら、仕事が忙しいと心と体が疲れてしまうからです。

 

これは散歩が面倒くさい理由で、最も多い事例だと思います。

 

仕事が忙しいと、心も体も疲れきってしまうため、犬の散歩をする気力が無くなってしまいます。

 

また、残業などで帰りが遅くなると、なおさら散歩をする時間がありません。

 

夜に帰宅して、そこからご飯の支度や家事をこなすのは、とても大変ですからね。

 

私も残業をした時は帰りが遅くなるので、その気持ちはよくわかります。

 

愛犬には申し訳ないですが、仕事が忙しい時は、散歩が面倒くさく感じてしまうのです。

 

ココに注意

仕事が忙しいと心と体が疲れてしまうため、犬の散歩が面倒になる

 

犬の散歩がめんどくさい理由2.「プライベートで予定がある」

 

プライベートで予定があると、犬の散歩を面倒くさいと思ってしまいます。

 

というのも、何かほかに予定があると、犬の散歩を後回しにしてしまうからです。

 

よくあるプライベートの予定

親戚に会いに行く

友人と遊ぶ

子供の行事

旅行に行く

用足しをする

 

飼い主に何か予定が入ると、そちらの方を優先してしまうため、犬の散歩を後回しにしてしまいます。

 

長時間の予定が入ると、犬の散歩に手が回らない場合がありますから。

 

時間がなくなると、人はどうしても犬の散歩を後回しにしてしまいがちです。

 

自分のせいで愛犬の散歩をしないのは、かなりの罪悪感がありますけどね。

 

犬以外の予定は必ず起きるので、散歩を面倒と感じてしうのです。

 

ココに注意

人はプライベートで楽しい予定があると、犬の散歩は後回しにしがいがち!!

 

犬の散歩がめんどくさい理由3.「体調が悪いとき」

 

散歩が面倒くさい理由は、自分の体調が悪いときです。

 

理由としては、体調が悪いと歩くことが辛いからです。

 

これに関しては、どうしようもない事だと思います。

 

風邪や病気などで体調が悪いと、歩くこと自体が辛いため、散歩どころではありません。

 

症状にもよりますが、体調が悪いときって、歩いただけで気持ち悪くなりますから。

 

上記の場合は、体を休めることが第一になるでしょう。

 

愛犬には申し訳ないですが、体を休めて早く元気になって下さいね。

 

体調が悪ときは、散歩を面倒くさいと思うのは仕方のないことです。

 

ココに注意

体調が悪いときは歩くこと自体が辛い(ゆっくり休んで早く回復させよう)

 

犬の散歩がめんどくさい理由4.「天気が悪いとき」

 

天気が悪い時は、散歩を面倒くさいと思ってしまいます。

 

理由としては、外に出るのが億劫になるからです。

 

悪天候の例

夏の猛暑

冬の極寒

豪雨・雷雨

豪雪

 

上記のように天候が悪いと、散歩が面倒くさくなってしまいます。

 

天気が悪い日は、外に出るのも嫌になりますし、気分があまり乗らないものです。

 

春の陽気な日や、秋の涼しい日なら、散歩をするのがとても楽しいです。

 

しかし、天候は毎日必ず変わるため、そう上手くはいきません。

 

天候は散歩をするモチベーションに、大きく影響するということです。

 

ココに注意

天候が悪いと外に出るのが億劫になる(台風のときの散歩は危険)

 

犬の散歩がめんどくさい理由5.「時間帯が悪いとき」

 

散歩が面倒くさいのは、「時間帯」が悪いからかもしれません。

 

なぜなら、時間帯が悪いと散歩が楽しくないからです。

 

時間帯が悪いときの散歩が楽しくない理由

景色を楽しめない

交通量が多くて危険

車の音がうるさい

空気が汚れている

人通りが多い

 

散歩をする時間帯が悪いと、楽しめる要素が少ないため、散歩の楽さが半減してしまいます。

 

例えばですが、朝は道が空いて空気も澄んでいるので、歩いているだけで楽しいです。

 

しかし、夜の散歩は景色も見えませんし、暗く怖いので楽しくありませんね。

 

また、交通量の多い時間帯は、事故の危険性も出てきます。

 

つまり、時間帯の悪い散歩は、ちっとも楽しくないのです。

 

犬の散歩が面倒くさいと感じている方は、時間帯が悪いのかも知れませんよ。

 

ココに注意

時間帯が悪いと散歩の楽さが半減する(景色が見えない、うるさい)

 

犬の散歩がめんどくさい理由6.「運動が嫌い」

 

運動が嫌いな人は、犬の散歩を面倒くさいと感じてしまします。

 

 なぜなら、そういう方は「体を動かすこと自体」が嫌いだからです。

 

単純に「運動が嫌いな方」というのは、自分の時間を割いてまで体を動かすことを、極端に嫌います。

 

そもそもですが、運動が嫌いな時点で、犬を飼うなって話ですけどね。

 

こうなると「時間はあるけど散歩に行かない」「天気がいいのに散歩に行かない」など、犬の散歩をサボってしまいます。

 

 運動が嫌いな方は、犬の散歩を面倒くさいと思ってしまうのです。

 

ココに注意

元々運動が嫌いな方は必然と犬の散歩が面倒になる(甘ったれるな)

 

犬の散歩がめんどくさい時の対処法6選

 

犬、散歩、めんどくさい

 

さて、本題である「犬の散歩が面倒くさいときの対処法」を紹介します。

 

自分にあった対処法を見つけて、愛犬と散歩に行きましょう。

 

犬の散歩が面倒くさいときの対処法

1. 犬を飼い始めた頃の気持ちを思い出す

2. 気持ちのいい時間帯にする

3. 音楽を聴きながらする

4. 散歩コースを変更する

5. 散歩の目的を変える

6. 家族に頼む

 

以上の対処法があります。

 

散歩がめんどくさい時の対処法1.「犬を飼い始めた気持ちを思い出す」

 

対処法一つ目は、「愛犬を飼い始めた気持ちを思い出す」になります。

 

というのも、犬を飼い始めた頃というのは、みんな犬の散歩を楽しんでいたからです。

 

犬を飼い始めたときは、新たな愛犬を迎え入れたことで気分が上がるため、みんな散歩を楽しんでいたはずです。

 

思い出してみて下さい。

 

初めて愛犬と散歩をしたときって、無性に楽しかったですよね。

 

つまり、犬の散歩が面倒くさい時は、「初々しくて楽しいかった時の気持ち」を、思い出すといいのです。

 

初心を思い出すことで、散歩に行きたくなる可能性がありますから。

 

犬に慣れてきたときこそ、原点を思い出すのも効果的です。

 

ココがポイント

犬の散歩が面倒くさいときは、犬を飼い始めたあの頃の気持ちを思い出してみよう

 

昔の愛犬の思い出を探してみよう

 

犬を飼い始めた気持ちを思い出すには、「思い出を探すこと」です。

 

思い出は「写真」や「動画」など、物理的な方法を使えば、より鮮明に思い出すことができます。

 

犬を飼い始めた頃の気持ちを思い出す方法

犬を飼い始めた時の写真や動画を見る

犬を飼い始めた時の話をしてみる

SNS などで犬を飼い始めた人の話題にふれる

動画コンテンツで犬の動画を見る

 

などがあります。

 

特に、写真や動画は見て思い出せるので、楽しかった気持ちを取り戻すのに最適です。

 

また、犬を飼い始めた人にふれるのも、新たに刺激されていいと思いますよ。

 

一度初心に戻り、愛犬を迎え入れた素敵だった瞬間を、思い出してみましょう。

 

ココがポイント

写真や動画で愛犬を迎え入れた気持ちを思い出そう(犬への愛情を再確認する)

 

散歩がめんどくさい時の対処法2.「気持ちのいい時間帯にする」

 

二つ目の対処法は、「気持ちにいい時間帯に散歩する」です。

 

なぜなら、散歩を心から楽しめるからです。

 

気持ちのいい時間帯に散歩をすると、清々しく気分が高揚してくるため、散歩がとても楽しくなります。

 

先ほども説明しましたが、真っ暗な時間帯に散歩をしても、全く楽しくないですよね。

 

なので、散歩をするときは、気持ちのいい時間帯を選ぶことが大切です。

 

1日の使い方を見直して、気持ちのいい時間帯に散歩してみましょう。

 

ココがポイント

散歩が面倒くさいときは、散歩を楽しい時間帯に変更してみよう

 

朝の散歩はとても気持ちがいい

 

散歩をする時間に最適なのは、ズバリ「朝の時間帯」です。

 

経験上、朝の散歩は1日の中で「最も気持ちのいい時間帯」になりますね。

 

朝の散歩が気持ちいい理由

朝日を全身に浴びれる

空気が澄んでいる

交通量が少なく静か

起きた直後で気分が晴れやか

早起きで健康に良い

 

朝の散歩には、上記のようなメリットがあります。

 

私はたまに、朝の散歩をしますが、歩いているだけで気持ちが良いです。

 

早起きするのは少々大変ですが、一度はやってみる価値があると思いますね。

 

朝の散歩を経験すると、もう夜の散歩には戻れなくなりますよ。

 

それ程に、朝の散歩は気持ちが良いのです。

 

ココがポイント

「朝」は気持ちがよく、散歩が最も楽しい時間帯である

 

朝は交通量が少ないので安全です

 

朝の時間帯は交通量が少なので、比較的安全に散歩できます。

 

時間で説明すると「朝7時」くらいなら、とても交通量が少ないです。

 

ですが、少し経過して8時ぐらいになると、一気に交通量が増えますね。

 

交通量が多いときの散歩は危険ですし、うるさいだけなので、良いことはありません。

 

朝の早い時間帯は交通量が少ないので、安全に散歩ができます。

 

ココがポイント

朝の7時くらいなら交通量が少ないため、静かで安全に散歩ができる

 

朝は疲れていない状態で散歩できる

 

朝の時間帯は、心や体が「疲れていない状態」で、散歩ができます。

 

これは、朝に散歩する一番のメリットと言っても、過言ではありません。

 

というのも、疲れていない状態だと、散歩する気力が湧いてくるからです。

 

朝は体や心が一番リフレッシュしているため、散歩をする気力がどんどん湧いてきます。

 

例えばですが、仕事から帰ってきた後に散歩をするのって、正直しんどいじゃないですか。

 

仕事が終わり家事をして、その後に散歩するって、想像以上に大変です。

 

散歩が面倒くさい方は、試しに起きた直後に、犬の散歩をしてみて下さい。

 

適度な運動になり気分も上がるため、日中の仕事も捗ると思いますよ。

 

ココがポイント

朝に犬の散歩をするのはメリットしかない(健康・楽さがある)

 

散歩がめんどくさい時の対処法3.「音楽を聴きながらする」

 

散歩が面倒くさい時は、散歩中に「音楽を取り入れること」も有効です。

 

なぜなら、音楽を聴くことで気分が上がるからです。

 

犬の散歩中に音楽を聴くメリット

気持ちが高まる

退屈しない

散歩が音楽鑑賞の時間になる

散歩にリズムが生まれる

 

自分の好きな音楽を聴くと、次第に気分が上がってくるため、散歩が楽しくなってきます。

 

正直な話、犬の散歩中ってただ歩くだけなので、退屈ですよね。

 

毎日同じエリアを歩くと、犬の散歩が作業的なになってしまいますから。

 

ですが、散歩中に音楽を取り入れると、リズムに乗りながら楽しく散歩ができるのです。

 

自分のお気に入りの音楽流すと、普段とは少し違った散歩になりますよ。

 

ココがポイント

散歩中に音楽を聴くと気分が乗ってきて楽しくなり、歩くことに退屈しない

 

散歩は安全に行おう

 

音楽を聴きながら犬の散歩する時は、安全には十分に注意して下さい。

 

特に、「イヤホンを付けながらの散歩」はやめましょう。

 

散歩中にイヤホンを付けてしまうと、周りの音が聞こえなくなり、危険を察知できなくなります。

 

また、音楽に夢中になると、歩行者や自転車にも気づくのが遅れてしまいます。

 

なので、散歩中に音楽を聴くときは、スマホから直接流したほうがいいでしょう。

 

スマホから流すなだけなら、周りの音が十分に聞こえますからね。

 

自分を守るためにも、安全を確保した上で、犬の散歩をしましょう。

 

ココに注意

散歩中にイヤホンをつけると、車など周りの音が聞こえなくなるため危険

 

AirPodsは散歩を劇的に楽しくする

 

イヤホンを付けて散歩をすると、「外部の音が聞こえなくなる問題」が出てきます。

 

散歩中に周りの音が聴こえないのは、とても危険ですよね。

 

そんな問題を解決してくれるのが、Apple製のイヤホン「AirPods」です。

 

なぜなら、AirPodsには「外部の音を取り込む機能」があるからです。

 

AirPodsには、外部の音を取り込める機能があるため、音楽を聴いている最中でも、周りの音を聞き取れるようになります。

 

通常のイヤホンだと、音楽のせいで周りの音が聞こえなくります。

 

しかし、AirPodsなら音楽を聞いていても、車や自転車の音をしっかりと聞き取れるのです。

 

犬の散歩を楽しく安全にするには、AirPodsがとても優れていますね。

 

ぜひAirPotsを使って、「愛犬と毎日散歩に行きたくなる人生」を、手に入れて下さい。


 

 

ココがポイント

AirPodsは外部音を取り込む機能があるため、音楽を聴きながらでも安全に散歩できる

 

散歩がめんどくさい時の対処法4.「散歩コースを変える」

 

散歩コースを変えることは、散歩が面倒くさいときに有効です。

 

というのも、散歩コースの変更は、単調な散歩に刺激が生まれるからです。

 

散歩コースを変えるメリット

景色が変わる

飽きない

新たな発見がある

 

散歩コースを変更すると、景色が変わったり色々な建物が見れたりと、いつもとは違った刺激を得られます。

 

毎日同じコースだと徐々に飽きてきて、散歩が面倒になってきます。

 

なので、定期的に犬の散歩コースは変更しましょう。

 

散歩コースが変われば、人も犬にもいい刺激が得られると思いますよ。

 

行ったことのない道を選ぶのは、冒険みたいでワクワクしますね。

 

ココがポイント

散歩コースを定期的に変えると、普段とは違う刺激が得られて楽しくなる

 

散歩コースの変更は新たな発見がある

 

散歩コースを変えると、いつもとは違う新しい発見があります。

 

例えば

  • こんなお店があったんだ
  • この場所オシャレだな
  • ステキな公園があるんだな

など

 

新たな発見があると、自分へのいい刺激となり、散歩が楽しくなるでしょう。

 

慣れた道でも、車で走るのと歩くのでは、意外と景色が違うものです。

 

今まで知らなかったお店が見つかったら、今度は家族と一緒に行くのも素敵ですね。

 

新しい発見は、散歩へのモチベーションを上げる効果があるのです。

 

ココがポイント

新しい道には自分の知らなかった新しい発見が見つかるかも

 

散歩がめんどくさい時の対処法5.「目的を変える」

 

対処法五つ目は、「散歩の目的を変える」です。

 

詳しく説明すると、散歩の目的を「犬のためではなく自分のため」に変えてしまうのです。

 

そうすると、散歩が自分の目標になるからです。

 

散歩をする目的例

健康のため(運動不足解消)

ダイエットのため

趣味のため

ストレス発散のため

 

散歩を犬のためではなく、自分の目的に変えてることで、散歩をすることが目標へと変化します。

 

なにか目標があれば、人は頑張れるものです。

 

そして、言い方は悪ですが、自分の目標のついでに、犬も一緒に散歩をすればいいのです。

 

目的は「健康のため」「ダイエットのため」など、なんでも構いません。

 

要は、犬と一緒に散歩さへすれば、問題ないですからね。

 

かくいう私も、仕事がパソコン作業で普段は座りっぱなしなため、運動目的で犬の散歩しています。

 

散歩をすることを、犬から自分のためへと、変えてしまいましょう。

 

ココがポイント

散歩の目的を犬のためではなく、自分の為に変えてしまう(目標ができて頑張れる)

 

散歩がめんどくさい時の対処法6.「家族に頼む」

 

最後の対処法は、「家族に頼む」です。

 

一人暮らしの方は出来ないですが、家族と一緒に住んでいる方は試せる方法です。

 

家族に散歩を頼むと、犬のお世話にかかる負担を分散でき、気持ちが楽になります。

 

人間どうしても、犬の散歩が面倒くさくなるときは必ずあります。そんなときは家族を頼り、散歩をお願いましょう。

 

さらに、自分以外の人が散歩をすることで、愛犬と家族の絆が深まる効果もあります。

 

ココがポイント

散歩が面倒くさいときは、家族に頼るのもあり!!

 

自分1人だけで犬の散歩をするのは相当大変です

 

犬を毎日、自分1人だけでするのは、とても大変ですよね。

 

つまり、辛いときは家族を頼っても全然いいのです。

 

犬の散歩が面倒くさいときは、家族の力を頼り、自分1人で抱え込まないことが大切です。

 

犬を飼っている方は「自分がお世話をする」が条件で、家族に許しを貰ったのかも知れません。

 

しかし、犬は飼ってみると、想像以上にお世話が大変なことがわかります。

 

なので、犬の散歩が大変なときは、大人しく家族を頼りましょう。

 

自分一人で抱え込まず、時には家族に頼ることも、必要なことだと思いますよ。

 

ココがポイント

家族の協力なくして犬のお世話は不可能です(頼ることは恥ずかしいことではない)

 

犬の散歩に行けない日はどうする?

 

犬、散歩、めんどくさい

 

犬の散歩に行けない日は、他の方法で犬のストレスを発散させましょう。

 

散歩に行けない日は行けないなりに、愛犬のケアをする必要があります。

 

散歩に行けない日の愛犬のケアについて

ケア方法 具体的な内容
スキンシップを増やす 抱っこする、撫でてあげる、声をかけてあげる
遊んであげる おもちゃで遊ぶ、持ってこい遊び、引っ張り遊び、知具遊び、宝探し
芸を教える おて、おいで、ハイタッチ、おまわり、ゴロン
休みの日に普段とは違うことをする 新しい場所を散歩する、ドッグランに連れていく

 

上記は一部ですが、犬の家での過ごし方は様々あります。

 

散歩に行けない日は、飼い主も色々と工夫をして、犬にストレスが溜まらないように気をつけましょう。

 

飼い主が遊んであげれば、ワンちゃんもすごく喜んでくれると思います。

 

ココがポイント

犬の散歩に行けない日は他の方法でケアをし、ストレスを発散させてあげよう

 

まとめ:飼い主も無理をしないことが大事

 

犬の散歩が面倒くさいときには、一番大切なことがあります。

 

それは、飼い主も無理をしないことです。

 

確かに、犬には毎日の散歩は欠かせなですが、無理は禁物ですね。

 

飼い主も、仕事やプライベートな毎日忙しく活動していますから、気持ちが上がらないときは必ずあるものです。

 

時には不安や悩みなどで、落ち込むこともありますからね。

 

あまり無理をして、犬のことが嫌いになったら、それこそ大変です。

 

なので、犬の散歩が面倒くさいときは、正直に認めて体を休めましょう。

 

そして、元気になったら、また愛犬と楽しく散歩をすればいいのです。

 

深刻に悩まず、もっと楽に愛犬と生活して下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA