犬の毛の生え変わり時期はいつなの?【次の季節に備えている】

犬の毛が生え変わる時期って、気になりますよね。

 

犬の毛っていつ生え変わるの?

犬の毛はみんな同じ時期に生え変わるの?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬の毛の生え変わり時期」を、解説していきます。

 

この記事の内容

犬の毛の生え変わり時期について

抜け毛を放置すると起こる問題

 

以上の内容になっています。

 

結論から話すと、犬の毛は「年2回」で、大きく生え変わります。

 

※犬種によって時期は異なります。

 

犬の毛は年2回に分けて大きく生え変わり、次の季節を快適に暮らせるよう備えています。

 

犬も「夏は涼しく」「冬は暖かく」、暮らしたいでしょうからね。

 

一年中同じ被毛だと、暑過ぎたり寒過ぎたりしますから。

 

人間で言うところの、「衣替え」をしているのです。

 

ちなみに、犬の毛が生え変わる時期は、「抜け毛」に悩む方も多いですよね。

 

換毛期になると、犬からは大量の抜け毛が発生するため、放置すると自分たちの生活にも悪影響となります。

 

なので、今回は「犬の抜け毛で起こる問題」についても紹介しますね。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬の毛の生え変わり時期はいつ?

 

犬、毛の生え変わり、時期

 

まず初めに、「犬の毛の生え変わり時期」を説明します。

 

犬の毛に生え変わり時期(年2回)

  • 春から夏の7月ごろまで
  • 秋から冬の11月ごろまで

 

以上の「年2回」に分けて毛が生え変わります。

 

犬の毛が生え変わる時期を「換毛期」と呼ぶ

 

犬の毛が生え変わる時期を、「換毛期」と呼びます。

 

そして、換毛期になると、犬の被毛は大きく生え変わるため、大量に毛が抜け落ちるのです。

 

換毛期になると、犬は毛を一気に生え変わらせ、現在ある被毛を一新します。

 

被毛を新しく変えることで、夏や冬に備えているんですね。

 

また、犬は一年中毛が抜けていますが、換毛期は特に抜け毛が酷くなります。

 

ちなみに、私は愛犬が換毛期になると、掃除機を一日2回はかけますね。

 

犬は換毛期になると、信じられないくらいの抜け毛が出るのです。

 

ココがポイント

犬は換毛期になると被毛を新しく生え変わらせ、次の季節に備える

 

換毛期があるのは「ダブルコート」を持つ犬です

 

全ての犬に対して、換毛期がある訳ではありません。

 

なぜなら、換毛するのは「ダブルコートを持つ犬」だけだからです。

 

被毛の種類が一つしかない「シングルコート」の犬に、換毛期はないのです。

 

換毛するのは、被毛の種類が二つある「ダブルコートの犬」になり、犬種によって換毛期の有無は異なります。

 

つまり、一年に大きく毛が生え変わるのは、ダブルコートの犬だけなのです。

 

ちなみに、シングルコートの犬は換毛期がない代わりに、毛は一年中生え変わっています。

 

「シングルコートは一年中」、「ダブルコートは年2回」と、毛が生え変わるのです。

 

ココがポイント

換毛期があるのは「ダブルコート」の犬のみ。シングルコートの犬は毛が年中生え変わっている。

 

犬の被毛は2種類ある

 

先ほど、シングルコートとダブルコートがあることを説明しました。

 

両者の違いは、被毛の種類が「一つあるか二つかるか」の、違いになります。

 

犬が持つ被毛の種類

  • シングルコート オーバーコート(上毛)
  • ダブルコート → オーバーコート(上毛)・アンダーコート(下毛)

 

犬によって被毛の種類は異なるため、毛の生え変わる時期にも違いが出てきます。

 

ちなみに、換毛するのは「アンダーコートの毛」になります。

 

なので、換毛期があるのは「ダブルコートの犬」だけなのです。

 

犬の換毛期を知るには、愛犬の被毛の種類を知ることが大切ですね。

 

ココがポイント

犬の被毛には「オーバーコート」と「アンダーコート」の2種類がある。(換毛するのはアンダーコート)

 

犬は換毛期に毛の密度を変えている

 

犬は換毛することによって、「毛の密度」を変えています。

 

理由としては、毛の密度を変えて季節を快適に暮らすためです。

 

犬に換毛期がある理由

  • 春の換毛期 → 毛の密度を低くする(夏は涼しい)
  • 秋の換毛期 → 毛の密度を高くする(冬は暖かい)

 

犬に換毛期があるのは、「暑い夏を涼しく」「寒い冬を暖かく」と、季節を快適に暮らすためです。

 

例えば、冬の暖かい毛のままで夏を迎えたら暑すぎますよね。

 

犬は季節に合わせて、毛を生え変わらせているのです。

 

そう考えると、換毛期が年2回あることにも納得でしょう。

 

ココがポイント

犬は夏と冬に合わせて毛の密度を変えている

 

毛の長さによって抜け毛の度合いは変わる

 

犬の抜け毛の度合いは、毛の長さによっても変わります。

 

なぜなら、毛周期のサイクルが違うからです。

 

毛周期は、「短毛種」と「長毛種」で異なりますね。

 

犬の毛周期のサイクル

  • 短毛種 → 毛周期が短い(抜け毛多い)
  • 長毛種 → 毛周期長い(抜け毛少ない)

 

毛周期が短いと、毛の生え変わりが早いため抜け毛が多く、毛周期が長いと毛の生え替わりは遅いため、抜け毛は少なくなります。

 

一見すると、長毛の方が抜け毛は多そうですが、意外と短毛の方が抜け毛は酷いのです。

 

たしかに、私の実家で飼っている柴犬は、短毛なのか抜け毛がめちゃくちゃ多いですね。

 

犬は毛の長さによって、抜け毛の度合いが変わります。

 

ココがポイント

抜け毛の度合いは毛周期によって変わり、短毛種の方が抜け毛は酷い

 

犬の毛穴には複数の毛が生えている

 

犬というのは一つの毛穴に対して、複数の毛が生えています。

 

毛穴に複数の毛があるのは、人間とは大きく違うところです。

 

犬と人の毛の生え方の違い

  • 人間 → 一つの毛穴に1本の毛
  • 犬 → 一つの毛穴に7〜15本の毛

 

犬の体が被毛で覆われているのは、一つの毛穴に対して複数の毛が生えているからです。

 

毛穴にたくさんの毛があれば、全身を守ることができますから。

 

犬は被毛を使って、皮膚を守ったり体温調整を行っているのです。

 

機会があれば、犬の毛穴を観察してみて下さい。

 

ココがポイント

犬は全身を被毛で守るために、一つの毛に対して複数の毛が生えている

 

室内犬は毛の生え変わる時期を把握しにくい

 

室内犬は外飼いの犬に比べて、毛の生え変わる時期を把握しにくいと言われています。

 

なぜなら、年中一定の温度で生活しているからです。

 

室内犬は、一定の温度が保たれている室内で生活しているため、毛の生え変わる時期がズレる場合があります。

 

ちなみに、外飼いの犬は気温の変化があるので、決まった時期に毛が生え変わります。

 

室内犬を飼っている方は、愛犬に合わせて時期を把握した方がいいでしょう。

 

ココがポイント

室内犬は毛の生え変わる時期がズレる場合がある

 

犬の抜け毛を放置すると起こる問題

 

犬、毛の生え変わり、時期

 

最後に、「犬の抜け毛を放置すると起こる問題」を紹介します。

 

抜け毛は放置してしまうと、犬や人に害が出るため、絶対に放置してはいけません。

 

犬の抜け毛を放置すると起こる問題

1. 皮膚病にかかりやすくなる

2. 犬の異常に気づけない

3. 部屋が毛だらけになる

4. 家に人を呼びづらくなる

5. ノミ・ダニが発生する

 

以上の問題が発生します。

 

犬の抜け毛で起こる問題1.「皮膚病にかかりやすくなる」

 

抜け毛を放置すると、犬が「皮膚病」にかかりやすくなります。

 

なぜなら、毛の中の通気性が悪くなるからです。

 

毛の中の通気性が悪くなると、湿気で雑菌が繁殖したり皮脂なども溜まるため、皮膚の病気にかかりすくなります。

 

雑菌や皮脂が溜まると、体の衛生面が悪くなりますからね。

 

また、雑菌が繁殖すると人にも悪影響なため、絶対に放置してはいけません。

 

たかが抜け毛だからと言って、甘くみてはダメということです。

 

ココに注意

抜け毛は毛の中の衛生面を悪くするため、犬が皮膚病にかかりやすくなる

 

犬の抜け毛で起こる問題2.「体の異常に気付けない」

 

抜け毛を放置すると、「犬の体の異常」に気付けなくなります。

 

理由としては、犬の体を観察する機会が減るからです。

 

抜け毛の放置は、毛のお手入れを怠るという事であり、それに伴い犬の体を観察する機会も減ってしまいます。

 

犬の体を観察しないと、何か異常が起きた時に、気づくのが遅れてしまうのです。

 

仮に、皮膚にしこりが出来たとしても毎日ブラッシングしていれば、すぐに気付けますよね。

 

犬の抜け毛を放置するのは、犬の健康を守らないのと同じことですよ。

 

ココに注意

毛のお手入れを怠ると、犬の体の異常に気付くのが遅れてしまう

 

犬の抜け毛で起こる問題3.「部屋が毛だらけになる」

 

抜け毛を放置すると、自分たちの部屋が毛だらになります。

 

なぜなら、犬の体から抜け毛が大量に落ちるからです。

 

抜け毛は放置すると、毛がどんどん蓄積していくため、部屋中が毛だらけで大変なことになります。

 

毛だらけの部屋って、絶対に不快ですよね。

 

床やソファーや洋服に犬の毛が付いて、衛生的にも悪いと思います。

 

お気に入りの洋服が毛だらけになったら、凄くショックです。

 

清潔な暮らしをするためにも、抜け毛は放置してはいけません。

 

ココに注意

抜け毛は部屋中を毛だらけにし、家族に不快な思いをさせてしまう

 

犬の抜け毛で起こる問題4.「家に人を呼べなくなる」

 

抜け毛を放置すると、家に人を呼べなくなります。

 

なぜなら、部屋の衛生面が悪化し、気軽に人を呼べなくなるからです。

 

毛だらけの部屋に人を呼ぶと、相手の服に毛が付いたり、酷いと健康に害がでる恐れがあります。

 

例えば、粘膜が弱い人は犬の毛が少しあるだけで、くしゃみや鼻水が止まらなくなるでしょう。

 

親戚や友人を呼んで不快な思いをさせたら、もう二度と来てはもらえませんよ。

 

おもてなしの為にも、犬の抜け毛を除去して、部屋を清潔に保つことが大切です。

 

ココに注意

抜け毛は部屋の衛生面を悪化させ、気軽に人を呼べなくなる(健康にも悪影響)

 

犬の抜け毛で起こる問題5.「ノミ・ダニが発生する」

 

抜け毛を放置すると、「ノミ・ダニ」が発生する可能性があります。

 

理由は、犬の体が「ノミ・ダニ」の繁殖しやすい環境になるからです。

 

抜け毛は毛の中の通気性を悪くし、湿気や皮脂が溜まるため、犬の体は「ノミ・ダニ」の住みやすい環境になってしまいます。

 

布団なども人間の皮脂や湿気が溜まると、ノミ・ダニが発生しますよね。

 

犬も同じで、抜け毛を放置するのはとても危険なのです。

 

アレルギーになったら大変なので、抜け毛は早急に取り除いた方がいいでしょう。

 

ココに注意

抜け毛を放置するとノミダニが繁殖するため、アレルギーの危険性が出てくる

 

まとめ:愛犬の毛の生え変わり時期を把握しよう

 

犬の毛の生え変わり時期は、愛犬に合わせて把握する必要があります。

 

なぜなら、犬よって生え変わる時期は異なるからです。

 

ダブルコートの犬なら、年2回に分けて大きく生え変わりますが、その時期にも多少の誤差はあります。

 

また、被毛や犬種によっても異なるため、愛犬に合わせて把握することが必要なのです。

 

ちなみに、私のポメラニアンは3月と10月に、めちゃくちゃ抜け毛が出ますね。

 

実家にいる柴犬は、年2回とか関係なく、年中毛が抜けています。

 

上記のように、愛犬に合わせて毛の生え変わり時期を知るといいでしょう。

 

生え変わり時期が分かると、先回りして対処をできるようになりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA