犬がソファで穴を掘るしぐさの理由【無理にやめさせる必要はない】

犬はソファなどで「穴を掘るしぐさ」をする事がありますよね。

 

犬はどうして穴を掘るしぐさをするの?

犬は穴を掘っている時どんな気持ちなの?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬が穴を掘るしぐさをする理由」を、解説します。

 

この記事の内容

私の犬が穴を掘っていた時の体験談

犬の穴を掘るしぐさの理由

犬が穴を掘るしぐさをする時の対処法

 

以上の内容になっています。

 

まず結論から、犬の穴を掘るしぐさは、無理にやめさせる必要はありません。

 

穴を掘るしぐさの理由には、犬の「習性・本能」などが関わっているため、無理にやめさせる必要はなく、問題行動ではありません。

 

詳しくは記事中に説明しますが、明らかに異常な行動でない限りは、あまり心配する必要はないのです。

 

場合によっては、ただ単に遊んでいるだけの可能性もありますからね。

 

とはいえ、犬が穴掘りをして大事なソファやクッションを傷つけられるのは、少々問題ですよね。

 

なので、今回の記事では「犬が穴掘りをする時の対処法」も紹介します。

 

愛犬がソファなどを爪でガリガリ傷つけてしまっている場合の、参考にして下さい。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

私の犬が穴を掘っていた時の体験談

 

犬 穴掘り しぐさ

 

はじめに、私の愛犬がソファで穴を掘るしぐさをしていた時の体験談を、ご紹介します。

 

もし、ご自身の現状と当てはまる場合は、今後に役立ててみて下さい。

 

私の犬はソファで穴を掘るしぐさをしていました

 

私は現在ポメラニアンを飼っていますが、以前はソファの上で穴を掘るしぐさをしていました。

 

前足の爪でソファの布をガシガシと、激しく掘っていましたね。

 

私の愛犬はソファが大のお気に入りらしく、いつも穴掘りをするのですが、それが原因でソファの布が破れてしまいました。

 

ソファの布って替えることが出来ないので、破れると非常に困りますよね。

 

布団やカーペットならすぐに替えられますが、ソファだと一体を丸ごと替えるしか方法がありません。

 

現在はソファを新しく替えましたが、また穴掘りをして布を破かれたら困るので、私は対処をすることにしました。

 

ココがポイント

私はソファを愛犬に穴掘りをされて、布がズタズタに破かれました

 

穴掘り専用の座布団を与えしつけを行いました

 

私は愛犬の穴掘り対策として、「穴掘り専用の座布団」を与えることにしました。

 

また、同時にしつけも行い、現在はソファで穴を掘ることは滅多にありません。

 

ソファでの穴掘りをやめさせるのは大変でしたが、対処を行なった結果、現在は犬がソファで穴掘りする事はなくなり、布も新品の状態を保てています。

 

犬の穴掘りというのは「習性」や「本能」が関係しているらしく、完全にやめさせるのは難しいそうです。

 

なので、別に穴掘り専用の場所を作ることで、無事に解決できましたね。

 

穴掘り専用の座布団を与えても、初めはソファで穴掘りをしようとしますが、ここはしつけを頑張るしかありません。

 

大切なソファやクッションを犬に傷つけられて困っている方は、是非今回の記事を役立ててみて下さい。

 

ココがポイント

犬の穴掘りのしぐさは対処をすることで、別の場所に移すことができる

 

犬が穴掘りのしぐさをする理由4選

 

犬 穴掘り しぐさ

 

それでは、「犬が穴掘のしぐさをする理由」を紹介していきます。

 

「どうして犬が穴掘りをするのか」の理由を、是非知ってみて下さい。

 

犬が穴掘りのしぐさをする理由

1. 習性・本能

2. ストレス

3. 遊んでいる

4. 常同障害

 

以上の理由があります。

 

犬が穴を掘るしぐさの理由1.「習性・本能」

 

犬の穴掘りには「習性」が大きく関係しています。

 

なぜなら、犬の祖先であるオオカミには「穴を掘る習性」があったからです。

 

犬の祖先であるオオカミは、穴を掘り外敵から身を守ったり育児などをしていた為、現在の犬にもその時の名残が残っていると考えられています。

 

つまり、オオカミは穴を掘ることで「巣作り」をしていたのです。

 

地上で暮らすよりも穴の方が安全ですから、オオカミが編み出した知恵となりますね。

 

その時の習性が現代の犬にも受け継がれているため、犬は家の中でも穴を掘るすぐさをするのです。

 

犬が穴掘りをする理由は、祖先であるオオカミの習性が関係しています。

 

ココがポイント

犬の祖先であるオオカミには穴を掘る習性があり、習性は受け継がれている

 

一部の犬種には「穴を掘る本能」がある

 

一部の犬種には、穴を掘るという本能が備わっています。

 

これは昔、狩猟犬だった頃の名残といわれています。

 

昔、狩猟犬だった犬

  • ピーグル
  • ブラッドハウンド
  • ボーダーコリー
  • イングリッシュ・コッカー
  • スパニエル
  • テリア種

など

 

上記の犬は昔、狩猟犬だった事から、本能的に穴を掘る行動を取ることがあります。

 

かつての狩猟犬は穴を掘って獲物を捕まえていたため、本能的に「穴を掘る行動」が備わっています。

 

現代では「狩猟犬」というのは少なくなっていますが、昔は狩猟犬がとても活躍していました。

 

人間の指示に的確に従い、共に狩りをしていたんですね。

 

昔、狩猟犬だった犬を飼っている方は、穴を掘る行動が見られたとしても、珍しい事ではないのです。

 

ココがポイント

狩猟犬だった犬は、本能的に穴を掘ることがある

 

犬にはエサを穴に隠す習性もある

 

犬には「穴を掘る」以外にも「穴に隠す習性」も持っています。

 

これは、獲得したエサを安全に確保するために取る行動です。

 

昔の犬は獲得したエサを掘った穴に隠し、安全を確保した上で、子犬に分けたり自分で食べたりしていました。

 

そのままエサを置いていたら、外敵に横取りされてしましますからね。

 

現在の犬はペットとして暮らしているため、食べ物を取られることはないですが、昔の名残は残っています。

 

なので、犬はもらったエサを隠したり、他にはおやつなども隠したりしますね。

 

犬の穴を掘る行動には、色々な意味があるのです。

 

ココがポイント

犬は掘った穴にエサやおやつを隠す習性がある

 

犬が穴を掘るしぐさの理由2.「ストレス」

 

犬が穴を掘る理由には「ストレス」が考えられます。

 

なぜなら、犬はストレスが溜まると、気持ちを落ち着かせようとするからです。

 

犬はストレスを感じ心が不安定になると、気持ちを落ち着かせるために「特定の行動」を取ることがあります。

 

犬がストレスを感じたときに取る行動

  • あくびをする
  • 足を舐める
  • しっぽを追いかけてグルグル回る
  • 穴を掘るしぐさを頻繁にする
  • 鼻を舐める

など

 

上記の行動は「カーミングシグナル」と呼ばれ、犬が自分の気持ちを落ち着かせるために取る行動です。

 

なので、犬が穴を掘っていたら、ストレスを感じている可能性があります。

 

何かしらの理由でストレスを抱え、犬なりに発散しようとしているのでしょう。

 

たまに穴を掘る程度なら問題ないですが、頻繁に見られる場合は注意した方がいいですね。

 

ココに注意

犬が穴を掘るのはストレスが考えられ、頻繁に見られる場合は要注意!!

 

犬のストレスは住んでいる環境に原因があるかも

 

犬がストレスを感じているのは、「住んでいる環境」に原因がある可能性があります。

 

というのも、犬は敏感な動物なため、環境次第でストレスを感じるからです。

 

犬がストレスを感じる環境

  • 大きな音がする
  • 部屋の匂いがきつい
  • 暑い、寒い
  • 食べ物が合わない
  • 飼い主がイライラしている

 

犬って私たちが思っている以上に敏感なので、少しの環境変化でもストレスを感じます。

 

住んでいる環境が変化したり、飼い主がいつもイライラしていると、犬は敏感に感じ取ってしまうのです。

 

愛犬が頻繁に穴を掘るしぐさをする場合は、環境にストレスの原因があるかも知れません。

 

ココに注意

犬は敏感な動物のため、少しの環境変化でもストレスを感じてしまう

 

犬は寂しさを感じているのかも

 

犬というのは「寂しさ・悲しさ」を感じた場合でも、ストレスを溜めてしまいます。

 

なぜなら、犬は人間のことが大好きだからです。

 

犬は人間のことが大好きなので、構ってもらえなかったり長い間放置すると、大きなストレスを感じてしまいます。

 

例えば、「仕事が忙しくて最近構ってない」「長時間留守をする時が多い」などですね。

 

犬は人と遊んだり触れ合うときに喜びを感じますから、毎日適度に愛犬との時間を作ることが大切になります。

 

頻繁に穴を掘るしぐさが見られた場合は、一度犬との接し方を見直してみましょう。

 

ココに注意

犬は「寂しさ・悲しさ」でもストレスを感じるので、愛犬との接し方には注意する

 

犬が穴を掘るしぐさの理由3.「遊んでいる」

 

犬の穴を掘るしぐさの理由には「遊んでいる」が考えられます。

 

理由としては、犬にとって穴を掘るのは楽しい事だからです。

 

犬が穴を掘るのは、ただ単純に楽しくて遊んでいるだけの可能性もあり、暇つぶしているのかも知れません。

 

私の犬は公園などの砂場に行くと、無我夢中で穴を掘ることがありますね。

 

きっと犬的には、「どんどん掘れる、楽し〜」と思っているのでしょう。

 

単純に遊んでいる場合は、そこまで心配する必要はありません。

 

ココがポイント

犬が穴を掘るのは遊んでいるだけの場合もあり、特に問題行動ではない

 

穴掘りが楽しくて癖になっている場合もある

 

犬が遊んでいるだけで穴を掘るのはいいですが、これが癖になっている場合は少し注意しましょう。

 

なぜなら、ソファやクッションで穴を掘ることが癖になるからです。

 

犬の穴掘りが癖になっている場合は、よく特定の場所ですることが多く、布生地が破かれる原因です。

 

ソファやクッションって柔らかく、程よく爪に引っかかるので、犬も掘っていて楽しいのでしょう。

 

そうなると、犬は穴を掘るのが癖になりますから、布生地が破かれてしまいます。

 

私のポメラニアンも、ソファで穴掘りするのが癖になっていたらしく、毎日ガシガシやってましたね。

 

穴掘りが癖になっている場合は、しつけをする必要があるでしょう。

 

ココに注意

穴掘りが癖になると特定の場所でしか掘らなくなるので、しつけをする必要がある

 

犬が穴を掘るしぐさの理由4.「常同障害」

 

犬が穴掘りをする理由には「常同障害」というものがあります。

 

上記は、犬の不安障害の一つです。

 

常同障害とは・・・

  • 意味のない行動をひたすら繰り返したり、時には何も行動しなくなること

 

犬は大きなストレスを感じると常同障害になる場合があり、穴掘りのしぐさも該当する行動の一つです。

 

常同障害になると、誰が見てもあきらにおかしな行動を取ることが多いそうです。

 

なので、穴掘りを意味もなく何度も異常に繰り返す場合は、常同障害の可能性がありますね。

 

あまりにも酷い場合は、すぐに病院へ連れて行った方がいいでしょう。

 

ココに注意

犬には常同障害というものがあり、異常が見られる場合は病院へ連れて行くこと

 

犬が穴を掘るしぐさをする時の対処法

 

犬 穴掘り しぐさ

 

記事の後半では、「犬が穴掘りのしぐさをする時の対処法」を紹介します。

 

愛犬が爪でガリガリ穴を掘って困っている場合は、役に立つでしょう。

 

犬が穴を掘る時の対処法

1. 穴掘り専用の場所を与える

2. しつけをする

3. 他に気を引く物を与える

4. ストレスを発散させる

 

以上の対処法を紹介していきます。

 

対処法1.「穴掘り用の場所を与える」

 

犬の穴掘りで困っている場合は、穴掘り専用の場所を与えてあげましょう。

 

理由は、穴掘りの被害を最小限の抑えることが出来るからです。

 

穴掘り専用の場所を与えることで、犬を指定の場所でしか穴を掘らないように誘導していきます。

 

犬の穴を掘るしぐさを完全にやめさせるのは難しいので、それなら場所を移せばいいのです。

 

ある程度のしつけは必要ですが、犬を誘導して、指定場所でのみ穴を掘るように仕向けていきます。

 

あえて穴を掘る場所を与えて、大事なソファやクッションへの被害を抑えて行くのです。

 

ココがポイント

犬には穴掘り専用の場所を与えて、被害を最小限の抑えて行こう

 

犬用のクッションや座布団を用意してあげる

 

犬の穴掘り専用の場所には、犬用のクッションや座布団が適しています。

 

なぜなら、価格も安価ですし、破かれてもすぐに買い替えられるからです。

 

私は犬に専用の座布団を与えたら、今ではその座布団の上で穴掘りをし、またお昼寝したり休んだりしています。

 

犬専用なので、爪でガリガリ穴を掘ったとしても、全然問題ありませんね。

 

大事なソファでは穴を掘らなくなったので、気持ち的にも楽になりました。

 

クッションや座布団を与えれば犬も喜ぶと思うので、良さげな物を探してあげましょう。

 

ココがポイント

犬の穴掘り場所として、気に入りそうなクッションや座布団を探してあげよう

 

対処法2.「しつけをする」

 

犬が穴掘りのしぐさをするときは、是非しつけを行ってみましょう。

 

しつけを行い、穴掘りしてはダメな場所を教えて行くのです。

 

犬には「ここで穴を掘ってはいけない」という判断はできな為、飼い主がきちんとしつけをして教える必要があります。

 

ソファやクッションで穴掘りするのを、犬はダメとは思いませんからね。

 

何もしつけをしないと、犬はどこでも穴掘りをするようになるでしょう。

 

また、しつけと対処法1を同時に行うことで、より効果が高くなります。

 

犬が穴掘りをしたら、そこはダメな場所だと教えてあげて下さい。

 

ココがポイント

犬にしつけをして、穴掘りをしてはダメな場所を教えよう

 

しつけでは「叱る」を意識する

 

犬のしつけをするときは、「叱る」を意識して下さい。

 

叱るを意識する事で、犬に的確に伝えることができます。

 

犬にしつけをするときは怒鳴ったりビックリさせるのではなく、正しい事を端的に伝えるだけで大丈夫です。

 

しつけは長時間続けても逆効果ですし、怒鳴るのは犬が褒められていると勘違いする可能性もあります。

 

なので、しつけをするときは低い声で「コラ、ダメだよ」と伝えるだけでいいのです。

 

犬にしつけをするときは、分かりやすく端的にですね。

 

ココがポイント

犬の穴掘りをしつけるときは、叱るを意識し端的に伝える

 

対処法3.「ストレスを発散させる」

 

犬が頻繁に穴掘りのしぐさをする場合は、ストレスを発散させてあげましょう。

 

というのも、ストレスが無くなれば、犬は穴を掘らなくなる可能性があるからです。

 

犬はストレスが溜まり気持ちが不安定になると、穴掘りを頻繁にするため、ストレスの発散はとても重要なことです。

 

犬のストレスを発散させる方法

  • 散歩の時間を増やす
  • 毎日少しでも遊んであげる
  • 抱っこや撫でたりと触れ合う
  • 声をかけてあげる
  • 音や臭いなど生活環境を改善する

 

ストレスを発散することで気持ちが落ち着いてきますから、犬はおかしな行動を取らなくなります。

 

その結果、犬は毎日穏やかな気持ちで、過ごせるようになるでしょう。

 

犬が頻繁に穴掘りのしぐさをするときは、犬との接し方を見直してみて下さい。

 

ココがポイント

ストレスを発散させると犬の気持ちは落ち着き、穴掘りをしなくなる

 

対処法4.「他に気を引く物を与える」

 

犬の穴掘りするときは、他に気を引く物を与えて見ましょう。

 

上記を行うことで、犬の気を穴掘り以外のことに向かせられるからです。

 

穴掘りのしぐさは遊びや暇つぶしで行っている可能性もあるため、犬の気を他の物に向かせられたら、穴掘りをやめる場合があります。

 

別の楽しいことがあれば、犬は穴掘りをする必要がなくなりますからね。

 

なので、犬の気を引ける物といえば、「おもちゃ」などがいいと思いますよ。

 

色々な種類のおもちゃを試して、犬が一番遊べる物を見つけてあげて下さい。

 

ココがポイント

穴掘り以外の楽しい事を与えて、犬の気を引きつけよう

 

まとめ:犬の穴掘りを無理にやめさせる必要はない

 

冒頭でも説明しましたが、犬の穴掘りのしぐさを無理にやめさせる必要はありません。

 

穴を掘るしぐさは、どの犬でも見られる行動なため、異常がない限りはやめさせる必要はありません。

 

常同障害など明らかにおかしな行動は別ですが、1日に数回程度なら問題ないのです。

 

穴掘りは習性や本能も関係し、犬にとっては自然な行動なので、全てやめさせるのは難しいでしょう。

 

ある程度の穴掘りのしぐさは、犬の心の安定につながるので、無理にやめさせなくても大丈夫ですね。

 

犬と人がお互いに気持ちよく生活できるように、色々と工夫するといいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA