犬の留守番中の寒さ対策7選!【人間と同じく冬は対策が必須です】

犬の留守番中の寒さ対策って、疑問ですよね。

 

犬にも寒さ対策をは必要なの?

犬の留守番中はどんな寒さ対策がある?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬の留守番中の寒さ対策」を紹介します。

 

この記事の内容

犬の寒さの感じ方を解説

寒さによって引き起こす犬の体調不良

犬の留守番中の寒さ対策7選

 

まずはじめに、冬になったら犬の留守番中は、寒さ対策が必須となります。

 

犬は被毛で覆われているため、寒さに強いイメージがありますが、意外と寒さには弱い動物です。

 

なので、寒さ対策を怠ると、愛犬が辛い思いをしてしまうでしょう。

 

寒さが原因で、体調を崩す可能性もありますから。

 

当たり前ですが、冬ってめちゃくちゃ寒いですよね。

 

家に人が居るときは問題ないですが、人が外出すると暖房を切るため、犬は強烈に寒さを感じるのです。

 

その証拠に、私の犬は冬になると、ストーブの近くや毛布に包まってますからね。

 

なので、愛犬が冬でも温かく過ごせるように、留守番中は寒さ対策を行いましょう。

 

今回は、効果的な寒さ対策を紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬の寒さの感じ方について解説

 

犬、寒さ対策、留守番

 

まずは、「犬の寒さの感じ方」について、簡単に解説します。

 

「犬はどうなふうに寒さを感じているか」を知ると、寒さ対策の重要性が分かるでしょう。

 

犬は人間と同じくらい寒さを感じる

 

結論から話すと、犬は「人間と同じくらい」の寒さを感じています。

 

犬種にもよりますが、近年人気のある犬というのは、寒さにそこまで強い訳ではありません。

 

また、現代では犬を室内で飼うことが多いため、余計に寒さに弱くなっているのです。

 

特に、人気のある小型犬は、寒さにはとても弱いですね。

 

犬は「私たちと同じ寒がりなんだ」と、覚えておくいいでしょう。

 

ココがポイント

犬は人間と同じくらいの寒さを感じるので、寒さ対策は必須!!

 

犬が寒さを感じているかは「仕草」でわかります

 

犬が寒さを感じているかどうかは、仕草を見れば一目瞭然です。

 

というのも、犬は寒さを感じると一定の仕草を取るからです。

 

犬が寒さを感じている時の仕草

体が震える

体を丸める

鼻先を前足に埋める

布やクッションに移動する

ハウスから出てこない

散歩を嫌がる

水分を摂ろうとしない

吠える

 

上記の仕草をとっている場合、犬は寒さを感じています。

 

特に「体が震える」「体を丸める」のは、寒さを感じると頻繁に出る仕草です。

 

なので、犬が上記の仕草を取ったら、寒さ対策をして下さい。

 

愛犬は心の中で、「寒いよ〜」と訴えかけていますよ。

 

ココがポイント

犬が寒さを感じているかは、仕草を見て判断しよう

 

寒さ対策が必須な犬を紹介

 

犬、寒さ対策、留守番

 

ここからは、「寒さ対策が必須な犬」を紹介します。

 

犬の中にも、寒さに強い犬と弱い犬がいるためですね。

 

自分が飼っている犬に合わせて、対策をするといいでしょう。

 

寒さ対策が必須な犬

チワワ

トイプードル

マルチーズ

パピヨン

ヨークシャーテリア

ブルドッグ

ドーベルマン

など

 

以上の犬種は寒さに弱いため、対策が必須となります。

 

これらを見ると、寒さに弱い犬には、ある「共通点」があります。

 

寒さに弱い犬の共通点

  • 小型犬・・・体が小さく筋肉量も少ないため
  • 毛が短い短毛種・・・体温が外に逃げやすく体温を維持するのが得意でないため
  • 原産国が暑い国・・・元々ある寒さへの耐性が低いため

 

上記に該当する犬は、寒さに弱い傾向があります。

 

なので、寒さに弱い犬種を飼っている場合は、特に注意して下さい。

 

冬の留守番中は、犬が快適に過ごせるように、対策が必要となるでしょう。

 

ココがポイント

寒さに弱い犬には共通点があり、愛犬が該当しないか確認しよう(小型犬は要注意)

 

子犬やシニア犬は寒さに弱いです

 

犬種に関わらず、「子犬」「シニア犬」は、寒さに弱くなっています。

 

というのも、子犬やシニア犬は、体温を調整する機能が低いからです。

 

これに例外はなく、どの犬種でも当てはまることです。

 

子犬やシニア犬は、成犬と比べて体温調整の機能が低いため、寒い環境下では体温の維持が難しくなります。

 

人間であっても、子どもや老人というのは、寒さに弱いですよね。

 

犬も同じで、年齢によって寒さの感じ方に、違いがあるのです。

 

また、子犬とシニア犬は免疫力も低いため、寒さによる体調不良にも気を付けましょう。

 

ココに注意

犬は年齢によって寒さの感じ方に違いがある

 

体格によって寒さへの耐性は違う

 

犬は「サイズ・体格」によっても、寒さへの耐性は変わってきます。

 

体格による寒さへの耐性を、下記に表しました。

 

寒さへの耐性順

  •  寒さに強い 大型犬 >> 中型犬 >> 小型犬 寒さに弱い

 

体格が違えば「筋肉量」や「代謝」に差が出るため、寒さの耐性にも違いが出てきます。

 

先ほども説明したように、体の小さい「小型犬」は寒さに弱いです。

 

一方、中型犬から大型犬になるにつれて、寒さへの耐性が高くなりますね。

 

愛犬の体格も考慮して、寒さへの対策をするといいでしょう。

 

ココに注意

犬は体格が小さくなるにつれて、寒さには弱くなる傾向がある

 

犬は被毛の種類でも寒さの感じ方は違う

 

犬というのは「被毛の種類」によっても、寒さの感じ方が違います。

 

ちなみに、被毛の種類には「シングルコート」「ダブルコート」がありますね。

 

そして、寒さに弱いのは「シングルコート」になります。

 

犬の被毛の種類

  • シングルコート = 被毛が1枚・・・寒さに弱い
  • ダブルコート = 被毛が2枚・・・寒さに強い

 

それぞれの被毛を持っている犬種を紹介します。

 

犬種毎の被毛の種類

シングルコート(寒さに弱い) ダブルコート(寒さに強い)
チワワ コーギー
トイプードル シェパード
ダックスフンド ポメラニアン
マルチーズ 秋田県
パピヨン 柴犬

 

ダブルコートの犬は被毛が2枚あるため寒さに強く、シングルコートの犬は被毛が1枚のため寒さに弱くなっています。

 

つまり、被毛の種類によって、寒さへの注意度も変わるということです。

 

愛犬の被毛を調べて、寒さに強いかどうかを判断しましょう。

 

ココがポイント

寒さへの耐性は、愛犬の被毛の種類で知ることが出来る(シングルコートは寒さに弱い)

 

犬を室内で飼っている方は要注意です

 

「犬を室内で飼っている方」は、寒さに注意しましょう。

 

なぜなら、室内犬は寒さにとても弱いからです。

 

現代では大半の方が室内で飼っているので、ほとんどが要注意ですね。

 

室内犬というのは、年中快適な室内で生活しているため、冬の寒さにはとても弱いです。

 

普段から外で生活している犬なら、寒さへの耐性が強いですが、室内犬は別ですね。

 

冬の室内って、めちゃくちゃ寒くなると思います。

 

室内犬は、冬になると室内の温度ですら、寒さを感じてしまうのです。

 

愛犬を室内で飼っている方は、冬の留守番中は、特に注意して下さい。

 

ココがポイント

現代では室内犬が大半を占めているため、寒さ対策は必要になる

 

寒さは犬が体調を崩す原因になる

 

犬、寒さ対策、留守番

 

犬は寒さを長時間受け続けると、体調を崩すことがあります。

 

つまり、寒さは「犬の健康」にも、大きく影響するということです。

 

寒さによって引き起こす体調不良

1. 免疫力低下

2. 関節痛腰痛

3. 泌尿器の不調

 

上記のような体調不良が、犬に現れます。

 

寒さは犬の免疫力低下させる

 

犬は寒さを受け続けると、免疫力が低下してしまいます。

 

理由は、犬の体力が奪われるからです。

 

犬は寒さを受けると、低下した体温を戻そうとして、多くの体力を消費します。

 

体力が奪われると体が弱ってきますから、最終的には免疫力が低下します。

 

そして、免疫力が低下すると菌への抵抗が弱り、風邪などの病気にかかりやすくなるのです。

 

愛犬が病気になったら可哀想なので、寒さを甘く見てはいけませんね。

 

犬は寒さが原因で、免疫力が低下してしまうのです。

 

ココに注意

犬は寒さが原因で免疫力が低下し、風邪などの病気にかかりやすくなる

 

寒さは関節痛や腰痛を引き起こします

 

犬は寒さが原因で、「関節痛」や「腰痛」を引き起こします。

 

というのも、寒さは血行の流れを悪くするからです。

 

体温が低下すると、血行の流れが悪くなるため、関節や腰痛などを引き起こします。

 

人間でも寒い時期は、関節や腰が痛くなりますよね。

 

犬も同様で、寒さを受けると、体の至る所が痛くなるのです。

 

ココに注意

寒さは血行を悪くするため、犬は関節痛や腰痛を引き起こす

 

寒さは泌尿器の不調を引き起こす

 

犬は寒さを受けると、泌尿器に不調が起こります。

 

理由としては、寒いと水を飲む量が少なくなるからです。

 

寒いと水を飲む量が少なくなるため、尿の濃度が濃くなったり、酷いと尿管結石になる場合があります。

 

泌尿器の不調って、想像しただけで辛いです。

 

冬でもきちんと、愛犬に水分を取らせることが大切です。

 

ココに注意

寒い状態だと水を飲む量が減るため、泌尿器系に問題が起きやすくなる

 

犬の留守番中の寒さ対策7選

 

犬、寒さ対策、留守番

 

ここから、本記事のメインである「留守番中の寒さ対策」を、紹介します。

 

少額で効果の高いものを、紹介しますね。

 

犬の留守番中の寒さ対策[

1. エアコンを付けっ放しにする

2. 服を着せる

3. 毛布を用意する

4. 冬用のクッションを用意する

5. ドーム型のベッドを用意する

6. ケージを窓際から離す

7. 湯たんぽを使用する

 

以上が犬の寒さ対策になります。

 

犬の寒さ対策1.「エアコンを付けっ放しにする」

 

留守番中の寒さ対策として、「エアコンを付けっ放しする」があります。

 

なぜなら、エアコンを使えば室内の温度を一定に保てるからです。

 

エアコンは暖房機能もあるため、犬が留守番中でも室内の温度を一定に保てます。

 

また、エアコンは安全性が高いので、人がいなくても付けっぱなしにできます。

 

つまり、エアコンは犬の寒さ対策の中で、一番安全で確実な方法なのです。

 

電源を入れるだけで、部屋の温度を快適にできますからね。

 

自宅にエアコンがある方は、犬の寒さ対策として使ってみるといいでしょう。

 

ココがポイント

エアコンは外出中でも付けっ放しにできるため、犬の寒さ対策に効果的である

 

エアコンは寒さ対策の中で最も安全です

 

エアコンの使用は、寒さ対策の中で「最も安全な方法」になります。

 

なぜなら、高熱を発しないからです。

 

 エアコンは、ストーブやヒータのように高熱を発しないため、火事の危険性が少なく、安全性が非常に高いです。

 

さらに、エアコンは高所に設置しているので、犬がいたずらすることもありません。

 

なので、エアコンは最も安全性が高いのです。

 

ストーブやヒーターは火事の危険があるので、留守番中は怖くて付けっ放しにできませんからね。

 

ちなみに、私は外出中でもエアコンを常に付けています。

 

きっと私の愛犬は、留守番中でも気持ちよく過ごせていることでしょう。

 

犬の寒さ対策には、安全性の高いエアコンを使用して下さい。

 

ココがポイント

エアコンは安全性が高いため、人も犬も安心して寒さ対策ができる

 

犬が快適に過ごせる温度は「20度」です

 

犬が寒さを感じずに、快適に過ごせる温度があります。

 

犬が快適に暮らせる室内温度

・「20度」

 

上記の温度なら、犬は冬でも快適に過ごせます。

 

逆に、室内の温度が20度を下回ってくると、犬は徐々に寒さを感じてくるでしょう。

 

20度という室内温度は、エアコンなどを付けていれば、簡単に維持できます。

 

多くの方は、エアコンを付けっ放しにすると、電気代が心配になりますよね。

 

しかし、20度なら設定温度もそこまで高くないので、電気代を節約できるのです。

 

設定温度を適切にして、「寒さ対策」と「電気代」を両立させましょう。

 

ココがポイント

エアコンの設定温度を「20度」に設定すると、電気代を抑えながら寒さ対策ができる

 

犬の寒さ対策2.「服を着せる」

 

留守番中の寒さ対策として、「服を着せる方法」があります。

 

理由として、服を着せると体温が外に逃げないからです。

 

服には保温効果があるため、愛犬に着せることで、留守番中でも温かく過ごせます。

 

また、犬の服は種類も多いため、購入には困りません。

 

服を着せると、見た目も可愛くなりますから、ファッションとして楽しむのも良いですよ。

 

留守番中の寒さ対策には、「服を着せる」が効果的です。

 

ココがポイント

犬にも服を着せて温かくし、寒さ対策をしよう(ファッションを楽しむのもあり)

 

犬の寒さ対策3.「毛布を用意する」

 

留守番中に「毛布」を用意してあげるのも、寒さ対策になります。

 

というのも、毛布には服と同じように、保温効果があるからです。

 

毛布には保温効果があるため、体温を守り寒さを防ぐことができます。

 

私のポメラニアンも毛布が大好きで、冬の時期は常にくるまっていますね。

 

ちなみに、毛布にくるまっている姿は、とても可愛らしいですよ。

 

毛布はどこでも購入できますし、電源を必要としない安全な方法です。

 

ココがポイント

毛布の温かさを利用して愛犬が快適に過ごせるようにしよう

 

犬の寒さ対策4.「冬用クッションを用意する」

 

犬の寒さ対策として、「冬用のクッション」を用意してあげましょう。

 

理由は、床に対して直に触れるのを防ぐためです。

 

冬の床は非常に冷たく、直に触れると体温が奪われるため、犬が寒さを感じる原因になります。

 

クッションがないと、愛犬は床に近い状態で休むことになりますよね。

 

なので、冬の時期は、生地が厚めのクッションを用意してあげましょう。

 

床との距離が離れるだけでも、かなりの効果が期待できますよ。

 

クッションがあれば、愛犬は留守番中でも、ゆっくりと眠れると思います。

 

ココがポイント

厚めのクッションを用意して、犬が冷たい床に触れるのを防ごう

 

犬の寒さ対策5.「ドーム型のベッドを用意する」

 

犬の寒さ対策として、「ドーム型のベッド」があります。

 

ドーム型のベッドを簡単に説明すると「クッションに屋根が付いたような商品」のことです。

 

こちらを使用すれば、犬は寒さを防ぐことができます。

 

ドーム型のベッドは、犬が中に入ることで保温効果が得られ、留守番中でも温かく過ごせます。

 

これなら、床と外気のから両方から、犬を守れますね。

 

クッションだけでは心配だという方は、ドーム型のベッドを選ぶのもいいでしょう。

 

しかし、デメリットとして、スペースを多少は必要とします。

 

ココがポイント

ドーム型のベッドなら、外気と床からの冷気から犬を守ってあげられる

 

犬の寒さ対策6.「ケージは窓際から離す」

 

犬の寒さ対策として、ゲージは「窓際」から離しましょう。

 

理由としたは、犬を外の外気から遠ざけるためです。

 

窓際というのは、外からの冷気が一番伝わってくる場所で、部屋の中で特に寒い場所です。

 

冬に窓際の近くに行くと、とてもヒンヤリしますよね。

 

なので、ケージは窓際から離して、外の冷気から遠ざける必要があるのです。

 

仮に、窓際の近くで留守番をさせると、犬はもの凄い寒さを感じてしまうでしょう。

 

ケージを置く場所は、窓際を避けて下さい。

 

ココがポイント

窓際は家の中で一番寒い場所なので、ケージの置き場所を遠ざけよう

 

犬の寒さ対策7.「湯たんぽを用意する」

 

犬のために「湯たんぽ」を使うのも、寒さ対策に有効です。

 

というのも、湯たんぽは長時間でも温かさを保つからです。

 

湯たんぽは長時間でも温かさを保つため、留守番中でも犬は寒さをしのげます。

 

使ったことがある人はわかると思いますが、湯たんぽってかなり温かいです。

 

ちなみに、湯たんぽは「安全性」にも優れています。

 

高熱を発しませんし、コードも付いていませんからな。

 

とはいえ、熱湯を入れすぎると犬が火傷するので、温度には注意して下さい。

 

毛布と一緒に湯たんぽも用意すれば、最強の組み合わせだと思います。

 

ココがポイント

湯たんぽは長時間でも温かさを保ってくれる(安全性も高い)

 

寒さ対策をするとき注意点

 

犬、寒さ対策、留守番

 

留守番中に寒さ対策をするときは、必ず注意することがあります。

 

間違った対策をすると、かえって愛犬が危険になるので注意です。

 

犬の安全を確保した上で、寒さ対策をしましょう。

 

熱が発生する暖房機器は使わない

 

犬の留守番中は、「熱が発生する暖房機器」を使ってはいけません。

 

なぜなら、留守番中に火事の危険性があるからです。

 

危険性の高い暖房機器[

ストーブ

電気ヒーター

 

上記は暖房能力が非常に高く、素早く室内を温められますが、火事の危険性がとても高いです。

 

なので、人のいない留守番中は、絶対に使ってはいけません。

 

万が一火事になったら、大変なことになりますからね。

 

ほかにも、犬がヒーターなどに触れると、火傷をする可能性もあります。

 

安全を確保するためにも、熱を発生する暖房機器は、使わないようにしましょう。

 

ココに注意

ストーブやヒーターは火事の危険があるため、犬の留守番中は使用禁止です

 

コードがある物は使わない

 

留守番中に寒さ対策をするときは、「コードがある物」は使わないことです。

 

理由は、犬が噛んだりして感電する危険があるからです。

 

犬はよくコードを噛んで遊んだりするので、コードがある物は使わないのが賢明です。

 

寒さ対策に関わらず、留守番中はコード類を隠した方がいいですね。

 

コードのあるものは、寒さ対策に使ってはいけません。

 

ココに注意

コードがある物は感電の危険があるため留守番中に使ってはいけない

 

まとめ:犬だって人間と同じくらい寒いんです

 

犬とはいっても、冬の時期には寒さ対策が必須です。

 

なぜなら、人間と同じくらいの寒さを感じるからです。

 

犬は人間と同程度の寒さを感じるため、留守番中でも温かく過ごせる環境を、整えてあげる必要があります。

 

人間は冬になると、必ず寒さ対策をしますよね。

 

そうしないと、生きてはいけませんから。

 

犬も同様で、寒さ対策をきちんとして下さい。

 

冬でも温かく過ごして、愛犬が住みやすい家にしてあげましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA