犬の新幹線の乗り方を解説!【周りに配慮を怠ると恥をかきます】

犬を新幹線に乗せる方法って、いまいち分からないですよね。

 

犬って新幹線にどうやって乗せれるの?

犬を新幹線に乗せる方法を一から知りたい?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬の新幹線の乗り方」を解説します。

 

 

この記事の内容

犬を新幹線に乗せるときのルール

犬を新幹線に乗せるときのマナー

犬を新幹線に乗せる方法(手順)

 

以上の内容になっています。

 

まず、結論から話すと、犬を新幹線に乗せるのは「一部のサイズに限り可能」となります。

 

JRでは「犬を新幹線に乗せる決まり」がちゃんとあり、だれでも愛犬と一緒に新幹線に乗ることができます。

 

犬を飼っていると、一緒に遠くの地方まで行ってみたいですよね。

 

そんなときは新幹線を利用すれば、色々な場所を巡れるようになります。

 

しかし、犬を新幹線に乗せるには、必ず守るべき「ルール」や「マナー」があります。

 

決まりを守らないと周りに迷惑がかかり、自分自身が恥をかいてしまうのです。

 

なので、飼い主の方はしっかりと「必要な知識」を身につけて下さい。

 

犬と一緒に、楽しく移動ができたら最高ですよ。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬を新幹線に乗せる料金

 

犬を新幹線に乗せるための「料金」から説明します。

 

後ほど説明しますが、犬を乗せるには「手回品切符」というのを、別途購入する必要があります。

 

そして、犬の手回品切符の料金は下記になります。

 

犬の手回品切符の料金

  • 「280円」(ケース一つの場合)

 

上記の料金は、距離に関係なく一律になります。

 

料金についてはかなり安いため、大きな負担とはならないでしょう。

 

ココがポイント

犬を新幹線に乗せるには「280円」の手回品切符を購入する必要あり

 

犬を新幹線に乗せるためのルール

 

犬、新幹線、乗り方

 

それでは「犬を新幹線に乗せるルール」から、解説していきます。

 

犬を新幹線に乗せるときは、必ず「ルール」がありますから、絶対に知るようにしましょう。

 

これを破ると、あなたは愛犬と一緒に新幹線に乗ることは叶いません。

 

犬を新幹線に乗せるためのルール

1. 犬は手回品扱いとする

2. 乗せられる動物にも制限がある

3. 犬は必ずケースに入れること

4. 数に制限はないが節度ある行動を!!

 

以上の決まりがあります。

 

上記のルールは「JR」が定めていますから、絶対に守るようにしましょう。

 

犬を新幹線に乗せるルール1.「手回品扱いにする」

 

新幹線に乗るとき、犬は「手回品」として扱われます。

 

手回品について簡単に説明します。

 

手回品とは・・・

  • 人以外の荷物や物のこと

 

つまり、犬は新幹線に乗るとき「荷物」や「物」として扱われるのです。

 

犬が物として扱われるのは少し悲しいですが、こればかりは決まりなので、我慢するしかありません。

 

新幹線を利用する初期段階として、まず飼い主は「犬は人間と同じ扱いではない」ことを、理解しておきましょう。

 

ちなみに、犬は有料の荷物として扱われるので、しっかりと料金が発生します。

 

服やお土産などは無料で持ち込めますが、犬は有料なので注意してください。

 

ココに注意

犬は新幹線に乗ると荷物(手回品)として扱われ、きちんと料金が発生する

 

犬を新幹線に乗せるルール2.「乗せられる動物にも制限がある」

 

新幹線では「乗せられる動物」にも制限があります。

 

何の動物でも乗せられる訳ではないので、注意して下さい。

 

新幹線に乗せられる動物

  • 子犬、猫、鳩またはこららに類似する小動物のみ

 

つまり、新幹線には「小さな動物」しか乗せれないのです。

 

なので、「中型犬」「大型犬」など、サイズの大きい犬は新幹線に乗れません。

 

目安としては「ポメラニアン」「トイプードル」などの小型犬に限定されますね。

 

乗せれるかの判断が難しい場合は、「規定サイズのケースに犬が入るか」で、判断するといいでしょう。

 

犬ならなんでも新幹線に乗せれるとは、限らないのです。

 

ココに注意

新幹線に乗せられるのは小動物のみ(小型犬から小さい中型犬まで)

 

犬を新幹線に乗せるルール3.「必ずケースに入れること」

 

犬を新幹線に乗せるには、「規定サイズのケース」に、入れる必要があります。

 

そのまま抱っこしたり、適当なケースでは乗せれなので注意して下さい。

 

新幹線で使用できる犬用のケースサイズ

  • 長さ70cm以内、縦・横・高さの合計が90cm程度のもの
  • ケースと動物を合わせた重さが10kg以内

 

規定サイズの範囲内なら、犬をケースに入れて新幹線に乗せることができます。

 

なので、少しサイズの大きい犬でも、規定内に収まるなら問題ないでしょう。

 

逆に、収まらないなら犬を新幹線に乗せることはできません。

 

新幹線に乗れるかの判断は、「ケースに収まるかどうか」で、判断して下さい。

 

とはいえ、ケースに入るからといって、無理矢理犬を押し込むのはやめましょう。

 

ワンちゃんが可愛そうですからね。

 

愛犬が安心して移動できるように、無理はさせないで下さい。

 

ココに注意

犬用のケースには規定のサイズと重量があり、範囲外の場合は新幹線に乗れない

 

ケースの形状にもルールがあります

 

犬を入れるケースなら、何でも良い訳ではありません。

 

ケースの形状にも、きちんとしたルールがあります。

 

新幹線で使える犬のケース形状

  • 骨組みある・形が崩れない・ロックをかけられる ⭕️
  • 骨組みがない・形が崩れる・ロックをかけられない ×

 

なので、「抱っこするタイプ」「カート」などは、使用禁止になります。

 

大事なことは、「犬が絶対に逃げれないケース」を選ぶことです。

 

犬が逃げたら周りに迷惑がかかり、大変なことになりますからね。

 

「自分の犬は大人しいから」などいった甘い理由は、通用しませんよ。

 

犬を新幹線に乗せるときは、ケースの形状がとても重要になります。

 

ココに注意

犬用のケース形状にも規定があるため購入するときは注意しよう

 

犬を新幹線に乗せるルール4.「数に制限はない」

 

新幹線では「乗車できる犬の数」に制限はありません。

 

先ほど説明した「規定内のケース」に収まるなら、何匹でも乗せることができます。

 

手回品は2つまで持ち込めるので、成犬なら2匹まで乗せることができるでしょう。

 

もし子犬だったら、ケースに入るくらい何匹でも大丈夫です。

 

とはいえ、制限がないからと言って、数十匹も持ち込むのはやめて下さいね。

 

常識のある範囲で新幹線を利用して下さい。

 

ココに注意

新幹線では犬の数に制限はないが常識のある範囲で乗ろう

 

犬と一緒に新幹線に乗るときのマナー

 

犬、新幹線、乗り方

 

犬を新幹線に乗せるときは「マナー」も、知っておきましょう。

 

マナーを知っておくことで、周りに迷惑をかけずに済みます。

 

犬を新幹線に乗せる時のマナー

1. 隣の人に一言伝える

2. 座席に犬を置いてはいけない

3. しつけを行う

4. オムツをはかせる

5. うるさくなった時に備えておく

6. ケースからは絶対に出さないこと

 

みんなが気持ちよく新幹線に利用できるように、しっかりとマナーを身につけて下さいね。

 

犬を新幹線に乗せるマナー1.「隣の人に一言伝える」

 

新幹線では隣のお客さんに「犬を連れていること」を、一言伝えると親切です。

 

この一言があるだけで、あなたの印象はガラリと変わってくるでしょう。

 

犬を連れていることの伝え方

  • 申し訳ありません。私は犬を連れていますがお隣にご一緒しても宜しでしょうか?
  • すみません。私は犬を連れていますので何か不便がございましたらお伝え下さい。

など

 

 

以上のように、一言伝えるだけでも印象が大きく変わります。

 

乗客には「犬が嫌いな方」「アレルギー持ちの方」などがいるため、周りの人たちに最大限の配慮をしましょう。

 

犬がいることを黙っていると、相手が不快な思いをする可能性がありますからね。

 

とにかく相手のことを想って、親切な行動をして下さい。

 

みんなが気持ちよく新幹線に乗るには、「小さな一言」が大事になるのです。

 

最初は恥ずかしいですが、勇気を出して伝えましょう。

 

ココがポイント

新幹線では「犬を連れていること」を隣の乗客に恥ずかしがらず伝えよう

 

犬を新幹線に乗せるマナー2.「座席に置いてはいけない」

 

新幹線では、犬を座席の上に置いてはいけません。

 

なぜなら、犬は手回品となり荷物の扱いになっているからです。

 

新幹線に乗るとき、自分の荷物は「座席の下」や「頭上のラック」に置くのが基本になります。

 

また、新幹線では規定上、一人で複数の席を取ることは禁止されています。

 

なので、車両が空いていたとしても、犬を座席に置いてはダメなのです。

 

マナー違反となるため、常識が無い人だと思われますからね。

 

犬を新幹線に乗せるときは、足元に置くのがベターでしょう。

 

ココがポイント

犬は手回品(荷物)として扱うため座席の下に置くこと

 

犬を新幹線に乗せるマナー3.「しつけを行う」

 

犬を新幹線に乗せるときは、「しつけをすること」がマナーです。

 

理由は、しつけをしないと犬は我慢が出来なくなるからです。

 

しつけをしない犬はワガママな性格になり、何に対しても我慢ができない性格になります。

 

我慢が出来ないと、すぐに吠えたり騒いだりして、周りに迷惑がかかってしまうでしょう。

 

なので、最低限でも「おすわり」「まて」くらいは教えた方がいいですね。

 

犬にしつけをする効果

おすわり:犬を落ち着かせる効果がある

待て:犬を抑止する効果がある

など

 

しつけには上記のような効果があり、犬がうるさくなった時の対処に役立ちます。

 

しつけを教えることは、飼い主のマナーなので絶対に教えましょう。

 

ココがポイント

犬にしつけをして我慢強く人と共存できるようにしよう

 

犬を新幹線に乗せるマナー4.「オムツをはかせる」

 

犬を新幹線に乗せるときは、事前に「オムツ」をはかせて下さい。

 

理由は、犬の排出物の臭いを抑えるためです。

 

オムツがないと、犬が排出したときに臭いが充満して、新幹線の車内がとてもクサくなります。

 

排出物の臭いは強烈なので、他のお客さんの迷惑になりますね。

 

新幹線では食事をしている方もいるので、絶対にオムツは履かせて下さい。

 

犬の排出物の対策は、絶対に怠ってはいけませんよ。

 

ココがポイント

犬の排出物の臭いを抑えるために必ずオムツを履かせよう

 

犬を新幹線に乗せるマナー5.「うるさくなったときの備えておく

 

新幹線では、「犬がうるさくなった時」に備えておく必要があります。

 

なぜなら、何もしていないと大勢のお客さんに迷惑がかかるからです。

 

犬は新幹線に乗ると、慣れない環境に不安や恐怖を感じて、暴れたり吠えることがあります。

 

新幹線の車内は非常に静かなので、犬が発する音は非常に不快です。

 

なので、飼い主は「犬がうるさくなったときの対処法」を知っておくべきなのです。

 

対策法を知っていれば、犬が騒いでも冷静に対処ができますからね。

 

犬の管理をするのも、飼い主の責務ですよ。

 

ココがポイント

犬が新幹線でうるさくなったときの対処法を身につけておこう

 

犬を新幹線に乗せるマナー6.「ケースからは出さないこと」

 

犬を新幹線に乗せるときは、ケースから絶対に出してはいけません。

 

というのも、犬をケースから出すと逃げ出す危険性があるからです。

 

「少しならいいかな」と、甘い考えで出してはいけませんよ。

 

JRでは、「犬を車内で出してはいけない」と決められています。

 

もし犬をケースから出して逃げ出したら、それはもう大変なことになりますよ。

 

新幹線に乗ると犬は興奮するため、他のお客さんを噛む危険性も出てきます。

 

安全に移動する為にも、ルールだけは絶対に守って下さいね。

 

ココがポイント

新幹線では犬をケースから出さずに、外側から観察するようにしよう

 

犬を新幹線に乗せる方法(手順)を紹介

 

犬、新幹線、乗り方

 

最後に「犬を新幹線に乗せる方法」を紹介します。

 

手順に沿って行えば、初めての方でも安心して新幹線を利用できるでしょう。

 

犬を新幹線に乗せる方法(手順)

STEP1. 指定席を取る

STEP2. 犬をケースに入れる

STEP3. 犬用の切符(手回品切符)を購入する

STEP4. 犬の乗車位置は足元にする

 

以上の手順を踏めば、犬を新幹線に乗せることができます。

 

犬を新幹線に乗せるSTEP1.「指定席を取る」

 

犬と新幹線を利用する時に、まず初めに行うことは「指定席」を取ることです。

 

指定席を取ると、犬にトラブルが起きたときでも対処がしやすくなります。

 

そして、指定する席は車両の「一番前か後ろの座席」を取って下さい。

 

車両の一番前か後ろを取るメリット

足下が広く犬のケースを置きやすい

犬がうるさくなったらすぐにデッキへ移動できる

デッキが近くにあり安心感がある

周りへの迷惑を最小限に抑えられる

 

車両の一番前と後ろは移動がしやすく、デッキも近くにあるため、犬にトラブルが起きたときに対処がしやすいです。

 

仮に車両の真ん中になると、身動きが取りづらく、かなり不自由になりますからね。

 

前か後ろに座れるだけで、安心感が全然違うので、絶対に指定席で取るようにましょう。

 

犬と一緒に新幹線に乗るときは「座席取り」が、最も重要になってきます。

 

ココがポイント

新幹線の座席は一番前か後ろを指定席で取ろう(大きな安心感を得られる)

 

犬を新幹線に乗せるSTEP2.「ケースに入れる」

 

新幹線の指定席を取ったら、次は「犬をケースに入れる準備」をしましょう。

 

ケースはすでに持っている物を使ってもいいですし、無いなら購入をして下さい。

 

JRでは「犬を連れて乗るときはケースに入れる」と決められており、必須の手順となります。

 

ケースに関しては、記事の前半で説明したことを参考にしてくださいね。

 

あまり高価なケースは必要ないので、愛犬に合った商品を選ぶといいでしょう。

 

ココがポイント

規定サイズに注意しながら犬用ケースを準備しよう

 

犬を新幹線に乗せるSTEP3.「切符(手回品切符)を購入する」

 

ケースの準備ができたら、次は「犬用の切符」を購入しましょう。

 

犬は荷物として扱われるため、「手回品切符」が必要になります。

 

参考までに手回品切符の画像を載せておきます。

 

引用元:JRおでかけネット

 

 

手回品切符の購入方法

  • 駅の改札口(みどりの窓口でも可)へ行き、駅員さんに「手回品切符を下さい」と伝える

 

もしも分からない時は、駅員さんに質問して下さい。

 

特に難しい内容ではないので、誰でも問題なく購入できると思います。

 

ココがポイント

犬を新幹線に乗せるために「手回品切符」を購入しよう

 

犬が新幹線に乗れるかチェックされます

 

手回品切符を購入する際は、「犬が新幹線に乗れるか」をチェックされます。

 

サイズが大きすぎたりケースが不適切だと、犬を乗せられない場合があります。

 

新幹線で移動する当日は、万が一乗車できないことも考えて、早め早めの行動をとりましょう。

 

時間に余裕があれば、別の移動手段も考えられますからね。

 

犬と一緒に長距離移動をするときは、最悪の事態も想定して行動して下さい。

 

ココがポイント

新幹線に乗るには事前に犬が乗車可能かをチェックされる

 

料金を払って切符を購入する

 

駅員さんにチェックに問題がなければ、料金の290円を払って購入を完了できます。

 

新幹線を待っている間は、犬に声をかけたり撫でたりして、犬を落ち着かせるといいでしょう。

 

購入が終了したら、いつもと同じように新幹線に乗り込みます。

 

ココがポイント

犬用の手回品切符を購入し新幹線に乗り込もう

 

犬を新幹線に乗せるSTEP4.「乗車位置は足元にする」

 

新幹線に乗り込んだら、犬の乗車位置は「足下」が最適です。

 

理由は、犬を観察できるからです。

 

自分の足元なら愛犬の状態をいつでも観察できるため、異常に気付きやすくなります。

 

犬は新幹線に乗ると、慣れない環境のせいで不安や恐怖を感じます。

 

なので、飼い主ができるだけ近くに居てあげて、犬を安心させて下さい。

 

新幹線で犬が騒がないように、乗車位置は足下にしましょう。

 

ココがポイント

犬の乗車位置は自分の足元に置き、愛犬をいつでも観察できるようにしよう

 

まとめ:犬と新幹線に乗るときは事前確認を忘れずに

 

犬と一緒に新幹線に乗るときは、事前に「乗車できるかの確認」をしましょう。

 

というのも、新幹線は混雑していると犬を乗せられない場合があるからです。

 

混雑する時期として、「GW」「お盆」「お正月」などは、犬を乗せれない可能性が出てきます。

 

他にも、台風や地震などの災害が発生したときも、乗車を拒否されますね。

 

なので、確実に犬と乗るためにも、駅に問い合わせて確認をしたほうがいいです。

 

旅行や帰省をするときに、新幹線に乗れなかったら大変ですから。

 

しっかりと準備をして、愛犬と楽しい思い出を作って下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA