犬のダイエット法を徹底伝授!【飼い主の強い気持ちが成功の鍵】

犬のダイエットの方法って、気になりますよね。

 

犬のダイエットを安全に行うには?

犬のダイエットを失敗しない為には?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬のダイエット法」を解説してきます。

 

この記事の内容

犬のダイエットについて解説

犬の肥満度をチェックする方法

犬のダイエット法

 

以上の内容になっています。

 

まず初めに、犬のダイエットで一番大切なことを、お伝えします。

 

それはズバリ「飼い主の強い気持ち」です。

 

犬は自分で「体調の管理」はできないため、ダイエットを成功させるには「飼い主の強い気持ち」が必須になります。

 

「絶対に成功させるぞ」という飼い主の思いなくしては、犬の健康は取り戻せないのです。

 

当然ですが、犬が自分でフード量を調整したり、自発的に運動をすることはありませんからね。

 

なので、飼い主が犬を徹底的に管理し、毎日面倒くさがらず行って下さい。

 

また、ダイエットには運動も必要なため、継続力も大切ですね。

 

「強い気持ち」を持ちつつ、効率的なやり方で目標を達成していきましょう。

 

今回の記事では、「目標を達成するためのダイエット法」を紹介するので、楽しみにして下さい。

 

それでは早速、本文で詳しく解説していきます。

 

犬のダイエットを分かりやすく解説

 

犬、ダイエット、方法

 

記事の前半では、犬のダイエットについて、簡単に解説していきます。

 

簡単ではありますが、かなり重要なことを話しますので、聞いていただけると幸いです。

 

犬のダイエットの目的をしろう

 

行動を起こす前に、まずは「ダイエットをする目的」を、知っておきましょう。

 

目的を知らずにダイエットをすると、途中で挫折する場合があります。

 

犬のダイエットの目的

  • 肥満によって引き起こる疾患を予防するため

 

以上がダイエットの目的になります。

 

肥満は犬の体にさまざまなな影響を及ぼし、最悪の場合、大きな疾患にかかることが考えられます。

 

疾患にかかると犬の生活に支障が出ますから、とても可哀想です。

 

また、治療などで費用や労力もかかるため、飼い主の負担も増えてしまうでしょう。

 

なので、「犬の健康を守るため」にダイエットが必要なのです。

 

もし愛犬が肥満と判断されたら、必ずダイエットして下さいね。

 

ココがポイント

ダイエットの目的は犬の疾患を予防し、、毎日を快適で楽しく生活させる為

 

犬の肥満はなぜ起きるのか?

 

犬が肥満にならなければ、そもそもダイエットは必要ありません。

 

それでは、なぜ犬は肥満になるのでしょうか?

 

犬の肥満原因は、ほとんどが「飼い主」にあると言われています。

 

犬の食べる物はすべて「飼い主から得ている物」であるため、犬が肥満になるのは「飼い主の管理不足」な場合が多いです。

 

例えば、おやつを与え過ぎたり人間の食べ物を与えると、犬はすぐに肥満になります。

 

私の経験で、一時期多めにフードを与えていたのですが、目に見えて太っていきましたね。

 

野生の犬は例外として、ペット犬は飼い主の行動次第で、肥満度が変わってくるのです。

 

もし愛犬が肥満と判断されたなら、今一度、食の与え方を見直す必要があるでしょう。

 

ココに注意

犬の肥満は飼い主の管理不足が原因であり、食の与え方を見直す必要がある

 

犬は肥満になるとどうなる?

 

ダイエットの前に、「犬の肥満によるリスク」を知っておきましょう。

 

リスクを知ることで危機感を持ち、犬の健康と向き合うことができます。

 

そして冒頭でも説明しましたが、犬は肥満になると「疾患」にかかりやすくなります。

 

犬の肥満に伴う疾患例

分類 疾患名
代謝の変化に伴う疾患 高脂血症、合併症
内分泌障害に伴う疾患 糖尿病、甲状腺機能低下症
体の機能に伴う疾患 関節痛、筋肉痛、高血圧、
その他疾患 関節軟骨の磨耗、関節症、血管の疾患

 

上記のような疾患にかかりやすくなります。

 

肥満は犬の体にさまざまな疾患を引き起こし、放置すると犬の生活に支障をきたすようになります。

 

なので、愛犬の肥満に気付いたときは、必ず危機感を持って対応しましょう。

 

いつまでも放置すると、犬の寿命を縮めるかもしれませんからね。

 

肥満のリスクを知り、ダイエットの重量性を理解して下さい。

 

ココに注意

犬は肥満になると重大な疾患にかかりやすくなり、生活に支障をきたすようになる。

 

ダイエットをしてよいのは「健康な成犬」だけです

 

ダイエットをして良いのは「健康で成犬な犬」に限られます。

 

なぜなら、体に不安のある犬にダイエットをすると「健康を害する恐れ」があるからです。

 

ダイエットをしてはダメな犬

  • 子犬
  • 持病のある犬
  • 体が弱っているシニア犬
  • 妊娠・授乳期のメス犬

 

以上のような犬は、ダイエットをしてはいけません。

 

体に不安のある犬にダイエットをさせると、成長の妨げや栄養不足などの理由で、健康を害する恐れがあります。

 

例えば、「子犬」「妊娠期のメス犬」などにダイエットをさせるのは、大変危険ですからね。

 

また、体が弱って食事が取りづらくなっているシニア犬」も、同様です。

 

ダイエットは基本的に「健康な成犬」にだけ行いましょう。

 

ココに注意

ダイエットをしてよいのは「健康な成犬」のみ(安全面を考慮すること)

 

ダイエットは飼い主が徹底して管理すること

 

犬にダイエットをするときは、必ず「飼い主が徹底した管理」をしてあげましょう。

 

冒頭でも説明しましたが、犬は自分で食事の管理をできないからです。

 

犬は自身が肥満であることや、ましてや食べ過ぎを起こしている事も判断できないため、「飼い主が徹底した管理」をしてあげる必要があります。

 

飼い主が、フード量から食べる物までを全て管理することで、犬のダイエットは成立するのです。

 

犬に任せていたら、いつまで経っても肥満は解消されませんからね。

 

犬のダイエットは「飼い主の管理能力」がとても重要になるでしょう。

 

ココがポイント

犬のダイエットを成功させるには、飼い主が「フードの量」「食べる物」などを徹底管理しよう

 

犬の体重を人間に置き換えてみよう

 

犬の体重を人間に置き換えてみると、ダイエットのイメージを掴みやすくなります。

 

数グラムの体重を減らすと言われても、ピンときませんからね。

 

犬の体重を人間に置き換えると、以下のようになります。

 

犬の体重を人間に置き換えた場合

  • 犬の体重=人間の1/5〜1/10程度

→ 例:6〜12kgの犬=60kgの人間

 

犬を人間の体重に置き換えると、上記のようなイメージになります。

 

つまり、犬にとって3〜5kgのダイエットというのは、とても大きな数値なのです。

 

犬のダイエットを人間に置き換えると15〜50kgもの減量になるので、とても過酷な挑戦であるといえます。

 

犬の数キロを甘く見ずに、危機感を持ってダイエットを行って下さい。

 

ココに注意

犬のダイエットを人間に置き換えると、数十キロの減量になる

 

犬にも太りやすい体質ってある?

 

犬にも人間と同じような「太りやすい体質」はあると思いますか?

 

結論としては、「個体差による」としかいえませんね。

 

犬の太りやすさは「運動量」「基礎代謝」など、複数のことが関係してくるため、個体差によって変わってきます。

 

当然ですが、食べ物を食べすぎている犬程、太りやすくはなりますね。

 

犬の一口というのは、人間が思っているよりも多い量ですから、食べ物の与え方には注意しなければなりません。

 

また、去勢や避妊をした犬も、通常より太りやすいと言われています。

 

体質も大事ですが、犬の太りやすさは毎日の生活の仕方で、変わってくるのです。

 

ココに注意

犬の太りやさは個体差によって異なり、毎日の生活の仕方で大きく変わる

 

犬の肥満を予防するには?

 

犬の肥満は、毎日の行動を少しだけ変えるだけで、確実に予防できます。

 

些細なことですが、意外と効果は高いですよ。

 

犬の肥満を予防する方法 

  • フードの量を適量にする
  • フードの回数を増やす
  • 間食を抑える
  • 毎日少しでも運動をさせる
  • 遊んであげる
  • ストレスを溜めない

 

上記のことを少しずつ意識することで、犬の肥満は予防できます。

 

フードの量を適量にし、毎日少しだけ運動するだけでも、犬の肥満は予防できます。

 

他にも、フードの回数を増やしたり室内で遊んであげるのも、効果的です。

 

そこまで難しくないので、犬を飼っている方は覚えておいて損はないでしょう。

 

ココがポイント

犬の肥満は毎日の行動を少しずつ変えるだけ予防できる

 

犬の肥満度をチェックする方法

 

犬、ダイエット、方法

 

ダイエットをする前には、必ず「犬の肥満度」をチェックしましょう。

 

なぜなら、肥満度によってダイエットの必要性が変わってくるからです。

 

自分の犬は肥満なのかを判断して、適切な対処をして下さい。

 

犬の肥満のチェック方法(BCS)

犬の肥満度はボディコンディションスコア(BCS)によって分けられる

BCS 見分け方
 

 

BCS1:痩せすぎ

・肋骨や腰の骨のラインが浮き出している

・横から見ると腹部が巻き上がっている

・上から見ると腰が砂時計のようにくびれている

・しっぽの付け根がくっきり見える

 

BCS2:体重不足

 ・肋骨や腰の骨をさわれる

 ・横から見ると腹部の脂肪が空くなる巻き上がっている

 ・上から見ると腰がくびれている

 

BCS3:理想体重

・脂肪が体全体に適度についている

・肋骨や腰の骨に触れたときに脂肪がある

・上から見たときに若干のくびれがある

 

BCS4:体重過剰

・脂肪に覆われており肋骨にさわれない

・骨格の尖った部分にかろうじてさわれる

・上から見たときに腰にくびれがなく背中が横に広がっている

 

BCS5:肥満

・厚い皮下脂肪に覆われており肋骨にさわれない

・尾の付け根がわからない

・横から見ると腹部が脂肪で垂れ下がっている

・上から見ると樽の形に広がって見える

※BCS4・5の場合はダイエットを必要とする

 

上記のように「見た目」「さわった感触」などで、犬の肥満を判断しましょう。

 

ちなみに、肥満度は理想体重から計算してチェックする方法もありますが、素人には難しい思います。

 

なので、今回紹介した方法を使って自分でも犬の肥満度を、ある程度把握しておいて下さい。

 

より正確にチェックしたい場合は、近くのショップや病院を頼るのもいいでしょう。

 

ココがポイント

犬の肥満度は「見た目」「感触」から自分でもチェックできる(正確に判断するなら病院にいく)

 

犬のダイエット法を徹底伝授

 

犬、ダイエット、方法

 

それでは、メインテーマである「犬のダイエット法」を紹介していきます。

 

正しいやり方を知り、安全にダイエットを行って下さいね。

 

犬のダイエット法5選

1. ドッグフードを適量にする

2. 食事の回数を増やす

3. おやつを減らす(中断する)

4. ドッグフードをダイエット用にする

5. 毎日適度な運動をする

 

犬のダイエットには、上記のような方法があります。

 

犬のダイエット法1.「ドッグフードを適量にする」

 

犬のダイエット法には、「ドッグフードを適量にする」があります。

 

もしあなたが、犬のフードを適当に与えているなら、今すぐ適量で与えて下さい。

 

犬のフード量は、多すぎても少なすぎてもダメで、きちんと計量して適量を与えることが大切です。

 

食べ過ぎは肥満の最大の敵であり、ダイエットをするなら一番に改善することです。

 

なので、犬のダイエットでは、まず初めに「フード量が適量」になるように調整をしましょう。

 

食べ過ぎている犬に限りますが、フードを適量にするだけで、犬の体重は落ちる可能性があります。

 

ココがポイント

犬のフード量を適量に調整するだけでも、大きなダイエット効果がある

 

フードの量を急激に減らすのはNGです

 

犬のフード量を減らす場合は、一度に急激に減らすのはやめて下さい。

 

なぜなら、犬の健康を害する恐れがあるからです。

 

フードの量を急激に減らすと、栄養不足を起こしたりストレスが溜まったりして、犬の健康を害する恐れがあります。

 

今までたくさん食ていたのに急に量が減ったら、犬が可哀想ですからね。

 

また、量を急激に減らすと空腹時間が長くなり、犬にストレスがたまります。

 

フード量を調整するときは極端に減らすのではなく、「適量」にするだけで十分でしょう。

 

ココに注意

フードの量を急激に減らすのは危険なので、絶対にしないこと

 

すぐに食べきったからと言って不足ではない

 

犬がフードをすぐに食べ切ってしまと「量が足りないのかな?」と思ってしまいますよね。

 

しかし、これは量が不足している訳ではありません。

 

犬というのは「食事を楽しむ」「味わって食べる」ことはしないため、食べるスピードが早いからといって、量が足りない訳ではありません。

 

食事を楽しむのは人間だけで、犬にとっての食事は「生きるための行動」にしか過ぎません。

 

なので、フードを速攻で食べきったからといって、量を追加する必要はないでしょう。

 

適量以上を与えてしうと、逆に肥満の原因になったりしますよ。

 

ココに注意

犬がフードをすぐに食べきったとしても、量は追加しないこと

 

犬のダイエット法2.「食事の回数を増やす」

 

犬のダイエットでは、「食事の回数を増やす」のも効果的です。

 

理由としては、空腹の時間を短くできるからです。

 

食事の回数を増やすと犬の空腹時間が短くなり、ダイエットの効果を高めることができます。

 

食事を小まめに取ると、血糖値の急激な上昇も防げるため、脂肪が付きにくくなるからです。

 

また、食事は回数の多い方が、太りにくくもなりますね。

 

お相撲さんの話ですが、食事を一日2回にして、体を太らせる話をよく聞きますよね。

 

ただし、食事を小まめにする際は注意することがあり、回数は増やしていいですが「量」は変えないで下さい。

 

1日に必要な量は変えずに、回数を分割して与えるのです。

 

犬の食事回数をコントロールして、ダイエットを行う方法ですね。

 

ココがポイント

犬の食事回数を増やして犬を痩せやすい体質に変えよう

 

犬のダイエット法3.「おやつを減らす(中断する)」

 

犬にダイエットをするなら、「おやつの量を減らす又は中断する」ようにしましょう。

 

なぜなら、おやつは食べ過ぎの原因になるからです。

 

犬のおやつは「保助食」としてならいいですが、ダイエットを目的とするならは無理に与える必要はありません。

 

ダイエット中におやつを与えると、フード量を調整した意味がなくなりますから。

 

もしも急にやめるのが可哀想なときは、毎日少しずつ量を減らすのもいいでしょう。

 

飼い主も心を鬼にして、ダイエット中はおやつを中断するようにして下さい。

 

ココがポイント

ダイエット中は犬のおやつを中断し、ドッグフードで栄養を取らせよう

 

犬のダイエット法4.「フードをダイエット用にする」

 

犬のフードを「ダイエット用に切り替える」のも、方法の一つです。

 

というのも、ダイエット用のフードはカロリーが低く作られているからです。

 

ダイエット用のフードは、通常とは別の材料が使われており、カロリーが低めに作られています。

 

カロリーが低いので、フードの量をそこまで減らさなくても、ダイエットができます。

 

現在は色々な種類のフードが売られていますから、購入に困ることはないですね。

 

切り替えるだけでダイエット効果があるため、試してみる価値は十分にあるでしょう。

 

ココがポイント

ダイエット用のフードはカロリーが低く、切り替えるだけで効果がある

 

ダイエットでは缶詰も試してみよう

 

犬のダイエットには、「缶詰」のフードも効果的です。

 

なぜなら、通常のフードよりもカロリーがとても低いからです。

 

缶詰のフードは、通常のフードよりもカロリーが1/3に抑えられており、ダイエットには非常に効果的です。

 

味や匂いもそれなりに作られてますから、ワンちゃも美味しく食べてくれると思います。

 

とはいえ、デメリットもあり、缶がゴミとして出ますし価格も高価になっています。

 

また、種類も「保管用」「保助食用」などあるため、購入するときは注意が必要ですね。

 

注意点を理解しながら、正しい方法で使用して下さい。

 

 

ココがポイント

缶詰のフードはカロリーがとても低いので、ダイエットには大変有効的!!

 

犬のダイエット法5.「毎日適度な運動をさせる」

 

犬のダイエットでは、必ず「運動」を取り入れて下さい。

 

運動もフードの調整と同じように、ダイエットには必要不可欠なことです。

 

運動は、犬の体に溜まった脂肪を燃焼させ、脂肪を筋肉に変えますから、ダイエットには必ず必要なことです。

 

また、筋肉量がアップすると代謝も上がるため、痩せやすい体質になります。

 

つまり、運動はダイエットの効率を飛躍的に向上させるのです。

 

犬をダイエットさせるときは、「フードの調整と運動」をセットで行って下さいね。

 

ココがポイント

運動はダイエットの効率を向上させ、健康的に体重を減らすことができる

 

ダイエットに効果的な運動とは?

 

運動をするとは言っても、がむしゃらに体を動かせばいい訳ではありません。

 

必ず効果的な運動を取り入れて、ダイエットを行うようにしましょう。

 

ダイエットに効果的な運動

  • 散歩の距離を長くする
  • 散歩コースに坂道を入れる
  • 歩くスピードを少しあげる
  • おもちゃで遊んであげる
  • 泳ぐ運動を取り入れる
  • ドッグランに連れていく

 

以上の方法なら、日常の中で自然と運動ができるようになります。

 

ダイエットでは、「激しく負荷のかかる運動」は必要なく、「ゆっくりとじんわり負荷のかかる運動」が必要です。

 

負荷が少しずつかかる運動は「持久力のある筋肉」が身につきますから、より脂肪が燃焼しやすくなります。

 

逆に激しい運動をさせると、関節などを痛める可能性もありますから注意して下さい。

 

ダイエットでは、ゆっくりじんわり負荷のかかる運動を意識しましょう。

 

ココがポイント

ダイエットでは「急な運動」ではなく、「静の運動」を心がけよう

 

運動は毎日少しずつでも行おう

 

犬のダイエットをするときは、毎日少しずつで運動をするようにしましょう。

 

なぜなら、習慣付けをさせるためです。

 

これは、犬のためと言うよりも、飼い主に必要なことですね。

 

ダイエットを成功させるには、毎日少しでも運動をさせて「習慣付け」をし、継続力を養うことが大切です。

 

飼い主が途中でやめてしまったら、ダイエットはいつまでも成功しませんからね。

 

毎日運動をするのは大変ですが、こればかりは強い気持ちを持って、続けるしかありません。

 

初めのうちに運動をする習慣を身につけ、継続力を養いましょう。

 

ココがポイント

運動をする習慣を身につけ、ダイエットを継続して行えるようになろう

 

ダイエットの適切な運動量とは?

 

犬の運動は、一日どれくらいすればいいと思いますか?

 

特に決まった答えはありませんが、目安としては「1日30分」の運動は必要でしょう。

 

ダイエットの運動量は、少なすぎても効果が薄くなりますし、多すぎても心と体に負担がかかります。

 

なので、飼い主と犬が「ムリなく続けられる運動量」を見つけるしかないのです。

 

私の感覚ですが、目安として「1日30分」なら、継続して運動できると思いますよ。

 

これ以上少ないのは意味がありませんし、多くなっても長続きしませんからね。

 

犬と一緒に運動をするときは、毎日継続できるギリギリの範囲を見極めましょう。

 

ココがポイント

ダイエットで運動をするときは、ムリなく続けられる範囲で行おう

 

犬のダイエットをするときは必ずプロに相談して下さい

 

犬、ダイエット、方法

 

犬のダイエットを素人だけで行うのは難しいので、始める前にはプロの方に相談しましょう。

 

プロに相談すれば、安全で確実な方法を教えてもらえるからです。

 

犬のダイエットは、「体重の計算」「フード量の計算」「適正体重の見極め」など、難しい内容が盛り沢山です。

 

自分だけで行うのも不可能ではありませんが、それなりの専門的な知識が必要ですからね。

 

なので、自分だけの判断だけでは行わずに、必ずプロに相談をするべきでしょう。

 

肥満は生活習慣病ですから、なるべく病院を受診する方が安心だと思います。

 

犬が辛い思いをしないように、安全で確実な方法で行ってくださいね。

 

ココがポイント

犬のダイエットは事前にプロへ相談をして、安心確実な方法を教えてもらおう

 

ダイエットに最も必要なことは継続なり

 

犬のダイエットを成功させるのに、最も必要なことは「継続」です。

 

なぜなら、ダイエットは毎日行わないと効果が現れないからです。

 

ダイエットは、日々の努力の積み重ねにより効果が発揮されるため、継続なくしての成功はあり得ないでしょう。

 

体重というのは、毎日継続してコツコツ行うことで減っていくのです。

 

1日や2日やったくらいじゃ、ダイエットとはいえませんからね。

 

飼い主の強い気持ちで継続し、必ずやダイエットを成功させましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA