犬が好き嫌いをする時の対処法6選【甘ったれた生活を抜け出そう】

犬の好き嫌いの対処法って、気になりますよね。

 

犬はどうして食べ物の好き嫌いをするの?

犬の好き嫌い無くすにはどうすれば良い?

 

今回は上記の疑問にお答えして「犬が好き嫌いをする時の対処法」を、紹介していきます。

 

この記事の内容

犬の好き嫌いを簡単に解説

犬が好き嫌いをするときの対処法6選

 

以上の内容になっています。

 

まず結論から、犬が好き嫌いをするのは「飼い主の食べ物の与え方」に問題があるからです。

 

飼い主が犬に対して、複数の食べ物を与えてしまうと、犬は色々な味を覚えてしまい、好き嫌いをするようになります。

 

あなたは犬に対して、必要以上に食べ物を与えていませんか?

 

犬の物欲しそうな顔を見ると、ついつい食べさせたくなる気持ちは分かります。

 

私も以前は犬が可愛すぎて、たくさん食べ物を与えてました。

 

ですが、それこそが犬の好き嫌いを起こしてしまう原因なのです。

 

犬というのは食べれる物が限定されますから、複数の種類の食べ物を与えてはいけないのです。

 

体に合わない物を食べると、健康を害する恐れも出てきますからね。

 

なので、今回は犬の好き嫌いについて解説し、対処法も合わせて紹介します。

 

犬がごはんを食べなかったり、残すときの参考にして下さいね。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬の好き嫌いについて簡単に解説

 

犬、好き嫌い、対処法

 

まず初めに「犬の好き嫌い」について、簡単に解説していきます。

 

犬の食への価値観や、好き嫌いの原因などを紹介していくので、今後の役に立てて下さい。

 

犬の好き嫌いについて

1. 犬は味に飽きることはない

2. 食材の与え過ぎは健康を害する

3. 好き嫌いする原因はおやつの与え過ぎ?

4. 人間の食べ物を与えるのは絶対にNG

5. 犬が好き嫌いをしても他の食べ物を与えないこと

6. 好き嫌いならお腹が空けば自然と食べる

7. 飼い主も毅然とした態度をとる

 

以上の順番で説明していきます。

 

犬は味に飽きることはない

 

犬というのは基本的に「味に飽きることはない」と言われています。

 

なぜなら、味を楽しむのは人間だけの特徴だからです。

 

食材の味を楽しむのは人間だけの特徴であり、犬は元々野生の動物ですから、味に対して飽きることはありません。

 

犬は同じ物を延々と食べ続けられますし、ドッグフードだけでも十分に栄養を取れます。

 

ごはんを好き嫌いすると「味に飽きたのかな」と考えますが、それは大きな間違いなのです。

 

犬と人の食への価値観を、一緒にしてはいけませんね。

 

ココがポイント

犬は食べ物の味に飽きないため、毎日同じ物を与えても問題ない

 

食材の与え過ぎは犬の健康を害します

 

犬に色々な食べ物を与えたくなる気持ちは分かりますが、そこは一旦我慢しましょう。

 

というのも、犬は複数の食材を食べると、健康を害する恐れがあるからです。

 

犬に複数の食材を与えてしまうと、偏食や肥満の原因になり、健康を害することがあります。

 

また、犬には体に合わない食べ物もあるため、消化の負担にもなります。

 

色々な食材から栄養を取れるのは人間だけなので、犬には毎日決まった食べ物を与えましょう。

 

良かれと思って食べさせることは、犬には逆効果になるのです。

 

ココに注意

犬に複数の食材を与えると、体に合わなくて健康の悪影響になる

 

好き嫌いはおやつの与え過ぎが原因?

 

犬が好き嫌いを起こす1番の原因はなんでしょうか?

 

考えられる理由として、「おやつの与え過ぎ」があります。

 

犬はおやつを食べ過ぎると、それだけでお腹が一杯になり、ごはんを食べ残したり好き嫌いをすることがあります。

 

例えばですが、人間でもお菓子ばかりを食べて、ごはんを好き嫌いする人っていますよね。

 

犬も同じで、おやつは味にバリエーションがありますから、そちらを好むのでしょう。

 

おやつを与え過ぎると犬は味を覚えてしまい、好き嫌いが激しくなりますね。

 

おやつは程々にして、きちんとドッグフードを食べさせて下さい。

 

ココに注意

犬におやつを与え過ぎると色々な味を覚えてしまい、好き嫌いが酷くなる

 

犬に人間の食べ物を与えるのは絶対にNGです

 

犬に対して人間の食べ物を与えてはいけません。

 

なぜなら、犬の体に害となるからです。

 

犬にとって人間の食べ物は、味が濃過ぎたり食材が体に合わなくて、健康を害する恐れがあります。

 

犬と人間では、味覚や消化機能に違いがありますからね。

 

人間の食べ物は人に美味しく作られていますから、犬には当然合わないのです。

 

あまり与えすぎると味覚が変化して、ドッグフードを食べなくなる場合もあるでしょう。

 

自分が食事をしていて犬が欲しそうな顔をしても、食べ物を与えてはいけませんよ。

 

ココに注意

人間の食べ物は犬の体に合わないので、興味本位でも与えてはいけない

 

犬が好き嫌いしても他の食べ物を与えないこと

 

犬が好き嫌いをしてごはんを食べなかったとしても、他の食べ物を与えてはいけません。

 

理由としては、好き嫌いが酷くなるからです。

 

好き嫌いをした時に他の食べ物を与えるのは、犬のわがままを受け入れる事と同じで、好き嫌いを悪化させる原因です。

 

上記を繰り返すと、犬は次第に「これを食べなければ他の食べ物が出てくる」と認識してしまいます。

 

つまり、犬が更にわがままになり、好き嫌いが悪化してくのです。

 

犬がごはんを食べないと「大丈夫かな」と心配になりますが、そこは一旦考えましょう。

 

飼い主の行動次第で、犬の好き嫌いは変わっていきます。

 

ココに注意

犬のわがままを受け入れると好き嫌いが悪化するので、食べ物は慎重に与える

 

好き嫌いならお腹が空けば自然と食べます

 

犬というのは、お腹が空けばごはんを自然と食べてくれます。

 

なぜなら、生きるためには目の前の物を食べるしかないからです。

 

犬が好き嫌いをしても、お腹を空かせていたら目の前に出された物を食べるしか、生きる道はありません。

 

好き嫌いというのは、犬が空腹になる前に飼い主が甘やかして、食べ物を与えるからダメなのです。

 

病気が原因で食べれない場合は例外です。

 

しかし、好き嫌いをしているときは食べ物をあれやこれやと、必要以上に与える必要はないでしょう。

 

犬の好き嫌いをなくすには、飼い主と犬の我慢比べです。

 

少し荒療治ですが、この方法が好き嫌いをなくす1番の近道になります。

 

ごはんを自然と食べるまで、飼い主は毅然とした態度で犬を見守って下さい。

 

ココがポイント

犬が空腹に耐えきれずごはんを食べるまで、飼い主も辛抱強く耐えよう

 

犬が好き嫌いするときの対処法6選

 

犬、好き嫌い、対処法

 

それでは「犬が好き嫌いするときの対処法」を紹介していきます。

 

正しい方法と飼い主の毅然とした態度があれば、犬の好き嫌いは必ずなくなるでしょう。

 

犬としては今まで食べれていた物がなくなるので、辛いとは思います。

 

しかし、犬の健康を守る意味でも、心を鬼にしてやり遂げましょう。

 

犬が好き嫌いをするときの対処法

1. おやつを減らす(もしくは止める)

2. ごはんを食べるまで与え続ける

3. 運動をさせる

4. ドッグフードを切り替える

5. ドッグフード以外の食べ物を与えない

6. 食べ終わった後に褒める

 

以上の方法で、犬の好き嫌いを改善していきます。

 

好き嫌いの対処法1.「おやつを減らす(もしくは止める)」

 

犬の好き嫌いの対処法として、「おやつを減らす」があります。

 

もしくは、減らすのではなく「止めてしまう」のも、一つの手でしょう。

 

理由としては、お腹を空かせてごはんをしっかりと食べるようになるからです。

 

おやつを止めると犬は適度な感覚で空腹になるため、ごはんを好き嫌いせずに食べるようになります。

 

犬も空腹になれば好き嫌いなど関係なしに、目の前のごはんを食べるしかありません。

 

おやつでお腹を満たすのではなく、きちんとドッグフードで腹を満たすべきでしょう。

 

犬が好き嫌いをするときは、おやつの量を調整して犬を空腹にして下さい。

 

ココがポイント

おやつを減らすことで犬は空腹になり、ごはんをしっかりと食べるようになる

 

好き嫌いの対処法2.「ごはんを食べるまで与え続ける」

 

犬の好き嫌いの対処法には、「ごはんを食べるまで与え続ける」があります。

 

というのも、上記を行うと「犬に他の食べ物がないことを理解させれるから」です。

 

犬が好き嫌いをするときは、同じ食べ物を繰り返し与えて、他の食べ物がないことを理解させましょう。

 

他の食べ物が無いことがわかると、犬も出された物を食べるしかありません。

 

生きるためには好き嫌いなど言ってられませんからね

 

好き嫌いというのは、他の選択肢があるからするのです。

 

選択肢を限定し犬の本能に訴えかけ、好き嫌いを直していきましょう。

 

ココがポイント

同じ食べ物を何度も与えて、犬に他の選択肢がないことを理解させよう

 

犬に危機感を持たせるため時間制限を決めよう

 

先ほど説明した対処法2を行うときは、一つポイントがあります。

 

それは、「時間制限を決めること」です。

 

なぜなら、時間制限を与えることで「犬に危機感を持たせられるから」です。

 

決めた時間内に犬がごはんを食べなかったら、ごはんを下げて下さい。

 

犬が好き嫌いをする時のごはんの与え方(時間制限あり)

 

①犬にごはんを与える

 

↓ 食べない場合

 

②30分経過したらごはんを下げる

 

↓ 30分経過

 

③再度同じごはんを与える

 

↓ 食べない場合

 

①〜③を繰り返す(お腹が空けば食べる)

 

上記のように時間制限を決めると、犬は危機感を持ってごはんを食べるようになります。

 

犬も危機感を持てば、ごはんを出された時点で必死に食べようとします。

 

今までの好き嫌いをしていた甘ったれた生活が一変するわけですから、犬も相当焦るでしょう。

 

犬の好き嫌いをなくすには、飼い主も厳しく接するようにして下さい。

 

ココがポイント

ごはんに時間制限を決めて、「食べないと無くなってしまう」という危機感を犬に持たせよう

 

好き嫌いの対処法3.「運動をさせる」

 

犬の好き嫌いの対処法には、「運動をさせる」があります。

 

運動をさせ犬を空腹にすることで、食事を促していくのです。

 

運動をさせるとエネルギーを消費し、犬はお腹を空かせますから、好き嫌いせずにごはんを食べてくれます。

 

犬がお腹を空かせるための運動

  • 散歩
  • 部屋の中で遊ぶ
  • しつけをする

 

上記のように、とにかく犬を疲れさせて、お腹を空かせればいいのです。

 

体を動かすのもいいですが、頭も使わせてお腹を空かせるのも効果的でしょう。

 

空腹は最高のスパイスですから、犬も美味しくごはんを食べてくれる思いますよ。

 

ココがポイント

適度な運動をさせて、犬を空腹にしてからごはんを食べさせよう

 

好き嫌いの対処法4.「ドッグフードを切り替える」

 

犬の好き嫌いの対処法には、「ドッグフードを切り替える」があります。

 

なぜなら、犬がごはんを食べないのは、フードが合わない可能性があるからです。

 

ここまで紹介した方法を試しても好き嫌いが直らないなら、フードが合わずに食べれない可能性があります。

 

合わないフードをムリに食べさせるのは、犬が可哀想です。

 

なので、好き嫌いが原因でないなら、すぐにフードを切り替えてあげましょう。

 

ほかの種類のフードなら、元気に美味しく食べれるかも知れませんからね。

 

ココがポイント

ごはんを食べない原因が好き嫌いでないなら、すぐにフードに切り替えよう

 

好き嫌いの対処法5.「人間の食べ物を与えない」

 

犬の好き嫌いをなくすために、まず行うことは「人間の食べ物を与えないこと」です。

 

理由としては、好き嫌いを助長してしまうからです。

 

人間の食べ物は味が濃く作られており、犬の好き嫌いを助長させるので、絶対に止めましょう。

 

犬には犬の食べ物が一番です。

 

良かれと思って人間の物を与えてしまうのは、症状を悪化させる原因になります。

 

犬の好き嫌いを直すには、飼い主の行動を見直すことも必要なのです。

 

ココがポイント

人間の食べ物を与えてるのは一切やめて、ドッグフードをしっかり食べさせよう

 

好き嫌いの対処法6.「食べ終わった後に褒める」

 

最後の対処法は、「犬がごはんを食べ終わった後に褒める」です。

 

食べた後に褒めることで、「食べる事が楽しい」と、犬に認識させていきます。

 

褒めてあげると、犬にとってごはんが「楽しいこと」に変わり、積極的に食事を取るようになります。

 

犬としては「これを食べれば飼い主に褒めてもらえる」と、思うようになるでしょう。

 

ごはんが楽しいことに変われば、犬も率先して好き嫌いせずに食べてくれます。

 

さらに、褒めることは主従関係を気付く上でも、非常に大切なことです。

 

一石二鳥の方法なので、是非試してみて下さい。

 

ココがポイント

褒められると、犬はごはんを食べることが楽しい時間になる

 

食べ残しが続くようなら早めの受診を

 

犬の食べ残しがしばらく続くようなら、早めに病院を受診して下さい。

 

病気にかかっていたり、ストレスを感じている場合は、早期の発見が必要になるからです。

 

長期的な食べ残しは体に異変が起きている場合が多く、何かしらの兆候の可能性が高いでしょう。

 

犬は言葉を話せませんから、病気を見つけるには日常の変化に気付くしかありません。

 

食べ残しもその一つで、犬の病気を見つける手がかりとなるのです。

 

愛犬の健康を守るためにも、毎日のごはんの食べ方に注意して下さい。

 

ココに注意

犬の食べ残しが長期的に続くようなら病気の疑いがあるので、すぐに病院を受診する

 

まとめ:好き嫌いという甘ったれた生活を抜け出そう

 

犬が好き嫌いをするのは、甘ったれた生活をしていることに他なりません。

 

それは犬だけではなく、飼い主にもいえることです。

 

犬が好き嫌いするのはわがままで悪いことですが、犬のわがままを許している飼い主にも問題があります。

 

犬というのは、飼い主がしつけをしなければ、どんどん悪い行動をとります。

 

しかし、飼い主が正しく接していれば、犬もそれに応えるように正されていくのです。

 

なので、犬が好き嫌いをしているときは、飼い主であるあなたの行動も見直してみましょう。

 

人も犬も規則正しい食事をして、いつまでも元気に暮らせるよう祈っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA