犬の抜け毛の対処法5選!【毎日楽にできる方法を伝授します】

犬の抜け毛の対処法って、気になりますよね。

 

犬の抜け毛に効果的な対処法を知りたい?

毎日続けられる抜け毛の対処法とは?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬の抜け毛の対処法」を解説します。

 

この記事の内容

犬の抜け毛についてサラッと解説

犬の抜け毛の対処法

抜け毛の掃除ポイント

 

以上の内容になっています。

 

まず結論から、犬の抜け毛を改善するには、「対処を毎日継続して行うこと」です。

 

犬の毛は、基本的に毎日抜け続けているため、対処も毎日継続して行う必要があります。

 

そして「毎日行う対処」というのは、ずばり「ブラッシング」「掃除」ですね。

 

上記の二点を効率よく行い、抜け毛の悩みを解決していくのです。

 

愛犬の抜け毛で悩んでいる方は、意外と何もしていない人が多いと思いますよ。

 

ちなみに、私は愛犬のブラッシングを毎日行っているため、抜け毛の量は少なく、部屋はいつも清潔さを保てています。

 

とはいえ、ぶっちゃけ抜け毛の対処を毎日行うのは、大変ですよね。

 

なので、今回は「楽にできる抜け毛の対処法」を紹介します。

 

抜け毛の対処でお困りの方は、是非参考にしてみて下さい。

 

犬の抜け毛についてサラッと解説

 

犬、抜け毛、対処法

 

対処法を紹介する前に、犬の抜け毛について、サラッと解説します。

 

抜け毛の知識を深めて、効率的に対処をしていきましょう。

 

犬には換毛期がある

 

犬には、毛が大きく生え変わる「換毛期」と呼ばれる時期が存在します。

 

換毛期がある理由は、「次の季節に備えるため」です。

 

犬は季節の変化に対応するために、季節に合わせて被毛を生え変わらせています。

 

犬に換毛期がある理由

  • 涼しい毛質に変える
  • 暖かい毛質に変える

 

上記のように、犬は毛質を変化させて、季節に備えているんですね。

 

そして、換毛期すると古い毛が一気に抜け落ちるため、大量の抜け毛が発生するのです。

 

ちなみに、換毛期の時期は、犬種によって多少の違いはあります。

 

愛犬の抜け毛のタイミングを見極めて、適切に対処ができるといいでしょう。

 

ココがポイント

犬は季節に合わせて毛を生え変わらせており、換毛期は大量の抜け毛がでる

 

換毛期がある犬とない犬がいる

 

犬には、換毛期が「ある犬」と「ない犬」がいます。

 

というのも、毛が換毛するのは「ダブルコートの犬のみ」だからです。

 

犬の換毛期の有無について

  • 換毛する犬→「オーバーコート」と「アンダーコート」の犬(ダブルコート)
  • 換毛しない犬→オーバーコートの犬(シングルコート )

 

換毛する毛はアンダーコート(下毛)なため、換毛期があるのは2種類の被毛を持つ「ダブルコートの犬」のみになります。

 

つまり、全ての犬に換毛期があるわけではないのです。

 

ちなみに、シングルコートの犬は換毛期がない代わりに、毛は一年中生え変わっていますね。

 

被毛の種類を知り、適切に対処をしていきましょう。

 

ココがポイント

換毛期があるのは「アンダーコート」を持つ犬のみ

 

抜け毛は放置すると様々な問題が発生します

 

犬の抜け毛を放置すると、様々な問題が発生してしまいます。

 

なぜなら、部屋の衛生面が悪化するからです。

 

抜け毛を放置すると起こる問題

皮膚病にかかりやすくなる

家に人を呼びづらくなる

ノミ・ダニが発生する

 

以上のような問題が発生します。

 

抜け毛を放置すると、犬の体や部屋の衛生面が悪化するため、害のある問題が発生しやすくなります。

 

特に、犬は換毛期になると、ビックリするくらいの抜け毛が出ます。

 

抜け毛があると色々な場所が不衛生になり、人や犬に害がでてしまうのです。

 

抜け毛を対処することは、人や犬の健康を守ることにもつながるでしょう。

 

ココに注意

抜け毛を放置すると衛生面が悪化して犬や人に害が出る

 

犬の抜け毛の対処法5選

 

犬、抜け毛、対処法

 

それでは、本題である「犬の抜け毛の対処法」を、紹介していきます。

 

自分のやり易い方法を、実践してみて下さい。

 

犬の抜け毛の対処法

1. ブラッシングする

2. お風呂に入れる

3. ストレスを発散させる

4. 服を着せてみる

5. ロボット掃除機を導入する

 

以上の対処法があります。

 

犬の抜け毛の対処法1.「ブラッシングをする」

 

抜け毛の対処をするときは、絶対に「ブラッシング」は欠かせません。

 

なぜなら、ブラッシングは犬の抜け毛を除去できるからです。

 

また、ブラッシングは犬にとっても、たくさんのメリットがあります。

 

犬にブラッシングするメリット

抜け毛を除去できる

毛並みが整い清潔感が出る

ゴミやホコリを落とせる

ノミ・ダニの予防になる

皮膚の血行が促進される

犬の異常に気づきやすくなる

愛犬とのスキンシップになる

 

以上のメリットが得られます。

 

ブラッシングは、抜け毛の対処で最も効果の高い方法であり、大抵の抜け毛はブラッシングで解決します。

 

つまり、ブラッシングは犬を飼っているなら、必須のお手入れなのです。

 

抜け毛を除去する以外にも、たくさんのメリットが得られますから。

 

ブラッシングを毎日行い、犬の抜け毛を予防していきましょう。

 

ココがポイント

ブラッシングは犬の抜け毛予防に高い効果を得られる

 

犬のブラッシングにはコツがあります

 

ブラッシングをするときは、「コツ」があります。

 

コツを掴むことで、毎日継続してブラッシングを行えるようなりますよ。

 

犬のブラッシングのコツ

・ 毛並みに沿って行う

・ 力を入れない

・ 長時間行わない

・ デリケートゾーンは慎重に

 

コツを掴むことで、犬にとっても気持ちのいいブラッシングになります。

 

正しいブラッシングは犬も嫌がりませんし、自分自身の負担も軽減できるため、毎日継続して行えるようになります。

 

ちなみに、私は犬に毎日ブラッシングをしますが、時間的には「2〜3分程度」しかしていません。

 

一度にガッツリやるよりも、毎日少しでも行った方が、抜け毛は少なくなると思いますよ。

 

ブラッシングのコツを掴み、自分が楽にできる方法を探してみて下さい。

 

ココがポイント

ブラッシンのコツを掴み、毎日継続して行えるようにしよう

 

犬の抜け毛の対処法2.「お風呂に入れる」

 

愛犬を「お風呂に入れる」ことは、抜け毛の対処法になります。

 

理由としては、抜け毛を洗い流せるからです。

 

犬をお風呂に入れるメリット

抜け毛を洗い流せる

体の汚れも洗い落とせる

皮膚病を防ぐ

ブラッシングしやすくする

スキンシップになる

 

犬をお風呂に入れると、抜け毛のほかに汚れやゴミとった付着物も洗い流せます。

 

補足ですが、抜け毛はというのは時間が経つと、汚れて固まります。

 

毛が固まるとブラシが通らなくなるため、ブラッシングができなくなるのです。

 

なので、犬は定期的にお風呂に入れて、清潔な状態にしましょう。

 

抜け毛の対処をするときは、衛生面も気にかけて行って下さい。

 

ココがポイント

犬をお風呂に入れると抜け毛を洗い落せて、ブラッシングもしやすくなる

 

犬の抜け毛の対処法3.「ストレスを発散させる」

 

抜け毛を改善するためには、犬にストレスを溜めないことです。

 

なぜなら、犬はストレスが溜まると、抜け毛が悪化するからです。

 

犬はストレスが溜まると、抜け毛が酷くなったり、場合によっては脱毛症になることも考えられます。

 

人間だってストレスが溜まると、髪の毛が抜けたりしますよね。

 

犬も同じで、ストレスは抜け毛の原因になるのです。

 

ストレスを溜めないことは、人や犬にも共通する部分ですね。

 

ココがポイント

犬にストレスを溜めさせないのは、抜け毛の悪化を防ぐことにつながる

 

愛犬とスキンシップを取ろう

 

犬にストレスを溜めさせないためには、愛犬とたくさんスキンシップを取りましょう。

 

大好きな飼い主とふれ合うことで、犬はたくさんの幸せを感じるからです。

 

犬とスキンシップを取る方法

散歩に連れて行く

部屋の中で遊んであげる

撫でたり抱っこをする回数を増やす

名前を読んだり声をかけてあげる

 

犬というのは、人間のことが大好きですから、飼い主と過ごす時間にたくさんの幸せを感じます。

 

たくさん愛情を注げば、犬にストレスは溜まりません。

 

なので、犬の抜け毛で悩んでいる場合は、愛犬と接する時間を増やしてみましょう。

 

ストレスが減って、抜け毛が改善する可能性がありますよ。

 

ココがポイント

犬のストレスを発散させて、抜け毛が悪化するのを防ごう

 

犬の抜け毛の対処法4.「服を着せてみる」

 

抜け毛の対処法には、「犬に服を着せる方法」があります。

 

服を着せることで、抜け毛が散らばるのを防げるからです。

 

犬に服を着せると服がガード役になり、抜け毛が部屋に散らばるのを防げます。

 

抜け毛自体は減らせませんが、部屋が毛だらけになるのは少なくなるでしょう。

 

とはいえ、犬に服を着せたままにすると、汚れや雑菌が増える恐れがあります。

 

服を交換する手間は、増えてしまいすね。

 

ココがポイント

犬に服を着せると抜け毛が部屋に散らばるのを防げる

 

犬の抜け毛の対処法5.「ロボット掃除機を使う」

 

毎日、犬の抜け毛をせっせと掃除するのは大変ですよね。

 

そんな方には「ロボット掃除機」が大変便利です。

 

ロボット掃除機があると、外出中でも自動で部屋の掃除をしてくれので、掃除をするのが楽になります。

 

ロボット掃除機のメリット

ボタン一つで勝手に掃除をしてくれる

部屋の隅々まで掃除してくれる

外出中に掃除をしてくれる

掃除をする時間を浮かせられる

 

近年のロボット掃除機の性能は高く、ボタンを押しさえすれば、部屋がピカピカになるまで掃除をしてくれます。

 

ちなみに、私はいつも仕事に行く直前にスイッチを押して出掛けます。

 

帰ってくると床がピカピカになるので、かなり気持ちがいいですね。

 

多少費用はかかりますが、それに見合った価値は十分に得られるでしょう。

 

掃除が面倒だという方は、思い切ってロボット掃除機を導入するべきです。

 

ココがポイント

ロボット掃除機は忙しい方や掃除が面倒な方に最適のアイテムである

 

犬の抜け毛を掃除するポイント

 

犬、抜け毛、対処法

 

最後に、「犬の抜け毛を掃除するポイント」を紹介します。

 

やみくもに掃除をしても、なかなかキレイにならないので注意して下さい。

 

抜け毛の掃除ポイント

1. 部屋の端から始める

2. ほうきは使わない

3. 掃除機は毎日かける

4. カーペットを廃止する

5. ソファーはコードレス掃除機が便利

 

以上のポイントがあります。

 

抜け毛の掃除ポイント1.「部屋の端から始める」

 

犬の抜け毛を掃除するときは、「部屋の端」から始めて下さい。

 

理由としては、端から始めた方が効率がいいからです。

 

掃除を端から始めると、円を描くように中心に向かう動きになるため、効率よく掃除ができます。

 

つまり、ゴミを中心に集めるように掃除ができるのです。

 

複雑な間取りは別ですが、正方型の部屋なら端から掃除した方が、早く終わるでしょう。

 

ほかにも、「あれっ、ここ掃除したっけ?」と言うことも少なくなります。

 

部屋の構造に合わせて、効率よく掃除をして下さいね。

 

ココがポイント

掃除は部屋の端から始めた方が効率がいい(複雑な間取りは例外)

 

抜け毛の掃除のポイント2.「ほうきを使わない」

 

犬の抜け毛を掃除するときは、「ほうき」を使ってはいけません。

 

なぜなら、毛が散らばってしまうからです。

 

ほうきは「掃く」でゴミを集めるため、空気が動いて抜け毛が散らばってしまうのです。

 

犬の毛は非常に軽いので、すぐに散らばります。

 

毛が散らばると、掃除の手間が増えて、とても面倒なことになりますよ。

 

犬の毛は、「吸う」か「拭く」で掃除して下さい。

 

ココがポイント

抜け毛を掃除するときは「吸う」又は「拭く」で掃除するべし(ほうきは使用禁止)

 

抜け毛の掃除ポイント3.「掃除機は毎日かける」

 

犬の抜け毛は、掃除機を毎日かけることが重要です。

 

理由としては、犬の毛は毎日抜けるからです。

 

犬の毛は基本的に毎日抜け落るため、掃除機も毎日かけないと掃除が追いつきません。

 

毛だけになった部屋を一から掃除するのは、とても大変です。

 

なので、毎日少しでも掃除機をかけた方が、1日の掃除は楽になるのです。

 

仕事や子育てで忙しいとは思いますが、毎日の積み重ねが大事になりますね。

 

ココがポイント

掃除機は毎日少してもかけた方が、1日の負担は少なくなる

 

抜け毛の掃除ポイント4.「カーペットを廃止しよう」

 

犬を飼っているなら、思いきって「カーペットを廃止」してみましょう。

 

理由としては、毎日の掃除を楽にするためです。

 

カーペットは、犬の抜け毛が絡まりやすく掃除が大変なので、廃止した方が部屋が清潔になります。

 

また、カーペットは「ダニ・ノミ」が繁殖する原因にもなります。

 

私は犬を飼い始めてからカーペットを使っていませんが、何の不便もありませんよ。

 

スリッパを履くので足は寒くないですし、ソファーがあるので問題はありませんね。

 

カーペットは掃除が大変なので、試しに廃止してみることをオススメします。

 

ココがポイント

カーペットは抜け毛が溜まる原因になり、犬を飼っているなら廃止した方がいい

 

抜け毛の掃除ポイント5.「ソファーの掃除はコードレスが便利」

 

ソファーを掃除するときは、「コードレス掃除機」が便利です。

 

具体的には、「布団用のアタッチメント」が便利ですね。

 

掃除機に付属してある「布団用のアタッチメント」を使うと、ソファーの掃除がとても楽になります。

 

ソファーって、洗濯できないのがネックですよね。

 

私はダイソンのコードレス掃除機を使って、ソファーにある犬の毛を、根こそぎ除去しています。

 

ふつうの掃除機では難しい場所は、コードレス掃除機で解決できるでしょう。

 

ココがポイント

ソファーやクッションなどの洗濯ができない物は、コードレス掃除機を使おう

 

まとめ:犬の毛は毎日の積み重ねで解決する

 

犬の抜け毛を解決するには、「毎日の積み重ね」が重要になります。

 

例をあげると、「ブラッシング」「掃除」をですね。

 

犬からは抜け毛が大量に発生するため、毎日積み重ねて対処をすることが大切です。

 

換毛期というのは少し掃除を怠るだけで、すぐに部屋が毛だらけになります。

 

なので、まずは「ブラッシング」と「掃除」を、毎日継続して行いましょう。

 

犬の抜け毛を解決して、愛犬と楽しく触れ合えるようになるといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA