犬のアレルギーの対処法9選!【あなたが責任を感じる必要はない】

犬のアレルギーの対処法ついて、どこまで知っているでしょうか。

 

犬のアレルギーの症状を治める方法は?

犬アレルギーの効果的な対処法は?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬のアレルギーの対処法」を、解説していきます。

 

この記事の内容

犬アレルギーの症状

 犬アレルギーの対処法

アレルギーが治らない場合

 

以上の内容になっています。

 

まず結論から話すと、犬のアレルギーを完治させることは非常に難しいです。

 

アレルギーというのは非常にやっかいで、犬の場合でも同様に、一度発症すると現代の医学でも完治させるのは難しいです。

 

なので、犬アレルギーになったら何かしらの対処をして、うまく付き合っていくしかないでしょう。

 

ちなみに、私は子どもの頃から「猫アレルギー」ですが、30代になった現在でも症状は治っていません。

 

アレルギーの症状はとても辛く、最悪命に関わる怖いものです。

 

犬アレルギーを改善するには、「犬と接すること」を無くすのが一番ですが、それは極力避けたいものです。

 

なので今回は、「アレルギーの症状を少しでも緩和するための対処法」を、紹介していきます。

 

アレルギーとうまく付き合い、愛犬と楽しく過ごせたら良いですね。

 

それでは早速本文で詳しく解説します。

 

犬アレルギーの症状

 

犬 アレルギー 対処法

 

はじめに、「犬アレルギーの症状」を紹介していきます。

 

犬のアレルギーの症状

1. 咳やくしゃみ

2. 鼻水

4. 皮膚のかゆみ

5. 目のかゆみ・充血

6. 湿疹

7. 呼吸がしづらくなる

 

以上の症状があげられます。

 

自分の症状に合わせて「適切な対処」を行い、うまく犬と付き合っていきましょう。

 

アレルギーの原因とは?

 

アレルギーの症状を語る前に、「アレルギーの原因」について紹介します。

 

アレルギーの原因とは・・・

  • 犬の体内で発生するアレルゲンを吸い込んだり触れたりした際に起こる

 

以上の原因でアレルギーは発症します。

 

そして、アレルゲンは以下のものに含まれています。

 

アレルゲンを含むもの

抜け毛

ホコリ

尿

唾液

フケ

ノミ・ダニ

 

上記のものに、アレルゲンは含まれています。

 

アレルゲンを吸ったり触れたりすると、人の体は過剰に反応して、アレルギーを引き起こすのです。

 

ココに注意

犬アレルギーは、犬から発せられる「アレルゲン」を吸い込むことで発症する

 

アレルギーの症状⒈「咳やくしゃみ」

 

アレルギーの症状には、「咳やくしゃみ」があります。

 

動物と触れ合ったりすると、くしゃみが止まらなくなることがりますよね。

 

咳やくしゃみは、犬のアレルゲンを吸い込むこみ、呼吸器に異常が出ることで発症します。

 

酷い方だと、犬と同じ空間にいるだけで症状が出るため、とても辛いでしょう。

 

咳とくしゃみは、アレルギーの中で最も多い症状です。

 

ココに注意

犬アレルギーには「咳・くしゃみ」があり、最も多い症状の一つである

 

アレルギーの症状2.「鼻水」

 

アレルギーの症状には、くしゃみ以外にも「鼻水」があります。

 

鼻水は、くしゃみと同時に出る場合が、多いでしょう。

 

アレルギーの症状が出ると、鼻水が止まらなくなります。そして、鼻水が原因でさらにくしゃみも酷くなります。

 

鼻水って、地味に辛いですよね。

 

また、鼻をかみすぎると肌も荒れてくるので、辛い症状だと思います。

 

鼻水をけっして軽視せず、アレルギーの対処をしましょう。

 

ココに注意

犬のアレルゲンが鼻の粘膜に付着すると、過剰に反応して鼻水が出る

 

アレルギーの症状⒊「皮膚のかゆみ」

 

アレルギーの症状に、「皮膚の痒み」があります。

 

皮膚のかゆみは、体の至るところが痒くなり、とても辛い症状です。

 

また、犬からはノミやダニも出るため、かゆみの原因になる場合もあります。

 

痒みは酷くなると、眠れなくなるほど辛い症状ですよね。

 

もし犬と一緒にいて、体が痒くなってきたら要注意です。

 

ココに注意

犬のアレルゲンに触れると体が反応して、皮膚に痒みが発生する

 

アレルギーの症状⒋「目のかゆみや充血」

 

アレルギーの症状に、「目の痒みや充血」があります。

 

アレルギーが症状が目に出ると、視界がかすれたり見にくくなるため、辛い症状の一つです。

 

ほかにも、目の周りが腫れたり赤くなったりする症状もありますね。

 

目の症状は、生活に支障がきたすので、耐えられるものではありません。

 

目に何らかの症状が出た場合は、アレルギーの対処が必要です。

 

ココに注意

アレルギーの症状が目に出ると、視界の妨げになり危険

 

アレルギーの症状⒌「湿疹」

 

アレルギーの症状に、「湿疹」があります。

 

湿疹はアレルギーの中でも、特に辛い症状です。

 

湿疹は、体にボツボツがでた後に強烈な痒みが発生したり、酷いと皮膚がただれて赤くなったりします。

 

症状が出た場合は、必ずお医者さんに相談しましょう。

 

放っておいても治りませんし、また湿疹が出るのは怖いですから。

 

早めに病院を受診することで、症状を防げるようになります。 

 

ココに注意

湿疹はアレルギーの中でも特に辛い症状で、発症したらすぐに病院を受診する必

 

アレルギーの症状⒍「呼吸がしずらくなる」

 

アレルギーが出ると、「呼吸がしずらくなる」ことがあります。

 

呼吸がしづらくなるのは命に関わるため、大変危険な症状です。

 

アレルギーが発症すると、首の筋肉や気道が腫れて、呼吸がしずらくなることがあります。

 

呼吸のしにくさは、アレルギー中でも重度の症状です。

 

症状が出た場合は、早急に病院へ行きましょう。

 

アレルギーの重度症状は、他にも以下があります。

 

アレルギーの重度症状

・ 呼吸困難

・ 下痢

・ めまい

・ 嘔吐

・ 飲み込みが難しくなる

・ 動悸

 

上記の症状は非常に危険なため、必ず病院に行き、処置をしてもらって下さい。

 

アレルギーの症状は、軽度のものから重度のものまで、多岐にわたります。

 

発症した場合は、慎重な行動を心がけましょう。

 

ココに注意

アレルギーで呼吸困難の症状は命に関わるため、早急に病院を受診しよう

 

犬のアレルギーの対処法

 

犬 アレルギー 対処法

 

ここからは、「自分で試せるアレルギーの対処法」を紹介します。

 

アレルギーが治るわけではありませんが、少しでも症状を緩和できるとでしょう。

 

犬アレルギーの対処法1.「掃除や換気をする」

 

アレルギーの対処法には、「掃除・換気」が有効的です。

 

理由としては、空気をきれいにできるからです。

 

掃除や換気をすると、アレルギーの原因である「アレルゲン」を除去できるため、部屋の空気がきれいになります。

 

空気がきれいになれば、アレルゲンと接することを防げます。

 

特に、床には多くのアレルゲンが蓄積されているので、人が移動する度に多くが舞ってしまうでしょう。

 

なので、掃除や換気を念入りにして、常に部屋を清潔にして下さい。

 

毎日必ず1回は掃除機をかけ、朝と夜に換気をすれば十分ですね。

 

とにかく、部屋にあるアレルギーの原因を除去するのです。

 

ココがポイント

部屋の掃除や換気を行うとアレルゲンを除去できるため、症状を緩和できる

 

アレルギーの対処法2.「犬にシャンプーする」

 

アレルギーの対処法には、「犬のシャンプー」が効果的です。

 

なぜなら、犬が清潔になるからです。

 

犬には、アレルギーの原因となるモノが付着しているため、シャンプーをして清潔な状態を保つことが大切です。

 

犬自体が汚いと、それだけでアレルギーの原因になりますから。

 

シャンプーを怠ると、アレルゲンが発生して、さらに症状が酷くなってしまうでしょう。

 

とはいえ、シャンプーを毎日するのは大変なので、最低でも2週間に1回はした方がいいです。

 

犬自体を清潔にして、アレルギーの対処をして下さい。

 

ココがポイント

犬にシャンプーをしてアレルギーの原因物質を取り除き、清潔な状態を保とう

 

アレルギーの対処法3.「毛をカットする」

 

アレルギーの対処法として、犬の毛をカットしてみましょう。

 

理由としては、犬のメンテナンスをしやすくするためです。

 

犬に必要なメンテナンス

シャンプー

ブラッシング

爪切り

 

犬の毛を短めにしておけば、日々のメンテナンスが楽になり、清潔な状態を保ちやすくなります。

 

また、毛のカットをプロに頼めば、シャンプーも同時にしてくれます。

 

やはり、毛が長いよりも短い方が、清潔感がありますからね。

 

放置してボサボサな状態にするよりも、毛をカットして整えた方が、気持もいいでしょう。

 

犬の毛をカットして、アレルゲンの発生を抑えるのです。

 

ココがポイント

犬の毛はカットをして短めにし、日々のメンテナンスを楽にしよう

 

アレルギーの対処法4.「服を着せる」

 

アレルギーの対処法として、犬に服を着せてみましょう。

 

理由は、アレルゲンの拡散を防げるからです。

 

犬に服を着せると、アレルゲンが犬の体から拡散するのを防ぎ、部屋を清潔に保てます。

 

また、服を着せる方法は意外と効果が高く、お手軽に試せる方法です。

 

ホームセンターやペットショップで売っているので、購入には困らないでしょう。

 

ほかにも、愛犬に服を着せると、お洒落も楽しめます。

 

服を洗う手間は増えますが、十分有効な対処法になりますね。

 

ココがポイント

犬に服を着せると、アレルゲンの拡散を抑えることができる

 

アレルギーの対処法5.「ブラッシングする」

 

アレルギーの対処法には、「ブラッシング」が、とても有効的です。

 

なぜなら、ブラッシングはアレルゲンを除去できるからです。

 

ブラッシングは、犬の余分な毛を除去すると同時に、ホコリやチリなども取り除けます。

 

つまり、アレルギーには毎日のブラッシングが、大変重要なのです。

 

犬の毛は生え替わりが早いので、ブラッシングを怠ると、大量の毛が抜け落ちてしまいます。

 

面倒ではありますが、毎日少しずつやるだけでも、効果は高いと思いますよ。

 

ココがポイント

犬のブラッシングはアレルゲンの除去をすると同時に、抜け毛の予防も行える

 

アレルギーの対処法6.「部屋の移動を制限する」

 

アレルギーの対処法として、「犬が出入りできる部屋」を制限します。

 

なぜなら、アレルゲンのない部屋を作り出したいからです

 

犬の出入りを制限し、愛犬が立ち入れない部屋を作ることで、まっさらできれいなアレルゲンのない部屋を作り出します。

 

もしアレルギーの症状が出ても、清潔な部屋があれば、一時的に避難できますからね。

 

アレルゲンのない「オアシス」を、家の中に作り出すのです。

 

ココがポイント

犬の移動を制限して、アレルゲンのないキレイな部屋を作り出そう

 

犬を寝室には入れないで下さい

 

アレルギーの対処をするなら、犬を寝室入れてはいけません。

 

なぜなら、人は1日の1/3を寝室で過ごすからです。

 

人の睡眠は68時間はあるため、1日の1/3を寝室で過ごしていることになります。

 

要するに、寝室に犬がいると、アレルギーが酷くなるのです。

 

なので、犬が出入りできる部屋は、「リビングだけ」にするなど、制限しましょう。

 

ココに注意

犬を寝室に入れてしまうと、アレルギーを悪化させる原因になる

 

アレルギーの対処法7.「草むらには行かない」

 

アレルギーの対処法として、散歩のときに「草むら」には行かないで下さい。

 

理由は、草むらなどに行くと「ノミ・ダニ」が、犬に付着してしまうからです。

 

草むらには「ノミ」や「ダニ」がいるため、犬が歩くと大量に付着してしまいます。

 

犬に付着したノミやダニは、帰ったあとに部屋に住み着き、アレルギーの原因になるのです。

 

アレルギーを悪化させる原因になるので、極力犬を草むらには連れて行かない方が良いでしょう。

 

ココがポイント

「ノミ・ダニ」が犬に付着しないように、草むらには行かないようにしよう

 

公園や川沿いは危険

 

犬を散歩するとき「公園」や「川沿い」が人気ですよね。

 

しかし、公園や川沿いは「草むら」が多いため、ノミダニが付着しやすいです。

 

公園や川沿いは、歩いていて気持ちが良いので、犬の散歩にはうってつけの場所です。

 

ですが、草むらには小さな生き物がたくさんいるので、アレルギー持ちには危険なエリアなのです。

 

特に、川沿いには水があるため、生き物がとても多いことでしょう。

 

通常なら連れて行っても問題ないですが、アレルギーがある場合は別です。

 

アレルギーの対処には、散歩コースも工夫しなければいけませんね。

 

ココに注意

公園や川沿いは散歩コースの定番だが、ノミやダニが付着しやすい

 

アレルギーを対処方8.「病院で処置をしてもらう」

 

アレルギーに対して、最も効果のある対処法は、「病院で処置をしたもらうこと」です。

 

なぜなら、アレルギーは病気だからです。

 

アレルギーは歴とした病気であり、医者に適切な処置をしてもらななければ、治すことはできません。

 

病院に行けば、症状にあった処置をしてくれるため、アレルギーを抑えることができます。

 

アレルギーを、自分だけで押さえ込むのは、不可能です。

 

なので、しっかりと病院に行き、診察をして薬を貰いましょう。

 

病院に行けば、まず間違いありませんね。

 

ココがポイント

アレルギーは病気に当たるため、発症した場合は早急に病院で治療を行おう

 

病院では最も適切な処置をしてくれます

 

病院に行けば、自分に適した処置をしてくれます。

 

アレルギーにはアレルギー専門の医師がおり、自分の症状に適した処置をしてもらえます。

 

薬を貰えたり、他の対処法を教えてくれるかもしれません。

 

医学の力は絶大なので、どんどん頼るべきでしょう。

 

アレルギーに困ったら、迷わず医者を頼るべきす。 

 

ココがポイント

アレルギーにはアレルギー専門の医師を頼り、適切な治療をしてもらうこと

 

病院では原因を突き止めよう

 

病院のお世話になるなら、必ずやるべきことがあります。

 

それは、「アレルギーの原因」を調べることです。

 

アレルギーの原因を突き止めると、より効果的な対処を行えるからです。

 

病院では「血液検査」によって、自分は何のアレルギーなのかを、すぐに調べてもらえます。

 

犬の毛が原因かもしれませんし、ホコリやダニが原因かもしれません。

 

アレルギーの原因がわかれば、自ずと適切な対処法が見つかるでしょう。

 

ココがポイント

病院ではアレルギー検査を行い、アレルギーの原因を突き止めよう

 

アレルギーの対処法9.「獣医やブリーダーに相談」

 

アレルギーを対処するときは、「獣医」や「ブリーダー」に相談しましょう。

 

犬の専門の方に相談すれば、解決への糸口が見つかるかもしれません。

 

獣医やブリーダーは、犬に関しての知識が豊富なため、今までの経験から最適な方法を導き出せます。

 

もしかしたら、思いもよらないところに原因があったり、違う飼育方法があるかもしれません。

 

自分だけでは悩まず、専門の方に解決策を見つけて貰いましょう。

 

ココがポイント

犬のアレルギーを発症したら、獣医やブリーダーを頼りアドバイスを貰おう

 

アレルギーを解決できない場合は?

 

犬 アレルギー 対処法

 

アレルギーの症状が酷いと、病院に行っても解決できない場合があります。

 

そのときは、別の方法を考えるか、犬との付き合い方を考え直す必要が出てくるでしょう。

 

最悪、愛犬と離れることも

 

ここまで、さまざまな対処法を、紹介しました。

 

しかし、アレルギーの症状が酷いときは、最悪、愛犬と離れることも考えなければいけません。

 

アレルギーの症状が酷く、どうしても治まらない場合は、この先一緒に愛犬と生活するのは難しいと思います。

 

犬のアレルギーは「犬」そのものが原因です。

 

症状を治めるには、愛犬と離れることが、1番の対処法となります。

 

犬と離れるのは罪悪感があり、居た堪れない気持ちになりますが、やはり自分の命が大事です。

 

悲しいことですが、アレルギーというのは、想像以上に危険な病気なのです。

 

ココがポイント

犬アレルギーは犬そのものが原因なため、愛犬と離れることも考えなければならない(自分の命を守るため)

 

アレルギーは命に関わります

 

アレルギーというのは、想像よりもずっと危険で、酷いと「命」に関わります。

 

重度な症状はとても危険で、自分の命に関わってくる病気です。

 

あなたは「アナフィラキシー」という言葉を聞いたことはありますか?

 

アナフィラキシーはアレルギーの症状で、意識を失ったり呼吸ができなくなったりする、大変危険な症状です。

 

もし何かの拍子でアナフィラキシーになったら、取り返しがつきません。

 

アレルギーは、「命をも脅かす危険な病気」ということを、肝に命じて起きましょう。

 

ココに注意

アレルギーは命に関わる重大な症状があるため、必ず対処をしなければならない

 

新しい飼い主の探し方

 

犬 アレルギー 対処法

 

もし愛犬と離れることになったら、次の飼い主を探すことになります。

 

間違っても絶対に、保健所に連れて行ってはいけませんよ。

 

犬のためにも、必ず次の飼い主を探してあげましょう。

 

一番悲しいケースですが、次の飼い主の探し方を説明します。

 

新しい飼い主の探し方

1. 親しい人に引き取ってもらう

2. ブリーダーやショップに相談する

3. 里親を募集する

 

以上の方法が、新しい飼い主を見つける方法です。

 

親しい人に引き取っともらう

 

新しい飼い主を探すには、「親しい人に引き取ってもらう方法」があります。

 

親しい人の例

親戚

友人

友人の紹介

職場の人

 

以上があるかと思います。

 

新しい飼い主を見つけるときは、自分の周りで「犬を飼いたい」と考えている人を探し、愛犬を引き取ってもらいましょう。

 

自分の知っている人になら、安心して犬を引き渡せます。

 

ただし、引き取った後、トラブルにならないよう、くれぐれも慎重に行って下さい。

 

ココがポイント

「親しい人」に犬を引き渡す方法は、引き渡し後も犬に会える可能性がある

 

ブリーダーやペットショップに相談する

 

新しい飼い主を探すときは、「ブリーダー」や「ペットショップ」に相談しましょう。

 

ブリーダーやペットショップには、犬を飼いたい人が集まっており、犬を引き取れる人が見つかる可能性があります。

 

この方法のメリットは、お店の人が仲介するため、トラブルが起こりづらいことです。

 

また、他人に引き取ってもらうので、スッパリ愛犬と別れられます。

 

犬の専門の方に相談するのは、一番やりやすい方法になるでしょう。

 

ココがポイント

ペットショップやブリーダーに相談する方法は、安全に新しい飼い主を見つけられる

 

里親を募集する

 

新しい飼い主を探すには、「里親を募集する」方法があります。

 

里親募集は、「動物愛護センターのホームページ」で、詳しい詳細が記載されています。

 

※動物愛護センターはお住まいの地域にあります。

 

里親募集は「犬を大切にする人」や「犬が大好きな人」が応募するため、安心して新しい飼い主を探せます。

 

犬を引き取ってもらえる人が見つからない場合は、「里親募集」を利用してみて下さい。

 

ココがポイント

里親募集は犬を大切にする人が集まっており、安心して犬を引き渡せる

 

まとめ:アレルギーに責任を感じることはない

 

アレルギーは非常に怖い症状で、時には愛犬と離れることもあり得ることです。

 

しかし、アレルギーを発症したからと言って、責任を感じる必要はありません。

 

アレルギーになるのは誰のせいでもなく、決して予測できるものではないのです。

 

なので、もし愛犬と離れることになっても、自分を責める必要はないでしょう。

 

アレルギーはとても怖い病気なので、自分の生活を第一に考えて大丈夫ですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA