犬のマイクロチップ登録方法を紹介!【万が一の事態に備えるべし】

犬のマイクロチップの登録方法って、気になりますよね。

 

マイクロチップはどうやって登録するの?

犬のマイクロチップの登録費用は?

 

今回は上記の疑問にお答えして、「犬のマイクロチップの登録方法」を、解説します。

 

この記事の内容

犬のマイクロチップを簡単に解説

マイクロチップの登録方法

マイクロチップの費用

 

以上の内容になっています。

 

まず初めに、マイクロチップの登録は、基本的に「ペットショップ」で行えます。

 

現在は、マイクロチップの装着が義務化されつつあり、購入の際はショップで全ての登録を行えます。

 

なので、飼い主の方は基本的に自分ですることは、あまりありません。

 

自分の個人情報を伝えるだけで、あとは簡単に登録が完了するでしょう。

 

ちなみに、私は犬を購入したとき、全ての工程をペットショップで済ませることが出来ました。

 

とはいえ、「マイクロチップ登録を自分で行う」という方も、中にはいると思います。

 

そんな方達のために、今回はマイクロチップの登録する流れを、一連で紹介します。

 

「愛犬にチップを装着したい」という方に、きっと役に立つと思いますよ。

 

マイクロチップを装着して、万が一犬と離れたときに備えて下さい。

 

それでは早速、本文で詳しく説明します。

 

犬のマイクロチップを簡単に解説

 

犬、マイクロチップ、登録

 

初めに、「犬のマイクロチップ」について、簡単に説明します。

 

マイクロチップとは?

  • ペットの個体情報を登録し埋め込むことで、犬とはぐれた際に個体の情報を認識して飼い主を特定するもの

 

以上がマイクロチップの説明になります。

 

そして、犬と飼い主がはぐれる事例は、以下のような事が考えられます。

 

犬と飼い主がはぐれる事例

迷子

災害での離散

盗難

 

上記のことで犬を探すとなった時、マイクロチップに非常に役に立ちます。

 

愛犬の捜索に備えておくことも、飼い主には必要なのです。

 

ココがポイント

マイクロチップには犬と飼い主の情報が記録され、迷子などの万が一に備えられる

 

マイクロチップは飼い主と犬を繋ぐものです

 

マイクロチップがあると、犬が保護された際に、飼い主を特定できるようになります。

 

つまり、マイクロチップは「犬と飼い主を繋ぐ役割」があるのです。

 

何かしらの理由で犬とはぐれてしまった場合、自力で愛犬を探すのは非常に難しいでしょう。

 

ましてや災害などが起こると、自分で愛犬を探すのは不可能ですよね。

 

しかし、マイクロチップがあれば、愛犬と再会できる確率がグッと上がるのです。

 

犬が保護さへされれば、飼い主をすぐに特定できますからね。

 

マイクロチップは、犬と飼い主をつなぐ大事な役割があるのです。 

 

ココがポイント

マクロチップを装着すれば、犬と離れたときに再会する確率が跳ね上がる

 

マイクロチップはどんな形をしている?

 

マイクロチップはどんな形をしているか、気になりますよね?

 

基本的にチップは、犬を購入する以前から埋め込まれていることが多く、見る機会は滅多にありません。

 

ちなみに、私も見たことはありません。

 

なので、マイクロチップの形状を説明します。

 

マイクロチップの形状

  • 直径約2mm、長さ8〜12ミリ程度の塩筒状の電子表記色器具

 

以上のような形をしています。

 

わかりやすく例えると「薬のカプセルのような形」をしています。

 

チップ自体はとても小さいため、外から見ても装着しているかは分からないです。

 

飼い主が直接管理するわけではないので、形状は参考程度に覚えておくといいと思います。

 

ココがポイント

マイクロチップは薬のカプセルのような形状で非常に小さい

 

マイクロチップはどうやって装着するの?

 

次は、「マイクロチップの装着方法」について説明します。

 

念のため伝えておきますが、チップは自分で装着するわけではないので、安心して下さい。

 

マイクロチップの装着方法

チップは動物病院で装着する

注射器に似た専用の器具で埋め込む

埋め込む場所は首の背面が多い

 

以上の手順で、マイクロチップは装着されます。

 

チップは獣医師により、専用の器具を使って首の背面に埋め込まれることが多いです。

 

話だけ聞くと、ちょっと怖いですよね。

 

体にチップを埋め込むなんて、想像しただけてゾクッとします。

 

ココがポイント

マイクロチップは獣医師の手により埋め込まれる

 

マイクロチップの装着は安全です

 

マイクロチップを埋め込むと聞くと、犬の体が心配になります。

 

しかし、チップの埋め込みは安全に行われ、犬の健康に支障はありません。

 

直接見たことはないですが、装着は一瞬で終わり痛みも少ないそうです。

 

私の犬にもチップは埋め込まれていますが、どこに装着しているか分かりませんし、今でも元気モリモリで生活しています。

 

チップの埋め込みは安全なので、安心して装着して下さい。

 

ココがポイント

マイクロチップは獣医によって埋め込まれ、犬の健康上に問題はない

 

マイクロチップはみんな付けているの?

 

「他の飼い主はマイクロチップを付けているのか?」気になりますよね。

 

他人の装着具合がわかれば、「自分も犬にチップを装着するか」の判断の参考にできるでしょう。

 

ここで、「日本でのマイクロチップの普及率」を紹介します。

 

日本のマイクロチップの普及率

  • 7.9%

 

上記の割合は、「約12人に1人」が装着していることになります。

 

現在はこれくらいの割合ですが、今後は捨て犬の問題もあるため、さらに普及率は上がってくるでしょう。

 

マイクロチップを装着するか迷っている場合の、参考にして下さい。

 

ココがポイント

マイクロチップの普及率は義務化の影響で、年々上がっている

 

マイクロチップは義務なの?

 

マイクロチップの装着は「義務」なのか知りたいと思います。

 

結論から話すと、チップの装着は義務ではありません。

 

しかし、2019年6月に動物愛護法が改正され、マイクロチップ装着に関しては以下のように変更されました。

 

法改正後のマイクロチップについて 

  • 犬や猫の販売業者への義務・・・ペットショップなどの販売業者はチップの装着を義務化する
  • 購入者への義務・・・犬を新たに購入した人はチップの装着を義務化する
  • 既に犬を買っている方・・・チップの装着を努力義務にする(頑張って着ける努力をしてね)

 

改正法の公布から3年以内に施行されます。

 

法が改正されてから3年以内には、完全にマイクロチップの装着が義務化されます。

 

現代では、捨て犬による殺処分が問題視されており、上記の法改正は妥当な判断でしょう。

 

犬を愛する人にとって、捨て犬問題は一刻も早くは無くなって欲しいですからね。

 

安易に犬を飼う人が減るので、不幸になる犬が減ることを願います。

 

ココがポイント

法改正によりチップの装着が義務化されると、捨て犬問題の改善に期待できる

 

チップを装着しないと罰金はある?

 

現時点では、「マイクロチップを装着していない」からといって、罰則などはありません。

 

法改正前に犬を購入した方は、チップの装着は強制ではないからです。

 

そして、法の改正後は犬を購入した時点で、既にマイクロチップは装着されています。

 

つまり、マイクロチップに関して私たちが行うことって、基本的にはないのです。

 

すべて、ペットショップの方が済ませてくれますからね。

 

私も犬を購入した時には、すでにマイクロチップは装着済みでした。

 

特に罰則などはないので、安心して犬を可愛がりましょう。

 

ココがポイント

現時点ではチップの装着による罰金等はない

 

犬のマイクロチップ登録方法を紹介

 

犬、マイクロチップ、登録

 

ここからは「マイクロチップを登録する流れ」を、順を追って説明していきます。

 

登録は面倒だと思いますが、意外と簡単なので安心してくださいね。

 

マイクロチップに登録する個人情報

 

マイクロチップの登録には、飼い主の個人情報を登録しなければなりません。

 

そして、飼い主の情報は「AIPO動物ID復旧推進会議」に登録され、管理をされます。

 

ちなみに、情報の登録料として「1.000円」の費用がかかりますね。

 

飼い主が登録す個人情報の詳細は下記になります。

 

マイクロチップに登録する個人情報

  • IDナンバー
  • 埋め込み日時
  • 氏名
  • 連絡先
  • 動物の特徴
  • 性別
  • 生年月日

 

以上の情報を登録されます。

 

けっこう細かく登録する必要はありますが、万が一のときに非常に役立つでしょう。

 

ココがポイント

犬のマイクロチップには個人情報を登録する必要がある

 

マイクロチップの登録の流れ

 

マイクロチップを登録する時の流れについて説明します。

 

ちなみに、今回紹介している流れは、自分自身で行う方法となります。

 

ペットショップで登録する場合は、もっと簡単にできますよ。

 

マイクロチップを登録する流れ(自分で行う場合)

手順 内容 詳細
1 登録申込書の記入 必要事項を記入する
2 登録料を支払う 1000円支払う
3 申請書を送付する 公益社団法人 日本獣医師会に送付する
4 登録完了ハガキが届く 後日登録完了のハガキが届く
5 登録完了

 

そして、「マイクロチップ登録用の申請書」は、下記の画像になります。

 

引用:日本獣医師参照

 

「登録完了のハガキ」は下記になります。

 

引用:日本獣医師会参照

 

流れは一見すると難しいように思えますが、申込書に必要事項を記入して送るだけです。

 

自分だけでは不安という方は、ショップなどで登録すると10分程で完了するでしょう。

 

自分がやり易い方法で、試してみて下さい。

 

ココがポイント

マイクロチップの登録は面倒だが、内容的にはそこまで難しくはない

 

登録データの変更や消去の方法は?

 

マイクロチップに登録してある情報を「変更・消去」する方法を紹介します。

 

マイクロチップ登録データの変更方法

手順 内容
1 控えの「AIPO・IDデータ登録申込書」をコピーする
2 用紙の左上の区分「変更」に○印をつける(変更と書いても可)
3 変更箇所を二重線で消す
4 余白に変更事項を記入する
5 変更内容を明記したものをAIPO事務局に郵送する

・不明な点がある場合はAIPO事務局に連絡する(TEL 03-3475-1695)

 

マイクロチップ登録データの消去方法

手順 内容
1 控えの「AIPO・IDデータ登録申込書」をコピーする
2 用紙の左上の区分「消去」に○印をつける(消去と書いても可)
3 申込書をAIPO事務局に郵送する

・不明な点がある場合はAIPO事務局に連絡する(TEL 03-3475-1695)

 

個人情報を変更した場合は、すぐに申請を行って下さい。

 

ココがポイント

マイクロチップの変更・消去は郵送で行える

 

マイクロチップの費用について

 

犬、マイクロチップ、登録

 

最後に「マイクロチップの費用」について説明します。

 

マイクロチップの費用

内訳 費用
登録料 1.000円
埋め込み費用 3.500〜10.000円

 

以上の費用がかかってきます。

 

マイクロチップ自体は無料ですが、「登録」と「埋め込み」にが費用が発生します。

 

費用については、装着する病院によって変わりますね。

 

ココがポイント

マイクロチップの登録は費用がかかるため、事前に準備をしておこう

 

まとめ:現代はマイクチップが必要です

 

最後に伝えたいこととは、「現代はマイクロチップが必要」ということです。

 

現代では、「地震」や「水害」などの自然災害が多いため、愛犬と離れ離れになることは十分に考えられます。

 

しかし、マイクロチップを装着していれば、愛犬と再開できる確率がグッと上がるのです。

 

また、捨て犬問題もあるため、チップの重要性はさらに高まってくるでしょう。

 

マイクロチップは「人と犬」を繋いでくれます。

 

大切な家族である犬を守るために、飼い主の行動が問われてくるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA