犬を飼うための費用を一覧紹介【最低でも20万円以上は必要です】

犬を飼うときって、いくら費用がかかるか疑問ですよね。

犬を飼うには全部でいくらかかるの?

費用の内訳を知りたい?

 

今回の記事では、上記の疑問にお答えして、「犬を飼うための費用」を、紹介していきます。

 

この記事の内容

・犬を飼うための合計費用

・犬を飼うときの費用の内訳

 

以上の内容になっています。

 

結論から話すと、犬を飼うときは、「最低20万円以上」の費用は、かかってきます。

 

犬を飼うときは、「犬の購入代」に加えて、ケージや消耗品などの「用品代」や、登録代などの「諸費用」もかかります。

 

私は犬を購入する際に、何件かで見積もりをらいましたが、全て20万円は超えました。

 

ちなみに、私はポメラニアンを購入しましたが、総額で22万円でしたね。

 

やはり犬を飼うときは、それなりに高額な費用がかかってしまうのです。

 

なので、犬を購入する際は今後の生活に支障が出ないよう、計画的に行いましょう。

 

無理に購入して、苦しい思いをするのは嫌ですからね。

 

それでは早速、犬を飼うときの費用を、本文で詳しく説明していきます。

 

Contents

犬の生涯にかかる費用

 

犬 飼う 費用

 

初めに、「犬を飼いはじめてから亡くなるまでの生涯費用」を説明します。

 

生涯費用を知っておくと、犬を飼った後にかかる費用を把握することが可能です。

 

生涯費用を簡単に説明しますね。

 

犬の生涯費用

犬のサイズ 費用
小型犬 約220万円
中型犬 約185万円
大型犬 約190万円

 

以上が犬の生涯費用になります。

 

上記の費用を、安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれですが、必ず費用はかかってきます。

 

紹介したものは最低限の費用なため、色々と用品を飼ったり病気になったりしたら、プラスで金額が増えます。

 

犬を飼う前に生涯費用は、ある程度把握しておくといいでしょう。

 

ココがポイント

犬を飼うときは生涯費用を知り、生活を圧迫しないか判断しよう

 

生涯費用は小型犬のほうが高い

 

生涯費用を見ると、大型犬よりも小型犬のほうが、費用は高くなっています。

 

これって意外ですよね。

 

この理由は、小型犬の方が寿命が長く費用のかかる期間が長いからです。

 

小型犬の平均寿命は「平均15歳前後」となり、中型犬や大型犬よりも長くなっています。

 

近年は昔よりもフードの質が上がってますし、室内で犬を飼う方が多いため、さらに平均寿命は長くっていますね。

 

つまり、飼育する期間が長いと、その分費用が多くかかってしまうのです。

 

小型犬を飼おうと思っている方は、費用が少し多くなることも覚えておきましょう。

 

ココに注意

意外なことに小型犬の方が寿命は長いので、生涯費用はもっとも高い

 

犬を飼うための費用1.「犬本体にかかる費用」

 

犬 飼う 費用

 

ここからは、「犬を飼い始めるための費用を説明します。

 

まずは、「犬の購入費用」を説明します。

 

犬の購入費用

内訳 10〜30万円
犬の本体代 10〜30万円
犬の登録費用 3.000円
健康診断費用 3.000〜5.000円
マイクロチップ代 1万円前後

 

以上が、犬の購入時にかかる費用です。

 

犬を購入するときは、犬の本体代だけではなく、その他に発生する諸費用も確認しましょう。

 

展示してある場所には、犬の本体代のみ表示している場合が多く、その他の費用は聞いてみないとわかりません。

 

犬は購入するだけでも、色々な費用がかかってくるのです。

 

ココがポイント

犬を購入するときは本体代以外の諸費用もしっかりと確認しよう

 

犬の本体代 15~30万円

 

犬を飼うなら、犬の本体代がかかります。

 

購入費用の中で、本体代が一番高い費用になりますね。

 

犬の値段は犬種や血統で大きく変わる

 

犬の本体代は、安い犬もいればとんでもなく高額な犬もおり、値段はピンキリです。

 

値段に幅があるのは、犬には「犬種」や「血統」があるからです。

 

犬の値段は、さまざまな要因で決まります。その中でも「犬種」と「血統」は値段に大きく影響します。

 

特に、人気の高い犬種や良い血統をもった犬は、かなり高額な値段で売られています。

 

犬の値段に幅があるのは、犬種と血統が関係しているのです。

 

ココがポイント

犬の値段は犬種や血統に大きく左右され、市場の人気度も大きく関わってくる

 

犬は生後5ヶ月を経過すると値段は下がります

 

犬の値段は、成長して大きくなるにつれて下がってきます。

 

目安としては「5ヶ月以上」経過した辺りから、急激に値段が下がりますね。

 

値段が下がる理由は、需要が低下していくからです。

 

犬のというのは、生後間もない子犬のほうが見た目が可愛く人気も高いため、一番需要があります。

 

つまり、成長して大きくなった犬は売れにくくなるので、値段が下がるのです。

 

犬を選んでいる時に値段が安い犬がいますが、生後がある程度経過し、体が大きくなっていることが多いです。

 

なので、逆の考え方をすると、成長した犬を購入すれば、犬の本体代を抑えることができますね。

 

ココがポイント

犬の購入費用を抑えたいなら生後がある程度経過した個体を選ぶものあり

 

成長した犬は育てやすくしつけがしやすい

 

成長した犬は、値段が安い以外にも良いことがあります。

 

それは、子犬よりも育てやすくしつけがしやすい事です。

 

子犬を育てることは想像以上に大変で、かなりの神経をすり減らします。しかし、成長した犬は体が丈夫で知能も発達しているため、子犬よりも育てやすいです。

 

私はポメラニアンを飼っていますが、購入したときは既に生後6ヵ月を経過していました。

 

なので、相場よりもずっと安く購入できましたし、しつけもしやすかったです。

 

犬を飼うのがはじめてな人は、ある程度成長した犬の方が、育てやすいですよ。

 

ココがポイント

生後が経過した犬は育てやすく費用も安くなっているので、購入するメリットがある

 

重要なことは自分が欲しいと思った犬を飼うこと

 

ここまで色々説明しましたが、一番重要なことは「自分が欲しいと思った犬を飼うこと」です。

 

理由は、欲しいと思った犬には愛着が持てるからです。

 

自分が一番欲しいと持った犬には、自然と愛着が持てますし、ずっと楽しくお世話をできます。

 

値段ばかりを気にして、欲しくもない犬種を選んだり、見た目が好みではない犬を選ぶと、あとで後悔してしまうでしょう。

 

犬を飼うと、何十年の付き合いになるので、自分が一番欲しいと思った犬を、購入してください。

 

犬を選ぶときの一番のポイントは、「自分の気持ちがときめいた犬」を飼うことです。

 

ココがポイント

犬を購入するポイントは自分が一番欲しいと思った犬を選ぶこと(後悔のないように)

 

登録費用 3.000円

 

犬を購入時には、登録費用が「3.000円」かかります。

 

犬の登録は義務付けられており、市の生活安全課で登録できます。

 

ココがポイント

犬の登録は義務で予防接種を受けるなどに絶対必要になる

 

健康診断費用 3.000~5.000円

 

犬は生まれたら、健康診断を必ず受けるので、その費用も購入時にかかってきます。

 

健康のためにはかかせないので、必ず払うものでしょう。

 

ココがポイント

犬の健康診断は購入前にペットショップでやってくれている事がある

 

マイクロチップ代 1万円前後

 

マイクロチップは、「犬が迷子になり保護された時に飼い主を特定する為のもの」です。

 

ショップによると思いますが、初めからマイクロチップが埋め込まれている場合は、購入時に費用がかかってきます。

 

ココがポイント

現在はマイクロチップの装着が義務になっており、必ず費用がかかる

 

犬を飼うための費用2.「消耗品」

 

犬 飼う 費用

 

犬を飼うためには、さまざまな消耗品があります。

 

消耗品のため、犬を飼っている限りは定期的に購入することになります。

 

犬の消耗品の費用

消耗品 費用(月々)
ドッグフード 2.000〜5.000円
おやつ 1.000〜3.000円
ペットシーツ 1.000〜1.500円
犬用のウェットティッシュ 300〜1.000円
トイレ掃除用の洗浄液 500〜1.000

 

以上の消耗品があります。

 

ドックフード 2.000~5.000円

 

ドッグフードは犬のご飯になり、毎日消耗していくのもです。

 

安過ぎるドッグフードは選ばないこと

 

ドックフードはとても多くの種類があり、どれを選んだらいいか迷いますが、ここで一つだけ注意することがあります。

 

それは、安すぎるドッグフードを選ばないことです。

 

安すぎるドッグフードは、犬の体に良くない材料が入っている可能性があるため、食べさせないほうがいいです。

 

なので、費用を抑えようと思い、安いドックフードを選ぶのはやめましょう。

 

犬の食いつきが悪く、健康にも良くないですからね。

 

そして、安いドッグフードの弊害は、犬のウンチが臭くなりベチョベチョな状態になることです。

 

ベチョベチョうんちになると、部屋中がとんでもなく臭くなり、処理も大変になってしまいます。

 

ドックフードを選ぶときは、極力安いものは止めましょう。

 

ココがポイント

ドッグフードは犬の健康に大きく影響するので、なるべく質の良いモノを与えてあげよう

 

3.000〜5.000前後の物がオススメです

 

安いドックフードはダメだと説明したので、オススメの価格帯を説明します。

 

オススメの価格帯は、スバリ「3.000~5.000円」のドックフードになります。

 

理由は、栄養面が優れているからです。

 

「3.000~5.000円」の価格帯のモノなら、悪いものは入っていませんし、十分に栄養を取らせる事ができます。

 

それに、価格もそこまで高額ではないので、ムリなく継続して購入できますね。

 

犬が健康に育ち、うんちも良好な状態を保つことができるでしょう。

 

犬を飼うときは、ドッグフードだけはケチってはいけないのです。

 

ココがポイント

ドッグフードは価格帯が3.000~5.000円のモノなら質が高く安心して与えられる

 

ペットシーツ 1.000~1.500円

 

ペットシーツは、犬がトイレをする場所に、設置するものです。

 

おしっこを吸収して拡散するのを防いだり、臭いを抑えてくれるの効果があります。

 

臭いをしっかりと抑えてくれる、厚手のタイプのものが使いやすいです。

 

ココがポイント

ペットシーツは犬の排出物の処理には欠かせないアイテムである

 

犬用のウエットティッシュ 300~1.000円

 

犬用のウエットティッシュも、あると費用に便利なため、出来れば用意したほうがいいでしょう。

 

ウェットティッシュは、犬の手足を拭いたり汚れた場所を拭いたりするので、非常に重宝します。

 

ふつうのティッシュでも拭けないことはないですが、柔らかすぎて拭きづらいです。

 

犬用のウェットティッシュには、トイレに流せる物もあり、機能も優れています。

 

ココがポイント

犬用のウェットティッシュがあると掃除が楽であると非常に役に立つ

 

トイレ用の洗浄液 500~1.000円

 

トイレ用の洗浄液は、必須のアイテムです。

 

理由は、犬の排泄物の臭いを消すことができるからです。

 

犬の排出物の臭いは非常に強烈で、おしっこやウンチをした場所には、臭いがいつまでも残り続けます。

 

雑巾で水拭きした程度では、全くと言っていいほど取れませんね。

 

そこで、ちゃんとした犬用の洗浄液が、必要になってくるのです。

 

犬用の洗浄液はとても強力で、吹きかけて拭けば一瞬できれいになり、臭いもほとんど残らないです。

 

クサい臭いはとても不快なので、絶対に用意した方がいいでしょう。

 

ココがポイント

犬の排出物の臭いは強烈で後に残るので、専用の洗浄液で掃除をしよう

 

犬を飼うときの費用3.「用品」

 

犬 飼う 費用

 

犬を飼うときは、用品系のアイテムも必要になります。

 

用品系のアイテムは、消耗品と違って、一度買えばずっと使い続けることができます。

 

犬の用品を紹介します。

 

犬の用品費用

用品 費用
ケージ 5.000〜10.000万円
トイレトレー 2.000〜4.000円
食器 2.000〜4.000円
首輪 1.000〜3.000円
リード 1.000〜4.000円
おもちゃ 5.00〜2.000円
ブラシ 2.000〜8.000円
爪切り 500〜2.000円
キャリーバッグ 2.000〜8.000円
犬用のゴミ箱 1.000〜2.000円

 

以上が、犬の用品になります。

 

ケージ 5.000~15.000円

 

ケージは「犬の家」のようなもので、お留守番などで犬を入れておく用品です。

 

ケージについては、いらないと考えている方もいますが、私は必須のアイテムだと思います。

 

なぜなら、ケージがあると多くのメリットが得られるからです。

 

ケージがあるメリット

・犬が安心する

・しつけがし易い

・留守番中のイタズラを防げる

・部屋が汚れるのを防げる

 

以上のメリットがあります。

 

ケージがあると色々な面でメリットが得られるので、犬との生活が楽になります。

 

特に、犬を飼うことに慣れていない方はしつけなどで苦労するため、ケージは絶対に用意しておくべきでしょう。

 

ココがポイント

ケージがあると犬との生活が楽になるので、なるべく揃えた方が良い

 

トイレトレー 2.000~4.000円

 

トイレトレーは、「犬にトイレをする場所」になります。

 

トイレトレーには、犬がトイレの場所を覚えやすくなる効果があります。ほかにも、シーツを固定できるので、クシャクシャにならずに済みます。

 

ペットショップでも、必ず使われているので、犬を飼う際は用意しましょう。

 

ココがポイント

トイレトレーは犬がトイレを覚えるときにも活躍する必須のアイテムである

 

食器 500~1.000円

 

ドッグフードを入れる食器になります。

 

「フード用」と「水用」の2つを、用意するといいです。

 

ココがポイント

ドッグフード用の食器を用意せて、犬がごはんを食べやすいようにしてあげよう

 

首輪 1000~3.000円

 

首輪は、犬が飼われていることを示すためのものです。

 

また、リードをつなげて散歩もするときも使います。

 

他にも、登録用のチップを付けたりするため、必ず用意しましょう。

 

 

ココがポイント

首輪は犬が飼われている目標になり、散歩をするときはリードを繋げて使用する

 

リード 1000~4.000円

 

リードは首輪とつなげて、散歩するときに使います。

 

ココがポイント

リードを装着させることはマナーである

 

おもちゃ 500〜2.000円

 

おもちゃは犬が遊ぶもので、ストレスを軽減する効果があります。

 

おもちゃがあると、飼い主も犬と遊びやすくなるので、スキンシップに役立ちます。

 

多くの種類があるので、愛犬が気に入った物を探してあげると、犬が喜ぶと思います。

 

ココがポイント

おもちゃは犬と遊ぶときに役に立ち、犬のストレスを発散させてあげられる

 

ブラシ 1000〜4.000円

 

ブラシは、犬のブラッシングをする為の道具です。

 

ブラッシングをすると、抜け毛を防いだり毛並みを整えることができます。

 

毛の長さや犬種に合わせて、ブラシの種類を選んであげましょう。

 

ココがポイント

犬からは毎日抜け毛が発生するので、こまめにブラッシングして清潔を保とう

 

爪切り 500〜2.000円

 

爪切りは、犬の爪を切る為の道具です。

 

犬の爪は人間と同じで、放置すると伸びてくるため、定期的に切る必要があります。

 

爪切りは、ペットショップやブリーダーに頼めば、500〜1.000円程度でやってもらえます。

 

ですが、犬の爪はすぐに伸びるので、なるべく自分でできるようになった方が良いでしょう。

 

犬を飼うときは、爪切りも用意して下さい。

 

ココがポイント

犬の爪切りはショップなどでやって貰えるが、自分で出来ると費用を抑えられる

 

キャリーバッグ 2.000〜8.000円

 

キャリーバッグは、外出時に犬を入れておくカゴのような物です。

 

キャリバックがあると、犬を連れて電車などの公共機関を、利用することができます。

 

特に犬は、予防接種などで病院に連れて行くことが多いため、一つは用意した方が便利です。

 

ココがポイント

キャリバッグは犬を公共の場で移動させるときに使用するので、一つは用意しよう

 

犬専用のゴミ箱 1.000~5.000円

 

犬用のゴミ箱は、無くても大丈夫ですが、私は用意した方がいいと思います。

 

理由は、犬から出たゴミは、人間のゴミとは別に捨てておきたいからです。

 

犬からは主に、排出物を処理したゴミが出ます。そのため、人が使うゴミ箱と一緒にすると、ゴミを捨てるたびに、部屋中にクサい臭いが広がります。

 

排出物の臭いが広がるのを防ぐためには、犬専用のゴミ箱がどうしても必要なのです。

 

人間と犬のゴミ箱を分けることで、汚物がたまったゴミを、別の場所に移せますからね。

 

ちなみに、用意するゴミ箱は蓋が付いていて、気密性が高いものがベストです。

 

ココがポイント

犬の排出物専用のゴミ箱を用意して、臭いが拡散するのを防ごう

 

犬を飼うときの費用4.「予防接種」

 

犬 飼う 費用

 

犬を飼うときは、「予防接種」の費用がかかってきます。

 

予防接種については、「義務」と「任意」があるので、注意して下さい。

 

 犬の予防接種の費用

種類 費用
狂犬病ワクチン(義務) 3.000〜4.000円
混合ワクチン(任意) 8.000〜10.000円
フェラリア(任意) 9.000〜12.000円
ノミ・ダニ予防(任意) 1.000〜13.000円

 

以上の予防接種があります。

 

狂犬病ワクチン(義務)3.000~4.000円

 

狂犬病ワクチンは、1年に一回摂取することが法律で義務付けられています。

 

摂取する期間も決められており、4月1日から6月31日までに摂取する必要があります。

 

犬を購入するときは、初めから狂犬病ワクチンの代金が、含まれていることがあります。

 

ココがポイント

犬の狂犬病ワクチンは義務であり、費用は必ずかかってくる

 

混合ワクチン 8.000~10.000円

 

混合ワクチンとは、何種類かの感染症を同時に予防するためのワクチンです。

 

ココがポイント

混合ワクチンは任意だが、感染症を予防するためには受けた方がいいので、費用はかかる

 

フェラリア 9.000~12.000円

 

フェラリアを予防するためのワクチンです。

 

現在は、飲み薬と注射があります。

 

ココがポイント

フェラリアの予防は任意なので、費用に余裕があるなら受けた方が良い

 

ノミ・ダニ予防薬 10.000~13.000円

 

ノミ・ダニを予防するためのワクチンです。

 

犬は地面との距離が近いので、散歩時にノミ・ダニに感染することが多いです。

 

ココがポイント

ノミ・ダニの予防薬も任意なので、アレルギーが怖い場合は受けておこう

 

犬を飼うための費用5.「随時かかってくる費用」

 

犬 飼う 費用

 

犬を飼い続けていると、その場に応じて随時掛かってくる費用が存在します。

 

飼い始める時点では発生しませんが、事前に把握して備えておくべきでしょう。

 

犬に随時かかってくる費用

随時かかるもの 費用
トリミング代 5.000〜10.000万円
ペットホテル代 宿泊数にもよるが2.000〜8.000円
病院代 病状にもよるが5.000〜10.000万円
ペット保険料 3.000〜4.000円
不妊手術代 20.000〜40.000万円

 

以上の費用が、犬を買うと随時かかってきます。

 

トリミング代 5.000〜10.000万円

 

トリミング代は、「犬の毛をお店でカットするとき」の費用です。

 

犬の毛は伸びるので、定期的にカットする必要があります。

 

トリミング代は高額なので、お店に頼むときは料金を確認してからにしましょう。

 

ちなみに、カットは自分でおこなえば、費用を抑えることができます。

 

私は、バリカンを使用して、定期的にカットをしています。

 

ココがポイント

犬のトリミング代は意外と高額なので、事前にしっかりと備えておこう

 

ペットホテル代 2.000〜8.000円

 

ペットホテルとは、旅行など長時間犬の世話を見れない時に、犬を預けれるお店のことです。

 

料金は、犬のサイズや宿泊数によって、変わってきます。

 

ココがポイント

飼い主が外泊するとき犬をペットホテルに預ける場合は、宿泊数に応じて費用が発生する

 

病院代 5.000〜10.000万円

 

病院代は、犬の体調が悪くなったり、病気になった時にかかる費用です。

 

犬は若いうちは病気になりにくいですが、歳を取りシニアになるに連れて、病気になり易くなります。

 

犬の病院代は、人間のような健康保険がないため、金額をまるまる請求されて高額なる恐れがあります。

 

※犬の病院代については、犬用の保険があります。

 

なので、犬が高齢になったら、病院代がかかってくると思っておきましょう。

 

病院代は、保険に入っていない場合、平均で1回あたり「5.000〜10.000万円」は、かかってきますね。

 

ココがポイント

犬が病気や怪我になったときは病院代が発生し、突然の出費になることが多い

 

ペット保険 3.000〜4.000円

 

ペット保険は、人間でいうと「健康保険」みたいなものです。

 

毎月一定額の金額を支払うことで、一回で支払う病院代を抑えることができます。

 

ペット保険に入っておくと、病院代を抑えることができるので、万が一のときに安心です。

 

ちなみに、保険料は相場で「毎月3000〜4000円程」です。

 

ペットショップで犬を購入すると、保険にも入るように勧められます。

 

ココがポイント

犬の病院代を最小に抑えるにはペット保険があり、加入する場合は毎月一定額の費用が発生する

 

不妊手術代 20.000〜40.000万円

 

犬は任意で「不妊手術」を受けることができ、以下の費用を発生します。

 

犬の不妊手術費用

手術 費用
オスの場合(去勢手術) 20.000〜30.000万円
メスの場合(避妊手術) 30.000〜40.000万円

 

以上のような手術代がかかります。

 

不妊手術は、オスよりもメスの方が費用は高い傾向があります。

 

また、不妊手術をすると不要な妊娠を防いだり、発情期のストレスや特有の病気を防げるメリットがあります。

 

しかし、手術は犬に大きな負担がかかるため、性格が変わる犬もいると言われています。

 

もし手術をするなら、獣医さんに相談をして、慎重にすすめましょう。

 

ココがポイント

犬の不妊手術代は高額で犬にも負担がかかるため、行う際はよく獣医さんと相談をしよう

 

まとめ:犬を飼うのは高額なので計画的に!

 

犬を飼うには多くの物が必要になるため、とても高額な費用がかかります。

 

大抵の場合、表示してある金額の倍の費用は、かかると思った方がいいです。

 

高額な金額ですから、犬を飼おうと決めたなら、計画的に進めていくことが大切です。

 

無理に犬を飼って後悔しては、元も子もないですから。

 

費用のこともちゃんと考えながら、最高の愛犬と出会えるように頑張ってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA