犬をブリーダーから買うメリット・デメリット【特別な出会いがある】

犬をブリーダーから買うときの「メリット・デメリット」って、気になりますよね。

 

犬をブリーダーから買うってどうなの?

普通のショップとは何が違うの?


今回は上記の疑問にお答えして、「犬をブリーダーから買うメリット・デメリット」を紹介します。

 

この記事の内容

・ 犬をブリーダーから買うメリット6選

・ 犬をブリーダーから買うデメリット4選

・ 私の体験も含めて紹介

 

以上の内容になっています。

 

結論から話すと、犬を買うときペットショップとブリーダーでは、両者に明確な違いがあります。

 

ペットショップは、「犬をお客さんに売ること」を目的としていますが、ブリーダーは「犬を繁殖させて育てること」を目的としています。

 

つまり、ブリーダーからは生まれたての子犬に出会えたり、貴重な犬種に出会えたりするのです。

 

なので、「他とは違う犬が欲しい」「子犬から育ててみたい」という方は、ブリーダーから犬を買うといいでしょう。

 

ちなみに、私の実家で飼っている柴犬は、ブリーダーから直接購入しました。

 

経験から言わせてもらうと、犬をとにかく安く購入したいらな、ブリーダーを利用することをオススメします。

 

とはいえ、その分ブリーダーにはデメリットもありますけどね。

 

なので今回は、私の経験も含めての「ブリーダーから犬を買うメリット・デメリット」を紹介します。

 

ペットショップもブリーダーも一長一短なので、自分に合う方法で犬を購入して下さい。

 

それでは早速、本文へ行っちゃいましょう。

 

犬をブリーダーから買うメリット6選

 

犬 ブリーダー 買う

 

初めにメリットから紹介していきます。

 

犬をブリーダーから買うメリットは、主に6つあります。

 

犬をブリーダーから買うメリット

1. 安く購入できる

2. 値段交渉できる

3. 子犬が買える

4. さまざまな犬種を買える

5. 優れた血統の犬を買える

6. ブリーダーからアドバイスをもらえる

 

以上のメリットがあります。

 

メリット1.「安く購入できる」

 

犬をブリーダーから買うと、ペットショップよりも安く購入できます。

 

なぜなら、ブリーダーは犬を自分たちで直接販売しているからです。

 

ペットショップは犬を業者から仕入れるため、その分の手数料などが上乗せされます。しかし、ブリーダーは自分達で犬を直接販売しているので、価格を安くできます。

 

なので、ブリーダーを利用すると、特別な犬なども比較的安く購入できるのです。

 

人気の犬種や珍しい犬種なども、びっくりするくらいの値段で売られていることがありますよ。

 

少しでも犬の購入代を抑えたい方は、ブリーダーを利用するといいでしょう。

 

ココがポイント

ブリーダーは自分たちで犬を直接販売しているので、販売価格が非常に安い

 

メリット2.「値段交渉できる」

 

犬をブリーダーから買うと、値段交渉できる可能性があります。

 

ちなみに、ペットショップでは、ほとんど値段交渉することはできません。

 

ブリーダーは、自分のお店や家などで犬を販売しているケースが多く、お客さんとの距離感が近いです。そのため、仲良くなれば値段交渉できることがあります。

 

私の実家で飼っている柴犬は、ブリーダーと値段交渉したため、通常よりも安く購入できました。

 

値段交渉するポイントとしては、「自分は犬が大好き」という気持ちを、しっかりと伝えることです。

 

気持ちが伝われば、ブリーダーも心を打たれて、価格を安くしてくれる可能性がありますからね。

 

交渉は難しいですが、試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

ココがポイント

ブリーダーはお店の形態からお客さんとの距離が近く、場合によっては値段交渉できる

 

メリット3.「子犬を買える」

 

ブリーダーを利用すると、犬を子犬の時期から購入できます。

 

というのも、ブリーダーは犬を繁殖させて育てているからです。

 

ペットショップは、早くても生後3ヵ月からの子犬しか売っていませんが、ブリーダーは犬を繁殖させているため、生まれたばかりの子犬でもを購入できます。

 

生まれたての子犬というは、育てるのが大変難しいため、ペットショップでは扱っていません。

 

しかし、ブリーダーは犬を繁殖させるプロなので、子犬でも安全に育てられるのです。

 

「犬を子犬から育ててみたい」という方は、ブリーダーを頼ってみましょう。

 

ココがポイント

ブリーダーは犬を繁殖させているので、生まれたての子犬から購入できる

 

子犬を購入するには条件がある

 

生まれたての子犬を買うには、条件があります。

 

子犬を購入できる条件

・ 生後49日を過ぎていること

・ ブリーダーに認められること

・ 子犬のお世話を1日中できること

 

ブリーダーにもよりますが、上記の条件があります。

 

子犬は法律により「生後49日」を過ぎないと販売できません。育てるのも大変難しいため、犬の飼育をきちんとできる方でないと、購入を認められないのです。

 

子犬は非常にデリケードですから、ブリーダーも慎重にお客さんを見極めます。

 

さらに、子犬はごはんの回数が多かったり体調を崩しやすいので、お世話も1日中必要になります。

 

生まれたての子犬はとても可愛いですが、買うときは慎重になりましょう。

 

ココに注意

子犬の飼育は非常に難しいため、購入するにはブリーダーの了承を得る必要がある

 

メリット4.「さまざまな犬種を買える」

 

ブリーダーを利用すると、ざまざまな犬種を買えます。

 

なぜなら、ブリーダーは犬種を扱うプロだからです。

 

ブリーダーは犬を扱うプロなため、特定の犬種を専門に販売しており、誇りやプライドを持って育てています。

 

つまり、ブリーダーからは珍しい犬種を買えるのです。

 

ブリーダーが扱っている犬種

・ ポメラニアン

・ ラブラドールレトリバー

・ シベリアンハスキー

・ 柴犬

・ ルドッグ

 

上記は例ですが、他にもさまざまな犬種を扱っています。

 

ちなみに、ペットショップは売ることを優先するため、珍しい犬やサイズの大きい犬は扱っていません。

 

ペットショップでは売れ残る犬種を、そもそも扱おうとしないのです。

 

なので、「どうしても欲しい犬種がいる」という場合は、ブリーダーを利用しましょう。

 

お目当ての犬種が、きっと見つかるはずです。

 

ココがポイント

ブリーダーで扱っている犬種は様々で、ペットショップにいないような犬種も販売している

 

メリット5.「優れた血統の犬を買える」

 

ブリーダーから犬を利用すると、優れた血統の犬を購入できます。

 

というのも、ブリーダーは適切な血統管理を行っているからです。

 

※血統とは、人間でいう遺伝みたいなものです。

 

ブリーダーは、適切な血統管理を行った上で犬を繁殖させているため、優れた血統を持った犬が多く生まれます。

 

優れた血統の犬は、通常の犬よりも「見た目」「運動能力」が優れていることが多く、飼っていて誇らしくなります。

 

優れた血統の犬の特徴

・ 見た目が美しい

・ 力強い体格

・ 知能が高い

・ 運動能力が高い

 

血統の優れた犬を飼うと「自分の犬はこんなに凄いんだ」と、誇らしくなりますね。

 

血統というのは、親から子へ語り継がれていく「物語」なのです。

 

ココがポイント

ブリーダーは適切な血統管理を行い、優れた血統の犬を販売している

 

メリット6.「アドバイスをもらえる」

 

ブリーダーから犬を買うと、役立つアドバイスをもらえます。

 

理由は、お客さんとの距離が近いからです。

 

ブリーダーは個人経営でやっている場合が多く、お客さんとの距離がとても近いため、的確で役立つアドバイスをたくさんもらえます。

 

ブリーダー貰えるアドバイス

・ごはんのあげ方

・トイレのしつけ方

・犬がどうしたら喜ぶのか

・爪の切り方

・お風呂の入れ方

 

私は柴犬を購入するときに、ブリーダーからたくさんのアドバイスを貰いました。

 

仮にアドバイスがなかったとしたら、貴重な情報を知ることはできなかったでしょう。

 

ペットショップでもアドバイスを貰えますが、ブリーダーの方がより的確で気軽に相談できますね。

 

信頼できるブリーダーと出会うと、購入した後でも安心して犬と生活できるのです。

 

ココがポイント

ブリーダーはお客さんとの距離感が近く、気軽にアドバイスを貰うことができる

 

犬をブリーダーから買うデメリット4選

 

犬 ブリーダー 買う

 

ここからは、「ブリーダーから犬を飼うデメリット」を紹介します。

 

 

犬をブリーダーから飼うデメリット

1. 信頼できるブリーダーを探す必要がる

2. 自分で行う手間が増える

3. 子犬を買うと飼育が大変になる

4. 病気が見つかることがある

 

以上がデメリットになります。

 

デメリット1.「信頼できるブリーダーを探す必要がある」

 

ブリーダーから犬を飼うときは、必ず信頼できるブリーダーを探す必要があります。

 

ブリーダーの中には悪質な人もいるため、慎重に選ぶ必要があるのです。

 

ここで、悪質なブリーダーの特徴を説明します。

 

悪質なブリーダーの特徴

・ 犬の価格が異常に高い

・ 犬の質が悪い

・ 血統に間違いがある

・ 飼育環境が悪い

・ 飼育環境を見せてくれない

・ コミュニケーションが少ない

 

悪質なブリーダーは、相場よりも価格が高額だったり、飼育環境が悪くて犬の質が低い場合があります。

 

他にも、「重要な質問に答えてくれない」など、いまいち信用できない人が多いと言います。

 

なので、ブリーダーから犬を買うときは「信頼できるかどうか」を、自分の目で見極めるようにしましょう。

 

信頼できるブリーダーを探すのは大変ですが、こればかりを色々と足を運んで確かめるしかないですね。

 

ココに注意

ブリーダーの中には悪質な販売者もいるため、購入時は自分で見極める必要がある

 

信頼できるブリーダーは話を聞いてくれる

 

信頼できるブリーダーは、こちらの話を聞いてくれる方が多いです。

 

なぜなら、ブリーダーも信頼できる人に犬を渡したいからです。

 

ブリーダーは犬を生まれた時から育てているため、販売するときは信頼できる人に渡したいと考えています。

 

なので、信頼できるブリーダーは、こちらの悩みや要望を真剣に聞いてくれる方が多いです。

 

私の家の近くにいるブリーダーさんは、親身に悩みを聞いてくれますし、犬の変化をいち早く気付いてくれます。

 

ブリーダーを探すときは、たくさんコミュニケーションをとり、お互いが信頼できることが大切ですね。

 

ココがポイント

信頼できるブリーダーはこちらの話を真剣に聞いてくれて安心感がある

 

デメリット2.「自分で行う手間が増える」

 

ブリーダーで犬を買うと、自分で行うことが増えます。

 

本来はペットショップが行うことを、自分で行わなければならないからです。

 

犬の購入時に自分で行うこと(ブリーダーから買う場合)

・ 健康診断

・ 義務の予防接種

・ 手続き関連

・ マイクロチップの登録

 

ペットショップで犬を購入すると、必要最低限のことはショップ側がやってくれますが、ブリーダーから買うと、面倒な作業を自分で行うことになります。

 

つまり、ペットショップがやってくれた事を、全て自分で行うことになるのです。

 

特に、子犬からだと犬を飼い始める時期が早いので、さらにやることが増えるでしょう。

 

犬のお世話に集中したいなら、ペットショップでの購入も十分にありです。

 

逆にすべて自分でやれる自信がある人は、ブリーダーから購入しても大丈夫ですね。

 

ココに注意

ブリーダーから犬を買うとその他手続きを自分で行うことになるので、購入後の手間が増える

 

デメリット3.「子犬の飼育は大変」

 

ブリーダーからは生まれたての子犬を買えますが、ここで注意することがあります。

 

それは、子犬の飼育は想像以上に大変だということです。

 

子犬の飼育が大変な理由

・ ごはんの回数が多い

・ 排出の回数が多い

・ 体調を崩しやすい

・ 飼育環境に気を遣う

・ 1日中お世話が必要

 

生後2ヵ月くらいの子犬は、人間に例えると赤ちゃんの時期になるので、1日中犬のお世話が必要になります。

 

なので、仕事で日中家にいない人は、子犬を飼育することは不可能でしょう。

 

安易に可愛いという理由だけで生後間もない子犬を飼うと、想像以上に苦労しますよ。

 

仕事しながら飼育するなら、生後3ヵ月以上経過した犬からが、妥当な時期になるでしょう。

 

ココに注意

ブリーダーからは生まれたての子犬を買えるが、飼育がとても大変なので購入時は慎重になろう

 

デメリット4.病気が見つかることがある

 

生後間もない子犬を買うと、購入後に病気が見つかることがあります。

 

ブリーダーはプロなので、病気を持った犬を売ることはないですが、購入後に発症した病気については、どうすることもできません。

 

もし購入後に病気が見つかったとしても、あなたは責任をもって犬を育てる必要があります。

 

なので、生後間もない子犬を購入するときは、それなりのリスクがある事を覚えておきましょう。

 

安全に犬を購入したいなら、生後がある程度経過した犬を買うといいです。

 

ココに注意

生まれたての子犬を買うと、後に病気が見つかる可能性がある

 

まとめ:ブリーダーから犬を買うと特別な出会いがある

 

ブリーダーから犬を買うと、特別な出会いがあります。

 

流通の少ない犬などはブリーダーを利用することで、出会うことができるのです。

 

ブリーダーはさまざまな犬を扱っているため、普段は見ることがない犬や、自分が知らない犬などに出会えることがあります。

 

なので、人とは違う特別な犬を飼いたいなら、ブリーダーを積極的に利用してみましょう。

 

自分の要望にあった犬が見つかるので、購入後も楽しく犬と暮らせますよ。

 

あなたが心ときめく、運命的な犬に出会えること祈っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA